世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パングラオ島からセブ島へ1

パングラオ島アロナビーチにあるAmorita Resortが
満室で2泊しか予約出来なかったので移動しました。

パングラオ島の北部、ボホール島と接続する橋にも近い
Sherwood Bay Resortという新しいホテルにしたのですが、
とにかく、ホテルまでの道が悪路で参りました。

Amorita Resortに送迎してもらったのですが、
パングラオ島の住所は大雑把で、地図も曖昧で、
ホテルの人も初めて訪れる場所だったようで、
ほんとにここでよいのかなあ、という手探り状態。

パングラオ島からセブ島へ2

大通りから海岸に向けて入っていった道。

曲がったらすぐかと思いきや、
全くホテルらしき建物が見当たりません。

パングラオ島からセブ島へ3

デコボコ道の周りは雑草と、ところどころに民家。

送迎してくれたホテルの人は何度も立ち止まり、
民家の人にこの道で良いか、聞きに行ってました。

パングラオ島からセブ島へ4

こんな道がひたすら。

Amorita Resortの送迎スタッフの方には、
申し訳ないことしたなあと思いました。

(空港あるいは港からホテルへの往復サービスがあったので、
それに申し込み、帰りを空港や港ではなく、こちらのホテルへ
行き先を変更してもらったのです)

パングラオ島からセブ島へ5

ようやく到着。ホテルのゲート。無駄に長い。

パングラオ島からセブ島へ6

ようやく、ホテルの建物と海が見えてきました。

パングラオ島からセブ島へ7

ダイビングが売りのホテルなので、目の前にはバンカーボート。

パングラオ島からセブ島へ8

残念ながら、このホテルにはビーチはありません。
崖の上に建てられたホテルでした。

パングラオ島からセブ島へ9

ホテルのレストラン前の磯。

海で泳ぐつもりはなかったですが、
やっぱりビーチがないと寂しいですね。

パングラオ島からセブ島へ10

ホテルの部屋からプールと海を見下ろして。
このベランダからの眺めは最高でした。

パングラオ島からセブ島へ11

ボホール島から出発するフェリーも見えます。

パングラオ島からセブ島へ12

フェリーのアップ。どこへ行くフェリーでしょうかね。

パングラオ島からセブ島へ13

空には飛行機も見えました。

なお、ホテルの部屋や食事については
こちらのブログに詳しく書きました。

やはり、周囲に何もない場所でホテル1軒だけが
ぽつんとあるだけでは飽きて退屈してしまいます。

ホテル内にレストランや施設がたくさんあるような
大型ホテルならば何泊しても良いのかもしれませんが、
そうでない場合は、ホテルの周りにお店やレストラン、
あるいは散歩して楽しいような公園でも欲しいですね。

まあ、実際にはこのホテルは2泊しかしてませんし、
中日はボホール島へ観光に行ってしまったので、
退屈したのは夜ぐらいでしたが。


さて、話は飛びますが、パングラオ島の最終日、
ホテルの近くにあるヒナグダナン洞窟へ行きました。

パングラオ島からセブ島へ14

こちらが洞窟の入口。地下にあるのです。

パングラオ島からセブ島へ15

階段を下っていくと、中は真っ暗。

光が見える部分は上が開いてます。
観光客はおらず、地元っぽい少年2人が
遊んでました。

パングラオ島からセブ島へ16

洞窟の中央は大きな池。

パングラオ島からセブ島へ20

池はとても神秘的な色をしてました。

少年2人はこの池に飛び込んでましたが、
観光客は飛び込まないほうが良さそうです。

パングラオ島からセブ島へ17

黒くて大きな鳥が穴の開いた部分から出たり入ったり。
ちょっと怖かったです。

パングラオ島からセブ島へ18

階段のある入口方面。
後から観光客が続々とやってきました。

パングラオ島からセブ島へ19

鍾乳洞のように石柱が垂れ下がってます。

パングラオ島からセブ島へ21

こちらは入口付近の様子。

パングラオ島からセブ島へ22

洞窟の外は小さな公園みたいでした。

鮮やかな黄緑色の葉っぱと赤い花。

パングラオ島からセブ島へ23

洞窟の穴が開いている部分を上から覗いて。

パングラオ島からセブ島へ24

こちらも洞窟の穴。2箇所ありました。

どちらも黒い鳥が写真に収まらないほどのスピードで
穴に入ったり出てきたりしました。

パングラオ島からセブ島へ25

洞窟の横にはジュース屋さんと食堂。

パングラオ島からセブ島へ26

お土産屋さんも数軒並んでました。

前日に行ったボホール島のチョコレートヒルズに比べると、
こちらのお土産屋さんの方が断然安かったです。

(ターシャ柄のTシャツは99ペソ、サンダルは150ペソほど)


ヒナグダナン洞窟を後にしたら、パングラオ島ともお別れ。

橋を渡ってボホール島のタグビララン港へ。

パングラオ島からセブ島へ27

港のある桟橋には、水上に建てられたレストランが
数軒並んでました。

私達はフェリー乗り場でチケットを購入し、
チェックインして大きな荷物を預けた後、
レストランでランチを頂きました。

(レストランの様子はこちらのブログに記載しました)

パングラオ島からセブ島へ28

桟橋の反対側にはバンカーボードも。

その奥に見えるのはマーケット。
洋服や雑貨のお店や食堂が並んでました。
観光客向けではないようで、お土産はなかったですが、
激安だったのでワンピース等を購入してしまいました。

パングラオ島からセブ島へ29

フェリー乗り場の待合室。

何故かおじ様二人がギターを弾きながら歌ってました。
フィリピンでは流しのミュージシャンが多いのでしょうか?

待合室の一角にはマッサージルームもあって、
とっても格安の料金でした。
(確か、30分で150ペソぐらいだったかと)

パングラオ島からセブ島へ30

乗ったフェリー、スーパーキャット。

ボホール島からセブ島までは3社ほど運行していて、
どれに乗っても片道500ペソ。
何が違うのかはよく分かりませんが、時間の都合上、
スーパーキャットにしてみました。

パングラオ島からセブ島へ31

フェリーの中。座席は全て指定席です。

スクリーンでは英語字幕付きのハリウッド映画、
サンドイッチや飲み物を売るワゴンも来ました。

船内は飛行機みたいで、動き回ることも出来ず、
いまいちフェリーに乗った感じがしなかったです。

ボホール島からセブ島は2時間弱で到着しました。
関連記事
スポンサーサイト

【2010/06/18 21:45】 | フィリピン_2010.06
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。