世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルネイ

この地図は私が今までに訪問した国々です。
東南アジアの辺りをよーく見てみると、
白いままの箇所が小さく残っています。

今回訪問したのはこの空白地帯、ブルネイです。

ブルネイは、マレー半島の南に位置するボルネオ島に
ある小さな国です。

ブルネイ2

ボルネオ島は、南はインドネシア、北はマレーシアが
大部分を占めていますが、マレーシアの中の一部分だけが、
ブルネイ・ダルサラーム国となってます。

言語はマレー語ですし、食べ物もマレーシアと変わらないですが、
イスラム教徒が多く、国教に指定されているため、
ブルネイ国内ではお酒の販売が禁止されています。
(中華料理屋さんなどでは内緒で提供されることもあるようですが)

また、石油と天然ガスが産出されるため、お金持ちの国で、
東南アジアとは思えないほど物価が高いのが特徴です。

日本からは直行便が飛んでいませんし、
観光名所はこれと言ってあるわけではなく、
文化はマレーシアと変わらず、物価は先進国並み、と
あまり訪れる価値はないような国ではありますが、
行かないまま放置するのも嫌だったので行くことに決めました。

ブルネイ3

ブルネイだけ訪れるのも何なので、
一緒にマレーシアも訪れました。

というか、マレーシア航空の運賃が激安だったので、
今回のブルネイ訪問を決めた、というのが正確ですが。。

さて、今回の行程は以下のとおりです。

①成田→クアラルンプール→ブルネイ
②ブルネイ→クアラルンプール→マラッカ
③マラッカ→クアラルンプール→ペナン
④ペナン→クアラルンプール→成田

①④はマレーシア航空でオープンジョーの航空券を購入。
(ただし、成田発からKLへはJALで、KLからブルネイへは、
ロイヤルブルネイ航空のコードシェア便でしたが)

②③のKL発着便はエアアジアで航空券を購入。
KL-マラッカ間は高速バスを利用しました。

ブルネイ4

クアラルンプール空港のサテライトターミナルにある
熱帯雨林の森。

往路の乗り継ぎで訪れたクアラルンプール空港は、
とても施設が充実していて快適でした。
(詳細はこちらのブログへ → JAL便/ロイヤルブルネイ便

そんなこんなで、午前に成田を発ち、
ブルネイに到着したのは深夜になりました。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/09/07 22:19】 | ブルネイ_2013.09
トラックバック(0) |
ブルネイに到着して、宿泊したホテルはこちら。

ブルネイ5

市街地から徒歩10分ほどの「Jubilee Hotel」です。
ホテルについては、こちら(→ blog)に詳しく書きました。

ブルネイ15

こちらはホテルの前にあった建物。
夜にはライトアップがされていましたが、
お金持ちさんの邸宅でしょうか?

さて、ブルネイで迎えた最初の朝は豪雨で目が覚めました。
これじゃとても外を出歩けない、と絶望的な気持ちになりましたが、
朝食を食べている間に雨は小降りになり、傘を差して出かけました。

ブルネイ6

ホテルを出発して最初に目を奪われたのは、
なんと中国寺院。

ブルネイはイスラムの国なので、
モスクが観光名所の1つになってますが、
こんな中国寺院があるとは思いませんでした。

ブルネイ7

中国寺院らしい派手さ。

ブルネイ8

本堂の中。
アジアではよく見かける他の国の中国寺院と変わりません。

ブルネイ9

壁一面には物語のような絵が描かれた
タイルがぎっしり貼られていました。

ブルネイ10

中国寺院の向かいを流れる川。
後ほど乗ることになる水上タクシーが
往来していました。
この川の先にあるのがモーニングマーケットです。

ブルネイ11

モーニングマーケットの中。

パラソルの下では、野菜、果物、魚、香辛料などを
売るお店がずらっと並んでいました。

しかし小雨が降っていたので、足元がぐちゃぐちゃで、
お客さんは全くいなかったです。
(ちなみに土曜日の朝です)

ブルネイ12

奥には大きな屋根で覆われたスペースも。
商品は並んでますが、お店の人が見えません。
一体どこへ行ってしまったんでしょう?

ブルネイ14

マーケットを出て、河口から眺めると、
見えるのは水上集落(カンポン・アイール)です。

近くに停まっていた水上タクシーに
声を掛けて、乗せて貰いました。

ブルネイ17

なかなか綺麗なボートです。
乗客は私一人だけ。
まさしく水上タクシーです。

ブルネイ18

水上集落が近づいてきました。
こうしてみると、ごく普通の建売住宅です。
水上に作られたニュータウン。

ブルネイ16

見えてきたのは船着場。(写真左の階段)
こちらが水上集落の入口のようです。

料金交渉せずに水上タクシーに乗ってしまいましたが、
運賃は1ブルネイドルでした。
たった5分ほどでしたが、安くて良かったです。

ブルネイ59

船着場の横には観光案内所もありました。

ブルネイ19

船着場からすぐの場所には真新しい住宅が並びます。

ブルネイ20

コンクリート製の橋の反対側も。

水上とは言え、水道も電気も通ってますし、
プロパンガスも配達されて、テレビはパラボラアンテナ。
全く不自由のない暮らしのように見えました。

自家用車を駐車できない(代わりにボート?)
ことぐらいですかね、不自由なのは。

水上集落=低所得層とイメージがあったのですが、
実際には普通の公務員とかも好んで住んでいる、
という話にも頷けました。

ブルネイ21

ニュータウンの終わりが見えてきました。

橋がコンクリート製の頑丈なものから、
板を渡しただけの簡素なものになります。

(橋の横に付いている水色の管はたぶん水道管。
 上には電線も通ってます)

