世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブハラの旧市街だけでなく、郊外にも足を伸ばしてみました。

サーマーニ公園の北側にあるコルホーズバザールの入口横に、
ミニバスやマルシュルートカが何台も並んでいたので、
せっかくならばと乗ってみました。

ブハラ郊外の観光1

どのバスに乗ればよいのか皆目検討が付かないので、
地球の歩き方を手に、車掌さんらしき人に声をかけ、
バハウッディン行きのマルシュルートカがないか聞いてみたら、
運よくありました。教えてもらい、早速乗り込みました。
それが上の写真。

サマルカンドのマルシュルートカよりも一回り大きいです。
市内ではなく、中距離向けだからでしょうか?

運転手席の後ろにも席があって、そこに座る人は、
進行方向と逆向きなので辛そうでした。

12人ぐらい乗って車内が満員になったら発車しました。

ブハラ郊外の観光2

車窓の風景。緑一面の草原です。

ブハラ郊外の観光3

住宅街もありました。

ブハラ郊外の観光4

写真はブレてしまってますが、
綿の木が並ぶ風景が多かったです。

ブハラ郊外の観光5

そして、マルシュルートカの終点。

広大の敷地の草原の中にあるのがバハウッディン。

ブハラ郊外の観光6

こちらが正門です。

バハウッディンは14世紀の聖人バハウッディンを祀った廟。

ブハラ郊外の観光7

門をくぐったところ。

お参りに来ているムスリムの人も多かったです。

ブハラ郊外の観光8

門をくぐって左側には、お墓が並んでました。

ブハラ郊外の観光9

奥には、ハウズ(池)

ブハラ郊外の観光10

その片隅にある、「願いの木」と呼ばれている桑の古木。
子宝に恵まれるそうですが、このときは何故か男性が触ってました。

ブハラ郊外の観光11

ハウズ越しに見たモスクと低いミナレット。

ブハラ郊外の観光12

モスクの奥にあった中庭。

ブハラ郊外の観光13

中庭を取り囲む庇が素敵でした。

ブハラ郊外の観光14

天井の模様がとても細かく、デザインが全て異なってました。

ブハラ郊外の観光15

中庭の奥に置かれていた白い柵の中に、
バハウッデインの墓石があるようです。

中は覗けませんでした。

ブハラ郊外の観光16

モスクを出て、正門とは反対方向に歩いていったら、
広い草原が現われ、細い道が奥に続いています。

女性たちが何人も歩いていったので、
私も付いていってみました。

ブハラ郊外の観光17

辿り付いた場所。

通りの右側にはテラスがあって、その先には低いミナレット。
奥はモスクのようです。

ブハラ郊外の観光18

モスクの前にはハウズがありました。

ここが女性用のモスクなんでしょうかね。

以上、とっても広いエリアにいろんな建物があった
バハウッディンでした。

マルシュルートカに乗れば旧市街から30分ほどだったので、
郊外に足を伸ばしてみるのも面白いですね。

(ちなみに、バハウッディンでは観光客らしき人を全く見かけませんでした)


【2010年4月ウズベキスタン旅行の記事一覧】
ウズベキスタンへの旅
特急レギスタン号(タシケント→サマルカンド)
サマルカンドのレギスタン広場(前編)
サマルカンドのレギスタン広場(後編)
サマルカンドのレギスタン広場(お土産屋さん)
サマルカンド市街の観光(1)
サマルカンド市街の観光(2)
サマルカンド市街の観光(3)
サマルカンド市街の観光(4)
特急シャルク号(サマルカンド→ブハラ)
ブハラ旧市街の観光(1)
ブハラのタキとお土産屋さん
ブハラ旧市街の観光(2)
ブハラ旧市街の観光(3)
ブハラ郊外の観光(1)
ブハラ郊外の観光(2)
ブハラ旧市街の観光(4)
タシケント市街の観光(1)
タシケント市街の観光(2)
タシケント市街の観光(3)
タシケント市街の観光(4)
関連記事
スポンサーサイト

【2010/04/15 22:21】 | ウズベキスタン_2010.04
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。