世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下関駅からJR山陽本線に乗車。
鈍行に3時間ほど乗ると、岩国駅へ着きます。
直通で1本で行けるのは便利ですね。

日本三名橋、日本三奇橋と呼ばれる錦帯橋を
目指します。JR岩国駅からはバスです。

やってきたのは、島耕作バス。
作者の弘兼憲史さんが岩国出身だそうです。

山口・岩国の散策1

バスの車体には全面に島耕作の絵が。

山口・岩国の散策2

車内には、島耕作ギャラリー。
詳細にプロフィールが掲載されていました。
しかし、動くバスの中、乗客もたくさんいたので、
じっくりは見られませんでした。

錦帯橋に着いた頃にはもう日が暮れてました。

山口・岩国の散策3

錦帯橋をバス停近くから眺めて。

山口・岩国の散策4

錦帯橋の下にある駐車場から。
山の上に小さく見えるのが岩国城です。

錦帯橋は24時間通行可能です。
しかし、夜は入口に人がおらず、
自主的に料金箱へ入れるようになってました。

山口・岩国の散策5

渡ってみると、こんなに起伏があります。
起伏が激しい真ん中の3つの山は階段になってました。

山口・岩国の散策6

一番高い場所から橋を撮影。
ジェットコースターのようです。

錦帯橋を渡り終えた頃にはもう真っ暗。

山口・岩国の散策7

佐々木小次郎の像。

紅葉谷公園、吉香公園、香川家長屋門、吉川資料館、
そして、山の上にはロープウェイで行ける岩国城など、
観光名所はたくさんありますが、こんなに真っ暗では
もう行けません。仕方なく、観光は終了です。

帰りのバスは、いちすけ号。
路面電車をモデルにしているそうです。

山口・岩国の散策8

レトロなバスの外観。

山口・岩国の散策9

木と紅色のベルベット生地がいい感じです。

岩国駅に戻ったら、再びJR山陽本線で
予約したホテルのある広島駅へ。

東京~小倉~門司港~下関~岩国~広島
の長い1日でした。
関連記事
スポンサーサイト

【2008/09/05 22:46】 | 西日本_2008.09
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。