ブルネイ22

ニュータウンが終わったら、がらっと雰囲気が変わりました。

しかし、住宅一軒ずつの敷地面積はかなり広く、
(ニュータウンの建売住宅よりも広いかも)
住宅の前にはお庭みたいなスペースもあって、
なかなか快適そうでした。

都心から近いのに昔の風情のまま残された
下町のような感じにも思えました。

ブルネイ23

独特な色彩感覚で、パステルカラーのペンキで塗られた
可愛い家も多かったです。

テラスやベランダも広く、
喫茶や食堂っぽい建物も見かけました。

ブルネイ24

集落の端まで行ったら、面白い建物が見えました。
こちらはモスクです。
水上集落の対岸の陸地に建てられていました。

ブルネイ25

この辺りにはツアー客向けのボートが並び、
ボートを修理している人もいました。

奥に見える橋を渡ると、対岸に辿り着きます。
橋の下をボートがくぐれるよう、アーチ型になっています。

橋は板を4~5本渡しただけのものですが、
この上を自転車で走り抜ける少年もいて、
スリリングでした。

ブルネイ26

対岸に見える、あの赤い建物は何でしょう?

ブルネイ27

陸地側から見たら、消防車が停まってました。

川岸に建つ消防署は、陸地へは車で、
水上集落へはボートで出動するのでしょうか?

ブルネイ28

消防署の近くで見つけた可愛くて大きな建物。

ブルネイ30

奥へ進んでみたら、なんと小学校でした。

この建物には教室が並んでいて、
隣の橋から授業風景が覗けました。

ブルネイ29

こちらも大きな建物なので、
同じ学校でしょうか?

ブルネイ31

さらに進んで、市街地の方を見てみたら、
別の水上集落も見えました。

水上集落は一体どれくらい広がっているんでしょう?

ブルネイ32

水上集落の中には、ところどころ、
こういった建物がありました。

船着場ですかね?
まるでバス停みたいに、
徒歩5分程度の間隔でありました。

橋を渡って、この建物に辿り着いて、
通りかかったボートに手を挙げたら、
ボートが停まってくれました。
水上タクシーって便利ですね。

頭上スレスレのような橋を潜りつつ、
結構なスピードで飛ばしてくれました。

ブルネイ33

到着。市街地まで戻ってきました。
写真に写っているのは乗って来たボートです。

帰りも全く価格交渉しなかったですが、
1ドル札を渡したら、50セント返されました。

行きよりも距離が遠いのに安かったということは、
観光客を待ち伏せして捕まえた往路のボートは
観光客料金だったのでしょうか?
とは言え、全然安かったので良いのですが。。

ブルネイでは自家用車が普及しているせいか、
公共交通機関は全く発達していなくて、
(日本の地方都市のような感じ)
バスは本数少なくて待たないといけないですし、
流しのタクシーは全然走っていません。

そう考えると、ブルネイで一番便利な交通機関は
水上タクシーなのかもしれないなあ、と。。
関連記事

【2013/09/08 23:00】 | ブルネイ_2013.09
トラックバック(0) |
ブルネイ34

船着場から市街地を歩くと、
見えてきたのは通称オールドモスク。

両サイドにある2つの建物は、
ヤヤサンSHHBコンプレックスという
ショッピングセンターです。

ブルネイ36

店内はごく普通。

首都の市街地だというのに百貨店などはなく、
これが唯一とも言えるショッピングセンターでした。
(郊外にはもっと大きなモールがあるようですが)

ブルネイ35

ちょっと気になったのがこちら。

イスラム系の婦人服のお店ですが、
手前に見えるのはカラフルなスカートかなあ、
と思ったら、頭にかぶるヒジャブのようでした。

スカーフのような単なる布ではなく、
スカートのように筒状になっていて、
おでこの部分にはゴムが入っているようです。

後に訪れたマレーシアでもヒジャブを観察してみましたが、
帽子のツバのようなものがあったり、立体縫製されていたり、
いろいろと工夫されているようでした。

ブルネイ36

さて、オールドモスクです。
正式名称は、スルターン・オマール・アリ・サイフディーン・モスク。

ブルネイ37

入口。

一般人が入れる曜日と時間帯は予め決められてます。
私が訪れたのはちょうど入れる時間帯だったので、
モスクの中も見学させてもらえました。

建物の前の階段で靴を脱いで、受付のノートに記帳して、
用意された黒のガウンを着込んで見学です。

ただ、不思議に思ったのは、黒のガウンを着る場所。
建物の中に入ってからで、礼拝所はもう見えています。
ここってもうモスクの中じゃないの?
普段着の女性を中に入れてもよいものなの?
と思ってしまいました。

