世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井から金沢へは、特急電車なら50分ほど。
北陸本線の普通電車なら1時間半弱です。
のんびり電車に揺られるのもいいかなあ、と思い、
普通電車で移動しました。
(ただ、特急電車よりも普通電車の方が圧倒的に本数が
少ないため、事前に時刻表をチェックする必要があります)

金沢駅前には、もてなしドームと呼ばれるガラス張りの屋根と
太鼓に似た門がありました。
北陸44 北陸45


ホテルにチェックインした後、金沢市街の散策を開始。
金沢の街は歩いて回れる距離の広さです
初日は土地勘を掴むために、ぐるっと一回りすることに。

駅前の道をまっすぐ進んでいくと、近江町市場。
北陸47 北陸46

再開発のために、半分くらい工事中です。

中に入りましたが、祝日の夕方のこの時間では、
ほとんどのお店が閉店。この日は素通りしました。

近江町市場からひがし茶屋街に向かう途中の
百万石通りには、古い建物がいくつか並んでました。
北陸48 北陸49
北陸50

下の写真は金沢文芸館。

浅野川方面に進むと、主計町の茶屋街です。
北陸51


そして、ようやく、ひがし茶屋街へ到着。
木の格子で出来た引き戸は風情があります。
北陸52 北陸53


金箔グッズが売られている「箔座ひかり蔵」へ。
北陸54

外観は木格子が囲まれてます。

しかし、中に入ると、なんと黄金の蔵が。
北陸56 北陸55

蔵の外観と内部。中には入れません。

そして、店内には地下を覗ける場所が。ここにも金が。
北陸58


店内はお土産屋さんで、いろんな金箔グッズが売られていて
見るだけでも楽しいです。気軽に入れて良いお店でした。

歩き疲れたので、「茶房 素心」で一服。
注文を受けた後、豆を挽き、コーヒーを1杯づつ淹れる
優雅なお店でした。
北陸59

(ごはん日記はこちら。)

ひがし茶屋街を後にして、再びお散歩。
金沢城公園と兼六園の間を通って、金沢21世紀美術館へ。
こちらはとても面白い形をした建物です。
北陸60 北陸61

外観と、外にあったオブジェ。
(暗くて、あまり見えませんが。)

有料の美術館ゾーンは既に閉館してましたが、無料ゾーンは
まだ開いていたため、中に入ってみました。
北陸62 北陸63

常設の無料展示タレルの庭とデザインギャラリー。

美術館の中にあるオシャレなカフェも寄ってみました。
北陸64

(ごはん日記はこちら。)

ミュージアムショップも閉館してしまったので、
21世紀美術館を出て、今度は香林坊へ。
北陸65

香林坊の109とアトリオの交差点にあったオブジェ。

香林坊は金沢の繁華街です。
オシャレな通りも、飲み屋さんが連なったエリアもありました。
ぐるっと一周した後、香林坊から武蔵が辻までバスで移動し、
居酒屋さんで夕食を食べて、この日は終わりました。
(ごはん日記はこちら。)
関連記事
スポンサーサイト

【2008/03/20 23:49】 | 北陸_2008.03
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。