世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブハラ旧市街の観光90

こちらは、ブハラの旧市街、ラビハウズの北東にある
細い路地の住宅街を抜けた場所にある、チャル・ミナル。
とっても可愛い建物です。

細くてクネクネした路地を歩いていたら、
子供達に声を掛けられて着いていくと、
突然広場が現われ、辿り着きました。

ミナレットが4本あって変わった形ですが、
メドレセの門番の小屋とのこと。
隣にあったメドレセは残ってないそうです。

ブハラ旧市街の観光91

建物の横には公園のようなスペースがあって、
何故か中央に古木が横たわってました。

ブハラ旧市街の観光92

チャル・ミナルの内部は小さなお土産屋さん。


ところで、ブハラの旧市街は散歩がとても楽しい街でした。

ブハラ旧市街の観光94

ラビハウズの南にある細い路地。

くねくねしていて、どこへ向かうのか分からず、
この先何が見えてくるのかワクワクします。

ブハラ旧市街の観光95

レンガ造りの住宅街の路地。趣があります。

ブハラ旧市街の観光108

建物の壁に侵食している木もありました。

ブハラ旧市街の観光93

こちらは建築中の建物。
木の柱を組み、その間に日干しレンガを入れて
壁を造っているようです。
こんなふうに造っているとは知りませんでした。

それにしても、この建物はとても新築には見えません。
日干しレンガの色は時代を超越します。

ブハラ旧市街の観光96

こちらも建築中の建物。
レンガをただ積み上げているように見えるのですが。
正直、レンガが崩れてきそうで怖くなりました。

ブハラ旧市街の観光97

こちらは増改築中の建物。
柱の間にレンガを積めて、セメントで固めるのでしょうか。

レンガ造りの建物を普段見る機会があまりないので、
建築中の建物に惹かれて、写真を撮ってきました。

ブハラ旧市街は新築であっても日干しレンガ造りなので、
街全体に統一感があり、昔のままの街並みのように見えます。

もちろん、本当に歴史ある建物も多く残っています。

それらをざっとご紹介。

ブハラ旧市街の観光98

ラビハウズの北西にあるウルグベク・メドレセ。
15世紀の初めに建てられた中央アジア最古の神学校。

ブハラ旧市街の観光99

入口アーチの細かい装飾。

ブハラ旧市街の観光101

建物の中へ。がらーんとしてます。
タイルが所々剥がれてますが修復途中ですかね。

ブハラ旧市街の観光100

中庭から入口アーチ方面を。

このアーチの下には何軒かお土産屋さんがありました。

ブハラ旧市街の観光102

ウルグベク・メドレセの正面に建っている
アブドゥールアジス・ハーン・メドレセ。

ブハラ旧市街の観光103

入口アーチ上方の凹凸。

こちらは17世紀に建てられたもの。
ウルグベク・メドレセとは全く異なる形をしています。

ブハラ旧市街の観光104

建物の中へ。お土産屋さんが何軒か。
中庭には芝生も生えてました。

ブハラ旧市街の観光105

入口アーチの横の天井はドーム状になっていて、
こちらは礼拝堂として使われていたようです。
天井部分は赤や青で彩色されていました。

ブハラ旧市街の観光107

ホッジャ・カズィヤン・メドレセ。

旧市街の南東、住宅街の中にあった建物。
中には入れなかったです。

ブハラ旧市街の観光109

ガウクシャン・メドレセ。

ラビハウズの前の通りを
西に進んだ場所にあった建物。

こちらも鍵が架かっていて
中に入れなかったんです。

そして、この建物の隣には、
中央に池のある広場があって、
その周りに立派な建物が二つ。

ブハラ旧市街の観光110

広場の東側の建物。

ブハラ旧市街の観光111

広場の西側の建物とミナレット。

地球の歩き方の地図に載っていた
ガウクシャン・メドレセよりも、
こちらの二つの方が大きいのに、
何故名前が載ってないんでしょうね。

どちらの建物にも、他の建築物と同様、
重要文化財であることを示すような
プレートがきちんと貼ってあって、
16XX年建築などと書かれていたので、
歴史的な建造物だと思うんですけど。。


これら以外にも、名前の分からない
歴史的な建物はたくさんありました。

ちょっと歩くと、すぐに見つかるほど、
町中に溢れていて驚きました。

以下、名称不明な建物を。

ブハラ旧市街の観光112

入口アーチの装飾タイルが
珍しくグリーンになってる建物。

ブハラ旧市街の観光114

かつてのキャラバンサライ(隊商宿)。

ブハラ旧市街の観光113

改築されて、絨毯の工房になってました。

ブハラ旧市街の観光115

お土産屋さんの通りにあった建物。

この他、ラビハウズ周辺にある
B&Bと呼ぶような小さなホテルも
魅力的な建物が多かったです。

再度書きますが、これらは全て、
歩いて回れる範囲内にあります。

こんな建物が溢れている旧市街、
散歩するのがいかに楽しかったか、
少しでも伝われば幸いです。


さて、旧市街を抜ける場所にも歩いてみました。
ラビハウズの前の道をひたすら東へ。

ブハラ旧市街の観光116

運河が流れる道を進みます。
(写真は進行方向とは逆方面)

ブハラ旧市街の観光117

運河には何箇所か橋が架けられ、
対岸の建物の入口に直結している
場所もありました。

ブハラ旧市街の観光118

しばらく歩くと大通りに出ます。
ムスタキーリク通りはもう旧市街の街並ではありません。
商店が立ち並んでます。

ブハラ旧市街の観光119

ムスタキーリク通りを南へ行くとバザールが見えてきました。

ブハラ旧市街の観光120

広場には水溜りが出来、それを避けるように、
小さなお店が並んでます。

これがバザールなの?と疑問に思っていたら…

ブハラ旧市街の観光121

大きな建物も見えてきました。
食料品売り場です。
ようやくバザールらしい風景です。

こちらのバザールは、食料品売り場以外は、
広場や路地に小さなお店が密集していて、
無法地帯のようでした。

ブハラ旧市街の観光122

バザールを出て大通りを渡って西側へ歩いていくと、
こんなエリアがありました。
大学のキャンパスの中みたいに、広い歩道があって、
大きな木が植えられてます。
お散歩するのに気持ち良さそうな場所でした。

これでブハラの街歩きは終了。
マルシュルートカに乗って行った2箇所以外は
全て徒歩での散策でした。
2km四方の中に見所がぎゅっと詰まっていて、
観光に便利な街ですね。


【2010年4月ウズベキスタン旅行の記事一覧】
ウズベキスタンへの旅
特急レギスタン号(タシケント→サマルカンド)
サマルカンドのレギスタン広場(前編)
サマルカンドのレギスタン広場(後編)
サマルカンドのレギスタン広場(お土産屋さん)
サマルカンド市街の観光(1)
サマルカンド市街の観光(2)
サマルカンド市街の観光(3)
サマルカンド市街の観光(4)
特急シャルク号(サマルカンド→ブハラ)
ブハラ旧市街の観光(1)
ブハラのタキとお土産屋さん
ブハラ旧市街の観光(2)
ブハラ旧市街の観光(3)
ブハラ郊外の観光(1)
ブハラ郊外の観光(2)
ブハラ旧市街の観光(4)
タシケント市街の観光(1)
タシケント市街の観光(2)
タシケント市街の観光(3)
タシケント市街の観光(4)
関連記事
スポンサーサイト

【2010/04/16 18:12】 | ウズベキスタン_2010.04
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。