礼拝所は撮影禁止なので写真はないですが、
外観と同じく真っ白で、シンプルでした。

せっかくなのでモスクの敷地内を一周してみました。

ブルネイ38

オールドモスクにはラグーンがあり、
船が浮かんでいました。
ここはライトアップされると素敵な場所です。
夜に再び訪れました。(その時の写真は後ほど)

ブルネイ39

モスクの横側から。
高い塔は登れないんですかね。。

ブルネイ40

オールドモスクの近くで見つけた派手な建物。
ピンクの壁に、大きな壁画が架かってます。

帰国後に調べてみたら図書館でした。
託児所みたいに子供を預ける母親もいるとか。。

ブルネイ41

バスターミナルにやってきました。

余談ですが、マレー語では、BUS は BAS です。
ブルネイの後にマレーシアも訪れたので、
マレー語の看板を1週間以上見ていたのですが、
英語をそのまま持ち込んだと思われる単語のつづりが、
微妙に英語と違っていて面白かったです。

以下にちょっとだけ、ご紹介。

英語 Restaurant マレー語 Restran
   Captain        Capten
   Central        Sentral
   Museum        Muzium
   Computer Komputar
Camera Kamera

英語が苦手な人が書いた単語にしか見えませんね。。。
イギリスの植民地だった場所なので英語普及率は高いのですが、
文字を書くのは苦手だったんでしょうか??

ブルネイ42

さて、バスですが、意外とたくさんの路線がありました。

ブルネイ43

バスは大きなワゴン車です。

時刻表はなく、8割方座席が埋まった頃に運転手がやってきて、
車掌さんが運賃回収にまわって出発です。

ブルネイ45

観光客に便利な1番バス(サークルライン)は
定額運賃の1ブルネイドルでした。

ブルネイ44

到着したのは通称ニューモスク。
正式名称はジャメ・アサール・ハサナル・ボルキア・モスク。

国王が8年かけて建てた巨大な建築物です。
総工費は500億円とか。

ブルネイ49

綺麗な芝生に、ヤシの木。
南国らしい公園です。

ブルネイ46

素敵な曲線を描く階段。

オールドモスクは白一色でしたが、
こちらはブルーのタイルのモザイク柄。

ブルネイ47

注意事項が書かれた看板。

こちらも、この看板に書かれた時間帯であれば、
一般の観光客も中に入れます。

ただし、入口はこの素敵な階段の場所ではありません。
この階段は国王用なのでしょうか?

ブルネイ48

礼拝堂の上にある金色のドーム。

ブルネイ50

もう1つ入口が見えてきました。
こちらから入ります。

オールドモスクと同様、受付で記帳して、
黒いガウンを羽織って入ります。

撮影禁止なので写真はないのですが、
階段には豪華なシャンデリアが吊り下げられてました。
5,000人が入るという礼拝堂はやたらと広く、
ひとまわり小さい女性用の礼拝堂もかなりの広さでした。

ただ、外観がとても派手な割には、
礼拝堂の中は意外とシンプルでした。

ブルネイ51

ニューモスクを出た後、信号のない大通りを渡ったら、
広い駐車場と小高い丘が見えたのでやってきました。
こちらは丘の上。どうやらお墓のようです。
お墓マニアなわけではありませんが、
旅先では何故かよくお墓に遭遇します。

ブルネイ53 ブルネイ54

イスラム系の庶民のお墓でしょうか?

バスタブみたいな石の中に土が敷き詰められ、
そこに小さな標が立ってる不思議な形。
お墓は家と一緒で、土地によって形が違って面白いです。

ブルネイ52

大きなショッピングモールやホテルのあるガドン地区へ
歩いていこうと思ってましたが、見事に迷いました。
信号がなく、交差点が円形サークルとなっていた五差路で
間違ってしまったようです。

上の写真は、迷いこんだ Kiulap という地区です。
大通り沿いには電化製品を売るお店が連なっていて、
この裏手にもお店が並んでいました。
大学やオフィスもあるようで、つくばみたいな感じでしょうか。

オールドモスクの近くの市街地は閑散としてましたが、
こういう町が郊外にいくつも出来たからですかね。

ブルネイ55

近くで見つけたバス停。路線図も書かれてました。

綺麗なショッピングセンターを見てもねえ、と思い、
ガドン地区を諦めて、バスで帰ることにしました。
(そもそも郊外の大通りを歩いている人は皆無ですし、
 大通りのお散歩は全然楽しくないので)

ただ、バスが全くやってきません。

すると、通りを走る車が停まり、
乗ってかないか、と声を掛けてきました。
最初に待っていた男性は、そのまま車へ。
私は躊躇して、断りました。

次に若い女の子がバス停にやってきて待っていると、
またまた車が停まって、乗っていかないかと。
車の中はおばちゃん2人組。怪しさは全くありませんが、
なんとなく躊躇って断りました。女の子は車に乗車。

うーん、車社会でバスの本数が少ないブルネイでは、
親切な市民が車に乗せてあげるのが普通なんでしょうか?
裕福な国で、教育費も医療費も無料で、税金もなく、
みな心に余裕があって安全な国と聞いてましたが、
まさしくそれを実感しました。

