世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニラ最終日。
パサイ市のバクララン地区を散策。

マニラ市街の観光1

バクララン教会。

体育館のような、とっても大きな教会。
ドアを開け放っていて、建物の外にまで、
礼拝に訪れた人が溢れるほどに大混雑。

牧師さんはマイクを使って話し、
映像は設置されたテレビでも中継され、
人々は扇子で扇ぎながら、耳を傾けてました。

教会の周りの細い路地にはお店がたくさん。
運動会のように軒に小旗が飾られて、
バーゲンの雰囲気を表してました。

Tシャツやショートパンツ、ワンピースなど、
100ペソ(約200円)程度の格安価格。

東南アジアのマーケットには色々行ってますが、
フィリピンの物価が一番安いんじゃないかと思いました。


バクララン教会からお店の連なる通りを進んでいくと、
高架鉄道のバクララン駅が見えてきました。

マニラ市街の観光2

高架鉄道の駅の下。

先ほどの通りのお店とは違って、
こちらは屋台ばかり。
洋服、雑貨、食べ物まで、さまざま。

マニラ市街の観光3

狭い通りに、人と自転車、トライシクルも通るので、
危なかったです。


さて、駅の混雑地帯から離れ、車通りの激しい大通りへ。
そこからジプニーに乗って、SMモール・オブ・アジアに。

海沿いの埋立地に出来た、新しいショッピングモールです。
中には多くのレストランやお店だけでなく、映画館、
オープンスペースのアイススケート場までありました。

が、買い物欲は特になく、また、目新しさもなかったので、
モール内の写真も撮らずに、すぐに退散。

マニラ市街の観光4

SMモール・オブ・アジアからマニラ湾を。

マニラ市街の観光5

お台場っぽい感じでもありました。

マニラ市街の観光6

マニラ空港のターミナル3からセブ・パシフィック航空。

ターミナルから搭乗デッキは出ているのに、
後部座席の人は一旦地上に降りて階段を登る、
という、変な仕組みになってました。
まあ、格安運賃ですから許せますが。

マニラ市街の観光7

到着したのは、ボホール島タグビララン空港。

小さな空港で、ターミナルと思えないような小さな建物までは、
徒歩で移動。預けた荷物を取ったら、ホテルへ向かいます。

同じフィリピン国内でも、マニラとボホール島では気候が違いました。
マニラの蒸し暑さはなく、気持ち良い風が通り抜けます。
さすがにリゾート。大都市との違いを実感しました。
乾季以外の時期は東南アジアの都市には行くべきではないのかも。
関連記事
スポンサーサイト

【2010/06/14 23:06】 | フィリピン_2010.06
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。