世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマルカンドのレギスタン広場1

ウズベキスタンの「青の都」として有名な
世界遺産の街、サマルカンド。

街の中心はレギスタン広場です。

レギスタン広場には、3つのメドレセ(神学校)が
広場を囲むように建っています。

上の写真は夜のライトアップ。
毎晩、団体ツアー観光客向けに、多言語の解説が付いた
ショーが行われていたので、私も紛れ込んで鑑賞してきました。

もちろん、明るい昼間にも観光してきました。

●ウルグベク・メドレセ
広場の西側に立つ最も古い建物です。
サマルカンドのレギスタン広場2

高いミナレットが両サイドに2本。
ミナレットは空を支えているものだと言われ、
北側のミナレットが少し傾いているのは、
空の重さのせいとのこと。

サマルカンドのレギスタン広場3

入口アーチに近寄って。
ブルーとエメラルドグリーンのタイルが
とっても綺麗です。

サマルカンドのレギスタン広場4

入口アーチの中央にある小さなアーチ。
ここにも細かい装飾が。

サマルカンドのレギスタン広場5

アーチ下にある小窓から中の様子を。
奥のアーチも見えました。

サマルカンドのレギスタン広場6

入口アーチをくぐって、中庭へ。

サマルカンドのレギスタン広場7

中庭から、アーチとミナレットを。

建物の1階には小さなお土産屋さんが何軒もありました。
(お土産屋さんについては別途掲載)

サマルカンドのレギスタン広場8

お土産屋さんが入っていない1階の入口。
こちらのタイルも細かくて綺麗です。

サマルカンドのレギスタン広場9

建物の北西角に小さな入口があり、
「Museum」の看板が出ていたので入ってみると、
中はこんなに広くて綺麗。
白い壁と、水色の柱と天井が美しいです。

サマルカンドのレギスタン広場13

柱の左右には、スザニ(刺繍)や置物が
飾られていました。

サマルカンドのレギスタン広場10

進んでいった先は礼拝堂でしょうか。

サマルカンドのレギスタン広場11

反対側の入口右手には青くライトアップされた部屋。
レギスタン広場の歴史が展示されてました。

サマルカンドのレギスタン広場12

さらに奥には、伝統の楽器が飾られていました。


さて、こちらのウルグベク・メドレセなんですが、
実はミナレットに登らせてもらってきたのです。

登ったのは、空の重さで傾いていると言われている北側
(一番上の写真では右側)のミナレットです。

メドレセの中を歩いていたら警察官に声を掛けられ、
「ミナレットに登ってみないか?」、と。
もちろん、ワイロです。警察官のお小遣い稼ぎ。
交渉の末、4ドルで登らせてもらいました。

(ちなみに、夜のライトアップのときにも、別の警察官から、
「朝6時に来ない?ミナレットの頂上から朝日が見えるよ。」と。
多くの警察官がミナレットをお小遣い稼ぎに利用しているようです)

サマルカンドのレギスタン広場14

手招きされて着いていったら、鍵が掛けられたドアへ。
鍵を開けてくれ、階段を上がっていきました。

サマルカンドのレギスタン広場15

階段を登ったところ。さらに進むと・・・。

サマルカンドのレギスタン広場17

2階に辿り着くと、こんな空間が。
まだまだ工事中。今にも崩れそうです。

「向こう側へぐるっと進むとミナレットがあるから」と
警察官は言い残して、私ひとり太陽光が見える先へ。
なんと、ミナレットの足元は穴が開いてました。

サマルカンドのレギスタン広場16

ミナレットの中は狭い螺旋階段。
裸電球が付いていたので、何とか登れました。

サマルカンドのレギスタン広場19

上から階段の下を見ると、こんなに急でした。

サマルカンドのレギスタン広場18

階段を登りきったところ。

サマルカンドのレギスタン広場20

ミナレットを登りきると、上にはトタン板。
天井がこんな風になっていたとは…。

一番上の階段に立つと、上半身だけは外に出ます。
掴まるところなどは全くなく、風に吹かれて、
ちょっと怖かったです。

サマルカンドのレギスタン広場21

真正面にある、シェルドル・メドレセ。
上から見ると、建物正面の全体が見えます。

サマルカンドのレギスタン広場22

南側を向くと、入口アーチの向こう側に
もうひとつのミナレット。

サマルカンドのレギスタン広場23

北東方面。ティラカリ・メドレセとシェルドル・メドレセ。
その間にある円形の建物は、チョルスー。

サマルカンドのレギスタン広場24

西側、ウルグベク・メドレセの建物を上から。


その後、ミナレットから下りて、建物の2階へ。

サマルカンドのレギスタン広場25

2階のテラス部分から中庭を。
フェンスも手すりもなくて、怖かったです。

中庭にいる観光客からは指を指されて、
「あそこへは行けるの?どうやって?」
といった感じで見られました。

2階部分はどこまで行けるんだろうと思って、
うろうろしていたら、入口アーチの上まで。

サマルカンドのレギスタン広場26

入口アーチの2階部分から、正面のシェルドル・メドレセ。

そんなわけで、ウルグベク・メドレセの探検と
ミナレットへの登頂でした。


【2010年4月ウズベキスタン旅行の記事一覧】
ウズベキスタンへの旅
特急レギスタン号(タシケント→サマルカンド)
サマルカンドのレギスタン広場(前編)
サマルカンドのレギスタン広場(後編)
サマルカンドのレギスタン広場(お土産屋さん)
サマルカンド市街の観光(1)
サマルカンド市街の観光(2)
サマルカンド市街の観光(3)
サマルカンド市街の観光(4)
特急シャルク号(サマルカンド→ブハラ)
ブハラ旧市街の観光(1)
ブハラのタキとお土産屋さん
ブハラ旧市街の観光(2)
ブハラ旧市街の観光(3)
ブハラ郊外の観光(1)
ブハラ郊外の観光(2)
ブハラ旧市街の観光(4)
タシケント市街の観光(1)
タシケント市街の観光(2)
タシケント市街の観光(3)
タシケント市街の観光(4)
関連記事
スポンサーサイト

【2010/04/10 19:45】 | ウズベキスタン_2010.04
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。