30分ほど待って、ようやくやってきたバスに乗車。
車掌さんはおらず、運賃はいつ払うんだろうと思っていたら、
目的地に近づいてきてしまったので、運転席に近づき、
停めてもらいました。運賃は2ドル弱だったような。。

ブルネイ56

さて、やってきたのは、ロイヤル・レガリア。
王室博物館で、宝飾品や、各国から贈られた贈答品、
国王のパレードの様子などが紹介されている施設です。

入口で靴を脱ぎ、持ち物は全てにロッカーに入れ、
館内は写真撮影禁止です。なので写真はありません。

ブルネイ57

館内の見取り図。

中はとにかく広く、豪華でした。見ごたえは抜群。
しかし、冷房が効き過ぎていて震えました。
15度くらいに設定しているんじゃないかと思うほど。
あんなに寒くなかったら、もう少しゆっくり見ていたのに。
カーディガンだけでなく、セーターも。
そして靴下も必須の場所だと思いました。

ブルネイ58

ロイヤル・レガリアの向かいにあった国会議事堂。
やたら広くて、旗がたくさん立っていたので、なんとなく撮影。

昼のブルネイ観光はこれにて終了。
早朝の大雨でどうなることかと思いましたが、
昼過ぎにはすっかり雨が上がり、快晴に。
日傘が必要なほど強烈な太陽光を浴びて疲れたので、
日が暮れる前にホテルに戻って休憩しました。

ガドン地区へは行けなかったですが、それ以外は、
観光名所らしき場所はほぼこれが全てかと。
ブルネイ観光には2日以上必要なし、という人が多いですが、
それを信じて観光を1日のみにしたのは正解でした。

面白かったのは水上集落ぐらいかなあ、というのが本音だったり。。
(モスクは他の国でも見られますし。)
関連記事

【2013/09/08 23:20】 | ブルネイ_2013.09
トラックバック(0) |
訪れたブルネイの首都バンダルスリブガワンの
市街地の様子をちょっとご紹介。

ちなみに、ブルネイは国全体で人口は40万人。
首都バンダルスリブガワンは人口14万人です。
日本の三大都市圏以外の県庁所在地ではない市レベルだと思います。

ブルネイ64

バンダルスリブガワンの市街地の東側を流れる川。
この川の向こうにモーニングマーケットがあります。
水上集落へ行く水上タクシーも停まっている場所。
川沿いは散歩しやすいよう整備されていました。

とは言え、歩いている人はほとんどいなかったです。
車社会の町なので、町中を歩く文化がないのかも。

信号も少なくて、歩行者用の信号機は押しボタン式。
でも壊れていたようで、押しても全く青にならなかったです。
諦めてタイミングを見て、道路を渡りましたが、
車は歩行者を優先してくれました。

ブルネイ61

こちらは市街地の南側を流れる大きな川沿い。

公園のようになっていて、
オシャレなレストランも数軒並んでましたが、
土曜日の午前は開店しておらず閑散としてました。

ブルネイ62

川の向こうに見えるのは水上集落です。
水上タクシー乗り場も近くにありました。

ブルネイ60

川沿いの広場から大通りを。

オフィスビルでしょうかね。
1階はレストランや雑貨屋さんが入ってました。

ブルネイ63

こちらも大きな建物。
中央に入口があったので入ってみました。

ブルネイ65

中はずいぶんと老朽化してました。

写真の正面に写っているのはスーパーマーケット。
低層階はショッピングエリアのようで、
中央にエスカレータがありました。

首都の中心地だからか、オフィス街といった雰囲気で、
オフィスビルの低層階にお店が地味に入っているだけで、
お買い物や街散策が楽しめるような街ではなかったです。

ブルネイ67

通りかかって気になった場所。
一体何屋さんなんでしょう?

朝、昼、夜と何度も通りかかりましたが、
お店が開いている時間帯はずっとこの状態。
お店が閉まった夜でも、数人いました。
何を待っているのでしょうか?

ブルネイ66

オールドモスク近くの競技場からビル群を眺めて。
20階くらいの高さのビルもいくつかありましたが、
ほとんどは10階未満の高さで、どれも古びてました。
テナントが入っていないビルもあったりして寂れてました。
新しく出来た郊外の町にお客を奪われてしまったようです。

ちなみに、競技場では制服を着た集団(軍隊?)が
行進の練習をひたすらしてました。
国王主催のイベントでもあるのでしょうか?

ブルネイ68

郊外へ向かう大通り。
夜はライトアップされていました。

ブルネイ71

ロイヤル・レガリア近くの公園。

ホテルのスタッフの人から地図を貰う時に、
ナイトマーケットがあると教えてくれたので、
行ってみましたが、どう見ても普通の公園です。
木が生い茂るばかりで薄暗いのですが。。

