世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマルカンドのレギスタン広場の続きです。

●シェルドル・メドレセ
広場の東側に立つ建物。
西側にあるウルグベク・メドレセを真似たとのこと。

サマルカンドのレギスタン広場27

大きすぎて全体が撮影出来なかったため、
ウルグベク・メドレセの2階から撮影を。

ミナレットはそれほど高くないですが、
アーチとミナレットの間にある突き出たものが個性的。
ロシアっぽい雰囲気でもあります。

サマルカンドのレギスタン広場28

アーチのタイル装飾のアップ。
イスラムは偶像崇拝が禁止され、人や動物をモチーフにすることは
タブーとされているのに、それに反した壁画が。

サマルカンドのレギスタン広場29

入口アーチのタイル装飾。細かくて美しい。

サマルカンドのレギスタン広場30

中庭へ入って。
四方にアーチはありますが、タイルが崩れてます。

サマルカンドのレギスタン広場31

中庭から、入口アーチ側を。
まだ修復が終わってないみたいです。

建物の中にはお土産屋さんがありましたが、
ウルグベク・メドレセに比べると、品物が美しくなく、
建物内も整理されていない様子でした。

サマルカンドのレギスタン広場32

神学校の当時の様子が再現された部屋もありました。
中央にはサンダリ(こたつ)が置かれてます。

サマルカンドのレギスタン広場34

貸衣装もあって、写真撮影している人もいました。

サマルカンドのレギスタン広場38

入口のアーチを出て北側の小さな扉の中を覗くと、
絨毯が山積みになった部屋がありました。

サマルカンドのレギスタン広場37

奥には女性二人が絨毯作りの実演を。
部屋にはこの二人しかいなかったんですが、
これも展示物の1つでしょうか?
それとも、お土産屋さんなのでしょうか?
よく分かりませんでした。

●ティラカリ・メドレセ
広場の北側に立つ建物。

サマルカンドのレギスタン広場33

外観。ミナレットも低く、ちょっと地味。

サマルカンドのレギスタン広場36

入口のアーチ。他の2つのメドレセとは形が違います。

サマルカンドのレギスタン広場35

中に入っても閑散としてました。

サマルカンドのレギスタン広場39

建物の西側にはこんなドームが。

サマルカンドのレギスタン広場40

ドームの中は豪華な黄金の装飾。
このメドレセの唯一の見所です。

サマルカンドのレギスタン広場41

ドーム正面の装飾。とっても繊細な造り。

サマルカンドのレギスタン広場42

ドームの天井。写真では薄暗くなってますが、
実際はキラッキラッです。

サマルカンドのレギスタン広場43

ドームの南側には絨毯敷きの広い空間。

サマルカンドのレギスタン広場44

一番奥にはチャイハナのテーブルが。
周りには絨毯やスザニなどのお土産が並んでました。


【2010年4月ウズベキスタン旅行の記事一覧】
ウズベキスタンへの旅
特急レギスタン号(タシケント→サマルカンド)
サマルカンドのレギスタン広場(前編)
サマルカンドのレギスタン広場(後編)
サマルカンドのレギスタン広場(お土産屋さん)
サマルカンド市街の観光(1)
サマルカンド市街の観光(2)
サマルカンド市街の観光(3)
サマルカンド市街の観光(4)
特急シャルク号(サマルカンド→ブハラ)
ブハラ旧市街の観光(1)
ブハラのタキとお土産屋さん
ブハラ旧市街の観光(2)
ブハラ旧市街の観光(3)
ブハラ郊外の観光(1)
ブハラ郊外の観光(2)
ブハラ旧市街の観光(4)
タシケント市街の観光(1)
タシケント市街の観光(2)
タシケント市街の観光(3)
タシケント市街の観光(4)
関連記事
スポンサーサイト

【2010/04/10 20:27】 | ウズベキスタン_2010.04
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。