世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボック川ランチクルーズが終わったら、しばらくドライブ。

ここで急に雨が降ってきました。スコール。
どうしようかなあ、と思っていたら、
運転手さんが車を停めました。

蝶が展示されている場所で、オススメとのこと。
行きたいとは全く思っていなかったけれど、
雨が降っている中でチョコレートヒルズに行っても・・・、
と思って、入ってみました。

が、正直、たいしたことはなく。。
狭い敷地に蝶が数羽飛んでいただけ。
ほんの十数分で後にしました。
(なので、写真は撮らず・・・)

そして、いよいよチョコレートヒルズ。
スコールもちょうど止みました。

カルメンの町は農村地帯。
通りの両側は田んぼと畑ばかり。
その後ろは山になってましたが、
チョコレートヒルズらしい景色は
全く見当たりません。

もう近いはずなのに、
位置的にはココがまさにそうなのに、
と思っていたら、突然展望台の看板が。

ボホール島の観光30

展望台は小高い山の上にあります。

車はココで降ろされました。

駐車場はどうやら山の下にあるようで、
運転手さんから山の途中でもらった紙切れを渡され、
観光が終了したら警備員にコレを見せるように、とのこと。
そうすると、警備員さんが下の駐車場に連絡して、
車が迎えに来てくれるようです。
このシステムは良いですね。

ボホール島の観光31

展望台へ続く急な階段。

雨が止んだのは良かったですが、太陽はカンカン照り。
日差しを遮るものは何もなく、汗をダラダラ流しながら、
必死に登りました。

ボホール島の観光32

階段の途中から、展望台の入口を。

ボホール島の観光33

横を見ると、のどかな農村地帯。

ボホール島の観光34

そして、いよいよ頂上。

チョコレートヒルズらしい景色が見えました。
こんもりとした小さな山が数百もあるそうです。
初夏は山が茶色に染まるので、チョコレートヒルズ、
という名前がついたとのこと。

ボホール島の観光35

奥の方までずっと小さな山ばかり。

ボホール島の観光36

方角を変えても同じ景色でした。

なかなか壮観な景色でよかったです。

帰りは一直線の急な階段ではなく、
ぐねぐねと曲がりくねった階段で降りてみました。

ボホール島の観光37

途中、マリア像も。

ボホール島の観光38

展望台の下はお土産屋さん。

看板はコアラではなく、ターシャです。
大きな目がないとターシャらしくないですが。

ボホール島の観光39

あまりに暑かったので、ウベアイスを。

ボホール島の観光40

チョコレートヒルズを後にして、山を下っていたら、
運転手さんが車を止めました。

Manmade Forest、という観光名所とのこと。

ただの林にしか見えなくて、何故名所なのだろうか?、
と不思議に思いましたが、人工林が珍しいのでしょうかね。
確かに周りの熱帯雨林とは木の種類が違いましたが。

ボホール島の観光41

一応、写真を撮ってみました。

この林をバックに記念撮影している観光客もいましたので、
有名なのかもしれません。(ごめんなさい、勉強不足で)

ボホール島の観光42

再び、ロボック村。川沿いに戻ってきました。

ここは小さなボート乗り場とお土産屋さんに、
動物園のような施設が併設されているようです。

ロボック島観光ツアーに含まれていた場所で、
入場無料でした。

ボホール島の観光43

お猿さん。

ボホール島の観光44

コウモリ?

ボホール島の観光45

そして、観光の目玉のターシャ。
写真が撮りやすい場所にターシャが置かれてました。

大勢の人が記念写真を撮ってましたが、
ターシャは微動だにせず。
紐で縛られているようで、可愛そうな気も・・・。

ターシャは保護すべき動物なので、
本当はこうやって観光客に見せてはいけないと
思うんですけど。。。

普通のボホール島観光ツアーでは保護センターには寄らず、
ターシャが見られる場所はきっとココだけのはずなので、
こういう扱いになってしまうのでしょうか。

ボホール島の観光46

記念撮影用のターシャとは別に、
隣の小さな檻にもターシャはいました。

ボホール島の観光47

小さな子供も寝てました。

ターシャを見たら、ロボック村を後に。

しばらくドライブが続いた後、幹線道路から外れて、
舗装されていない細い路地を進みました。

運転手さんが駐車場に止めたので降りてみると、
「Python Sanctuary」なる場所へ。

記憶になかったのですが、確かにツアーの中に入っていた場所。
とりあえず、入ってみました。

ボホール島の観光48

大勢の人が群がっているところを覗いてみたら、
ニシキヘビ(=Python)でした。

眠ってますが、首にかけてもらって、
記念撮影なども出来る模様。

ボホール島の観光49

その周りはこんな感じ。

のんびりしてて、農家の庭みたいです。
ニシキヘビ以外の動物はほんの少しでした。
関連記事
スポンサーサイト

【2010/06/17 22:39】 | フィリピン_2010.06
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。