ブルネイ70

恐る恐る灯りの方に近づいてみたら、
レストランが並んでいました。

ブルネイ69

さらに進むと、オープンエアのフードコート。

ナイトマーケットという言葉には違和感がありますが、
夜に開いているレストランは少なそうだったので、
フードコートは貴重なのかもしれません。

ブルネイ72

オールド・モスクもライトアップ中。

ブルネイ73

ラグーンの方から眺めると、
グリーンの船が幻想的でした。

ブルネイ74

オールドモスク近くのヤヤサンSHHBコンプレックス。

昼に訪れた東側の建物はテナントが入ったショッピングモールでしたが、
西側の建物はイトーヨーカドーみたいな総合スーパーでした。

ブルネイ75

エスカレーター付近は豪華。

電化製品や家具、スポーツ用品売場などがありましたが、
私が一番驚いたのは電化製品売場で見た加湿器。
冷たいミストが出ていたので加湿器だと思うのですが、
何故熱帯雨林気候の国で加湿器が必要なのでしょう?
いくら冷房がきつくても乾燥はしないような気が。。
そういえば、ロイヤルブルネイ航空の機内でも、
冷たいミストが噴出してました。

ちなみに、このヤヤサンの2つの建物は地下で繋がっていて、
地下には結構広いスーパーマーケットがありました。
夜10時まで開いているので便利そうです。

ブルネイ76

ヤヤサンの中にあったフードコート。

写真には一部のお店しか写っていませんが、
お店は十軒ほど並んでいました。

マレーシア料理、ローストチキン、飲茶、韓国料理など、
いろんな料理のお店が並んでいて良かったです。

ブルネイ78

奥のお店では生簀も置かれてました。
この中から魚を選んで調理してもらうのでしょうか?

ブルネイ79

フィリピンのファーストフード店ジョリビーが、
ヤヤサンには入っていました。

この町で見かけた唯一のファースフード店です。
マクドナルドもケンタッキーも見かけませんでした。
(郊外のモールにはマクドナルドはあるようですが)

他国のファーストフード店が進出してくる前に、
ジョリビーが先行してやってきたのでしょうか。
空港にもジョリビーがありました。

ブルネイ80

こちらは、The Coffee Bean & Tea Leaf。

日本では見かけませんが、アメリカ発祥で、
世界展開しているコーヒーショップのチェーンです。
(この後に訪れたマレーシアでよく見かけました)

ブルネイではスタバ等を見かけなかったので
こちらがブルネイ唯一のコーヒーショップかもしれません。
ちなみに、こちらのお店もジョリビー同様、空港にもありました。

ブルネイ81.

夕食後、ホテルへ帰る途中、
突然のスコールに見舞われたので、
雨宿りがてらに入りました。

冷房効き過ぎの店内は現地の人ばかりで、
屋外の軒下はWIFI目当ての外国人が多かったです。

現地の人達は友達同士や家族連れがほとんどで、
夜のカフェとは思えない雰囲気。
子供が騒いでいても誰も注意してなくて驚きました。

(ちなみにマレーシアでは、スタバやこちらのお店は、
 コーヒー1杯がかなり高めな価格設定に思えたのですが、
 ブルネイでは普通の価格でした。
 その国の物価を無視して、世界各国ほぼ同じ価格だから、
 私がそう感じただけかもしれませんが)


以上、ブルネイの首都バンダルスリブガワンの風景でした。
関連記事

【2013/09/08 23:55】 | ブルネイ_2013.09
トラックバック(0) |
ブルネイの観光はたった1日。
翌朝には、もうブルネイを出発です。

ブルネイ→マラッカ1

ホテルの無料送迎で空港にやってきました。

到着したときは暗かったのでわからなかったですが、
こうして見ると、外観は美しいガラス張りでした。

しかし、出来上がっているのは外観だけ。
建物はまだ工事中で、ターミナルへの出入口は、
両側の壁際は通行禁止で、ビニールで覆われていました。

ブルネイ→マラッカ2

出発ターミナル。

2階にジョリビー等のレストランが数軒あるだけで、
お土産屋さんとかは全く見かけなかったです。
一国の首都の国際空港とは思えないほど小さな空港でした。

ここで注意点が1点。
エアアジアの航空券で、事前にウェブチェックイン済で、
預け荷物がない場合、他の空港ではチェックインは不要ですが、
こちらの空港ではどんな航空券であってもチェックインが必要で、
その際に出国税12ドルを支払います。
現金でしか受け取ってくれないので、12ドル分は手元に残しておかないと、
ATMへ走る羽目になるので、ご注意を。
(そんな目に合ってる可愛そうな日本人を見かけました)

ブルネイ→マラッカ3

出国審査を通って、搭乗口のフロアへ。

ここも、2階のレストラン1軒と、小さな雑貨さんのみ。
余ったブルネイドルを使い切ろうと思っていたのに、
使い道がなかったです。

ブルネイ→マラッカ4

搭乗口のあるフロアから地下に降りたら、
イスラムの国らしく、お祈りの部屋がありました。

ブルネイ→マラッカ5

トイレには、シャワールームも。
無料でシャワーが浴びられるのは良いですね。

ブルネイ→マラッカ6

トイレの向かいにはカウンター。
奥のドアは客室になっているのでしょうか?
誰も人がおらず、何も案内が置かれてなかったので、
ホテルとして営業しているかどうかは不明でしたが。

