世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せっかくなので、八戸駅でも途中下車してきました。

八戸駅に直結しているユートリーというビルに入ってみたら、
こんな大きな人形が飾られていました。

八戸の散策1

八戸駅の周辺はあまり栄えていなかったため、
100円バスに乗って、八食センターへ。

ここは大きな市場です。魚、果物、お酒、お土産等のお店に、
レストランも何軒か入ってました。

八戸の散策2

新鮮なお魚が安く売られてました。

八戸の散策3

青森なので広いリンゴ売り場も。

八戸の散策4

魚屋さんで買ったお魚をその場で焼いて食べられる
七厘村というレストランもありました。
お腹が空いていれば食べて行きたかったんですが…。

お酒とお土産を少しだけ買って、八食センターを後にし、
今度は200円以下バスで八戸の市街地へ。

八戸の繁華街は八戸駅の近くではなく、
本八戸駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

バスに20分ほど揺られていると繁華街が見えてきます。
十和田、三沢、八戸駅周辺の寂しい風景ばかりを見ていたので、
八戸の町がとっても都会に見えてしまいました。
実際には、どこにでもあるような地方都市ではありますが。

大きな通りによく見かけるお店が並んでましたが、
その一角には、こんな横丁も。

八戸の散策5

みろく横丁

八戸の散策6

八戸の散策7

カウンターだけの小さなお店が並んでます。
外から覗くと、それなりに繁盛してました。

八戸の散策8

迷路のような横丁はかなり長いです。
こちらがもう一方の出口。

寒い冬にはこういうお店で熱燗でも呑むと
楽しそうですね。

八戸には、このみろく横丁以外にも、
こんな横丁がたくさんあるようです。
次回は夕食時にでも訪れたいと思います。

八戸の繁華街からは歩いて本八戸駅へ。
繁華街から抜けるとすぐに暗く寂しい道になり、
とても長く感じられました。

八戸の散策9

八戸の散策10

本八戸の高架下には、こんなレトロな
駄菓子屋さんもありました。

八戸の散策11

そのお店で見つけた八戸の地サイダー。
みしまバナナサイダーと三島シトロン。
果汁0%で炭酸がきつい、昔ながらの味でした。
関連記事
スポンサーサイト

【2008/11/22 23:27】 | 青森・岩手_2008.11
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。