世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日目は雨がしとしと。

観光周遊バスに乗って、松江城へ。
まずは、城山公園内にあった松江郷土館。

出雲松江16


1階は松江の歴史を説明していた。
船の模型とか、いろいろ置いてあったのに、
私が目に付いたのはこちらのお祭りに使う太鼓。

出雲松江15


2階は企画展エリアで「戦後大衆文化の世界展」。
何故か、月光仮面や古い映画雑誌が陳列。
この白い素敵な建物に合ってないと思うんだけど。。

出雲松江17


いよいよ、お城。
下は石が積んであって、上は板張りの壁。
今までじっくりお城を見たことがなかったけど、
外観がめずらしいように思えた。

出雲松江18

城山公園内にある護国神社

出雲松江19

城山公園内にある城山稲荷神社への階段

公園内は広くて、木々に囲まれてる。
散策路もあって、ゆっくりお散歩したかったけど、
足元が冷たいから、駆け足で回っただけ。残念。

城山公園を出ると、外からお堀が見える。

出雲松江20


堀川遊覧船に乗れば、このお堀を一周出来るんだけど、
あいにくの雨なので、乗らなかった。

堀川沿いに歩いて、武家屋敷が並んでる塩見縄手へ。

出雲松江21

左側が武家屋敷で、右側はお堀。

出雲松江23

お堀沿いには立派な松も並んでる。

出雲松江22


明々庵という茶室で、お抹茶を頂こうかと思ったら、
どうやら貸切の様子。
せっかく、この階段を登ったというのに。
でも、高台からは向かいのお城も望めて、良い眺め。

出雲松江24

お堀沿いに戻って、名物の「ぼてぼて茶」で一服。
「ぼてぼて茶」というのは、乾燥させたお茶の花を
煮立てて泡立てたもの。
この中に、添えられてる惣菜を入れて、かき混ぜて食す。
このお店では、赤飯、黒豆、たくわん、高野豆腐、漬物。
う~ん。とっても、微妙。
お茶は味が薄いから、投入した惣菜の味が染みるんだけど、
相性が悪くて邪魔しあってる。
例えば、黒豆だけ、たくわんだけ、と、投入するものが1種類なら、
まだおいしいと思うんだけど。

次は路線バスで京橋商店街へ。
が、バスはなかなか来ないため、
雨宿りがてら、お土産屋さんへ。

お客さんが私一人だったから、店員さんが付きっきり。
いっぱい試食させてくれたから、お礼にお土産購入。
名物のしじみと和菓子とお茶を購入。
自分用には、縁結びお守りの携帯ストラップ。
恋愛、強運、金運、といろいろあったけど、
私が選んだのは、きれいなブルーの目標達成。
欲張りっぽいでしょ。
目標達成だから、目標さえ掲げれば、
どんなことにも効果はあるのかなと思って。

それから、お土産用に鬼太郎グッズの飴を購入。
1つだけ辛い飴が入っているというもの。
隣の境港市は作者の水木しげるさんの出身地らしい。
記念館や、登場人物の銅像が並ぶ水木しげるロードまで
あるみたい。
(境港市は鳥取県?う~ん、島根と鳥取の区別が出来ない。。)

さて、路線バスに乗って、京橋商店街へ。
まずは、商店街の横にあった、昔は日本銀行だった
という重厚な建物のカラコロ工房。
こちらは、ギャラリー、雑貨屋さん、レストランなどの
店舗が入った複合施設。
和菓子、アクセサリーなどの手作り体験が出来る
お店が多いことが特徴なのかな。
雨降りだからか、手作り体験している人が多かった。

遅いランチを食べて、商店街を散策。
石畳が整備されてて歩きやすい。
中央に、夏はビアガーデンになるカラコロ広場があって、
その隣に、カラコロ大黒が鎮座。

出雲松江25


その後、和菓子の名店が点在している、
寺町・天神町をぶらついて、松江駅に到着。

足元がびちょびちょになってしまったので、
今回の旅はこれで終わり。

いつもの半分も歩いてないかも。
やっぱり、雨降りというのは困りますね。
関連記事
スポンサーサイト

【2007/06/24 23:22】 | 出雲・松江_2007.06
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。