ブルネイ→マラッカ7

ロイヤル・ブルネイ航空の機体が停まってました。

ブルネイ→マラッカ8

そして、エアアジアも30分遅れでやってきました。

ブルネイ→マラッカ9

到着に合わせて作業員が飛行機に近づきます。

到着前に作業員が続々と集まってきて準備をして、
いざ到着したら、それぞれの持ち場で作業する姿を
間近で見られて面白かったです。

ブルネイ→マラッカ10

乗客と荷物を下ろしている様子。

機体からは小さなダンボールがたくさん下りて来ました。
輸入業者が商品を持ち込んでいるような感じでしたが、
何故小さな箱のままなんだろう?大きな箱に入れないんだろう?
何故預け荷物が有料のエアアジアで運ぶのだろう?
などと疑問がたくさん浮かびました。

ブルネイ→マラッカ11

エアアジアは機体が空港に到着して、
その25分後にはもう空の上にいました。
LCCの機体は空港での滞在時間が短いのが素晴らしいです。

(余談ですが、エアアジアのCAさんの制服がラフで驚きました。
 エアアジアカラーの真っ赤な半袖のシャツにスリムジーンズで、
 まるでスポーツバーの店員さんのようでした。)

ブルネイ→マラッカ12

クアラルンプール国際空港に到着です。
向こうに見えるのは行きのJAL便で到着した、
円形のサテライトターミナルでしょうか?

ブルネイ→マラッカ13

管制塔があるのは国内線ターミナルですかね。

ブルネイ→マラッカ14

マレーシア航空の機体も見えました。

さて、上2つのターミナルはクアラルンプール国際空港の、
通称KLIAと呼ばれるレガシーキャリア向けのターミナルです。
エアアジアはこれらのターミナルは使用せず、
LCCTと呼ばれるLCC専用ターミナルに到着します。

ブルネイ→マラッカ15

到着しました。LCCTにはボーディングブリッジがないため、
自分で階段を降ります。

ブルネイ→マラッカ16

倉庫みたいなLCCTの国際線ターミナル。

ブルネイ→マラッカ17

この通路をひたすら歩いて、ようやく入国審査へ。
通路がとにかく長くて、重い荷物持っている人は大変そうでした。

ブルネイ→マラッカ18

空港からはこちらのバスでマラッカまで移動です。

バスターミナルは空港を出て左に進んだら見えましたし、
このバスも停まっていたので分かりやすかったのですが、
大変だったのはチケットを買うことでした。

チケット売り場が見つからず走り回ってしまいました。
空港のインフォメーションの人に聞いて見つけましたが、
チケット売り場があったのは国内線の到着ターミナル。
しかも、制限エリアの中。
出口専用、入場禁止と書かれ、ガードマンも見張っているのに、
中へ入っていかねばなりません。
えっ?と一瞬怯みましたが、バスチケットを買う旨を告げて、
中に入って、チケットを買ってきました。

うーん、国際線で到着した人がバスでマラッカに行くケースは
少ないのでしょうか?
羽田からエアアジアで到着する日本人も多そうなものなのに。。

ブルネイ→マラッカ19

購入したチケット。

LCCTからマラッカへはトランスナショナル社のみの運行。
ライバルがいないためか、他の路線に比べて割高です。

ブルネイ→マラッカ21

バスターミナルの先にはフードコートがありました。

ブルネイ→マラッカ20

フードコートの中の様子。
大きな荷物を持ったお客さんで賑わってました。

ブルネイ→マラッカ23

チキンが売りのお店や、魚料理が豊富なお店など、
数軒並んでました。

ブルネイ→マラッカ22

バスの待ち時間を利用して、ランチを。
見た目はイマイチですが、野菜料理と魚料理とサラダを
指差し注文して、10RMほどだったかと。

そういえば、ドリンク売場もあったのですが、
売っているのはジュース類とコーヒーのみ。
ブルネイ帰りでビールが飲みたかったのに、
店員さんに聞いたら、鼻で笑われてしまいました。
マレーシアもイスラムの国なので、
ビールを飲む人はあまりいないようです。

ブルネイ→マラッカ24

さて、マラッカ行きのバスの車内です。
前の方は左右に2席ですが、後方は一人席が3列です。

ブルネイ→マラッカ25

後方の一人席。通路も広々。

私は行きも帰りも一人席の窓際だったので良かったですが、
中央の席は景色が楽しめずにつまらないかも。

ブルネイ→マラッカ26

座席を横から。

前後のスペースもかなりゆったり。
大きな荷物はバスの下に入れられますが、
バックパックならば足元でも充分に置けました。

ブルネイ→マラッカ27

あっという間に満席へ。

1時間おきに便があったので、
私は1本遅い便のチケットを購入しましたが、
その選択は正しかったかも。
ギリギリだったら買えたかどうか。。

そんなこんなでバスは時刻表どおりに、
マラッカへ向けて出発しました。
関連記事

【2013/09/09 20:01】 | ブルネイ_2013.09
トラックバック(0) |
クアラルンプール国際空港のLCCターミナルを出発したバスは、
同じ空港のレガシーキャリアが発着するターミナルに立ち寄った後、
2時間ちょっとでマラッカに到着しました。

マラッカ1

マラッカのセントラルバスターミナルが見えてきました。

こちらのバスターミナルは空港のように大きくて驚きました。

マラッカ3

バスターミナル内はお店がたくさん。

マラッカ7

外光がブルーガラスを通るので、
怪しい雰囲気になっているエリアも。

マラッカ2

さらに進むと、駅に隣接する地下街みたいな
ショッピングゾーンもありました。

マラッカ9

往路のバスが混雑していたので、
復路のバスチケットを先に購入しておきます。

バスターミナル内には2つのターミナルがあって、
こちらは郊外行きのターミナルです。
多くのバス会社のチケットブースが並んでました。

特にクアラルンプール行きは運行している会社が多いようで、
価格競争が激しいのか、運賃はなんと空港行きの半額でした。
(空港はマラッカとクアラルンプールの間に位置しているので、
 マラッカからクアラルンプールへは空港より遠いはずですが)

マラッカ5

待合室はチケットブースの裏側。

クアラルンプール国際空港のサテライトと似た造りで、
円形の建物の中央が空洞で、森のようになっていました。
空港を真似て造ったのでしょうか?
(ちなみに、クアラルンプール国際空港のターミナルの設計は、
 日本人の黒川紀章氏だそうです)

マラッカ8

こちらは市内行きのターミナル。
郊外行きのターミナルと同じ造りです。
違いはチケットブースがない点だけですかね。
なので、看板をよく見ないと間違えてしまうかも。

マラッカ6

セントラルバスターミナルからマラッカ市街へはこちらのバスで。

上の写真は帰りに撮ったので、こんな場所に停まってますが、
乗車はターミナルの待合室の目の前でした。
バスの前面ガラスに行き先がきちんと表示されているので、
間違うこともありません。

マラッカ10

バスの車内。新しくて綺麗でした。

乗車時に運転手さんに行き先を告げると、
運賃を教えてくれるのでそれを支払います。

マラッカ11

バスターミナルからマコタパレードまでは、
1.30RM(約40円)でした。

バスがほぼ満員になったところで出発。
ターミナルから観光名所の中心オランダ広場までは
十数分ぐらいだったような。
運転手さんが案内したら、観光客がどっと降りていきました。
私はその先、マコタパレード前で下車してホテルへ向かいました。

※1泊目に宿泊したのはDreamz Hotel。詳細はこちら(→blog)

マラッカ12

ホテルはオランダ広場から歩いて5分ほどの、
ムラカラヤ地区です。
周辺はショップハウスが立ち並ぶ素敵な町並みでした。
(天気が悪いため、写真写りはイマイチですが)

マラッカ13

カラフルにペイントされたショップハウスも。

レストランやゲストハウスになっていました。

マラッカ14

オランダ広場に近いエリアはシックな色合いで、
ヨーロッパみたいです。

マラッカは古くから港湾都市と発展した町で、
ポルトガル、オランダ、イギリス、日本に占領された過去があり、
中国系やインド系の住民も多い他民族の町。
さまざまな影響を受けて作られた美しい町並みは、
2008年に世界遺産に登録されました。

マラッカの町が面白かったのは、
ムラカラヤのような西欧風な町だけでなく、
サーモンピンクのオランダ広場もあれば、
黒塀で派手な装飾のチャイナタウンもあったこと。
しかも、それらが全て歩いて回れる範囲にあるのです。

そして、ムラカラヤ地区のすぐ隣はショッピング街。
観光客向けのエリアと、住民向けの繁華街が隣接していて、
なんて観光に便利な町なんだろうと感動しました。

マラッカ15

マラッカ川の河口付近。

世界遺産に登録された後に、
川の両岸は綺麗に整備されたようで、
お散歩の楽しい川でした。
(別の記事で詳しく書くつもりです)

マラッカ16

マラッカ海峡。

残念ながら天気が悪くて夕日は見えず。。
滞在期間中は雨季だったせいで、
昼間は晴れていても、夕方は雨が多く、
綺麗な夕日は見られませんでした。

マラッカ18

マレーシアの伝統的な家屋を模した立派な建物。

何の建物だろうと思ったら、
こちらの入場券売場でした。

マラッカ17

マラッカタワーです。

タワーにはリング状の展望室が付いてます。
ガラス張りの展望室は回転しながら、
タワーを登っていきます。
(天気が悪かったので乗りませんでしたが)

マラッカ19

マラッカタワーの隣には大きなショッピングセンター。
まだ建設途中のようでした。

が、建設中の建物の隅にあった階段を下ったら、
地下街は既に営業していました。

マラッカ22

世界遺産の観光地のすぐ近くに、
こんな地下街があるなんて驚きました。

マラッカ35

雑貨屋さんや洋服屋さんが並ぶ地下街の中、
HERITAGE GALLERY と看板が出ている入口が。

マラッカ34

中に入ると、狭い通路の両側には、
お菓子や乾物、お土産を売る小さなお店。
東南アジアらしい市場みたいな雰囲気です。

もしかして、以前はこの場所に大きな市場があって、
再開発で新しいショッピングセンターを建てる際、
立ち退いたお店をここに集結させたんでしょうか?
あくまでも想像ですが、何となくそんなことを思いました。

マラッカ25

地上に戻ると、広場でイベントが行われてました。

マラッカ20

広場の奥にもショッピングセンター。

後で分かったことですが、
建設中の建物も、その地下街も、
そして、広場の奥のこの建物も、
全てダタラン・パラワン・メガモール。
地下街はこの建物まで繋がってました。
メガモールの名にふさわしい巨大さです。

マラッカ21

中は、ユニクロのようなカジュアル系ブランドが
数店舗入っていて賑わってました。

マラッカ26

上階にあったフードコート。
ここが面白かったです。

マラッカ27

薄暗い照明で、レトロな雰囲気を醸し出してますが、
マラッカのチャイナタウンにあるジョンカー通りの
昔の様子をイメージして作られたとのこと。

日本で言えば、新横浜ラーメン博物館みたいな感じでしょうか。

マラッカ30

レトロなポスターも飾られてました。

ポスターは中国語だったり日本語だったり。
マラッカで日本語が普及していたとは思えないのですが、
このポスターは一体どこに貼られていたものなのでしょう?

マラッカ29

フードコートの上は巨大なゲームセンター。

さらに上階には映画館があったり、カラオケ店があったり、
一大エンターテインメント空間となってました。

マラッカ28

隣のビルと繋がる連絡路から東側を眺めて。

再開発されたショッピングエリアはここまでで、
奥はレトロなショップハウスが並んでました。

マラッカ23

こちらは、ダタラン・パラワン・メガモールの
建設中のビルの南側にあるマコタパレード。

市街地の中心にある百貨店にも関わらず、
駐車場が広いのは、ここが車社会だからですかね。

ベトナムはバイクや自転車が大量に走ってましたし、
タイではトゥクトゥクも頻繁に見かけましたが、
マレーシアはブルネイと同様、自転車やバイクは少なく、
道路上は車ばかりでした。
それらの国とは町の発展の仕方が違うんでしょうね。

マラッカ24

マコタパレードの中はごく普通の百貨店で、
一部エリアは中国系の百貨店パークソンでした。

マラッカ31

ダタラン・パラワン・メガモールの北側には、
オレンジ屋根の西欧風の建物が並んでました。
屋根の上に小さな十字架が見えますが、
キリスト教系の学校とかでしょうか?

マラッカ32

こちらも素敵な建物。

SEKOLAH と看板があるので学校ですかね。
先ほどの写真の学校と同じだとすると、
幼稚園から高校まである一貫教育の学校とか?

マラッカ33

こちらは病院のよう。
この病院も学校に関係あるのでしょうか。


そんなわけで、宿泊したホテルのある
ムラカラヤ地区をぐるっと一周してみました。
可愛いショップハウスが残るエリアと、
再開発エリアが同居していて面白かったです。
関連記事

【2013/09/09 23:55】 | マレーシア(マラッカ)_2013.09
トラックバック(0) |
宿泊したホテルには自転車が用意されていて、
半日10RMでレンタル出来たので利用してみました。

マラッカ40

自転車はこちら。

新しいホテルなので、自転車も新しく見えたのですが、
乗り心地はイマイチでした。
ボロくもないのに、一体何が駄目なんでしょう?

マラッカ36

さて、こちらはホテルの近くの大通り。
見えるのは、建築中のダタラン・パラワン・メガモールです。

幹線道路はこんなに広くて5車線もあるというのに、
なんと片側一方通行なのです。驚きました。

マラッカの後に訪れたジョージタウンもそうだったのですが、
幹線道路は広くて車線も多いのに一方通行ばかりで、
代わりに信号がほとんどなくて、スムーズに流れてました。
渋滞を回避するための施策なのだとは思いますが、
道を知らない観光客にとっては難易度が高かったです。

こんなに広い道で車の往来が激しくなると、
右側の車線から左側へは行けません。

マラッカ37

なので仕方なく、海側へ右折して隣の大通りへ。

この大通りも謎な作りをしてました。
一番左はまっすぐしか進めません。
その隣にあるのが本通りでしょうか?
うーん。。

マラッカ38

大通りに苦戦したので、1本奥の通りへ。

ショップハウスのような同じ高さの建物が並んでますが、
かなり老朽化してます。
閉店しているショッピングセンターもありました。
近くの再開発エリアに負けてしまったのでしょうか。

さて、細い通りに入ったはずですが、
ここも一方通行でした。
この後、しばらく一方通行に苦戦しました。

一方通行がずっと同じ方向に続くのならわかり安いのですが、
利便性を考えてか、1ブロックごとに交代しているようで、
通りの進行方向は8の字型になっているのです。
なので、ただまっすぐ進みたいだけなのに、
強制的に曲がらされて、目的地に辿り着かないのです。

そんなわけで、ポルトガル人の末裔が暮らしている
ポルトガル村へ行くのを断念しました。

(後から地図で通りをきちんと確認したら、
 ちょっとの大回りで行けたはずなのですが、
 強制的に曲がらされた道がどの程度か分からず、
 諦めてしまいました。)

マラッカ39

途中で見かけた鮮やかなブルーの家。
向かいにはオレンジの屋根が素敵な家。

ここがポルトガル村かな、と思いましたが、
違いました。残念。

マラッカ41

でも、せっかくなので、住宅街の中を進んでみました。
オレンジ屋根の低層住宅が並びます。
ヤシの木は南国っぽいのに、建物は西欧っぽくて、
不思議な調和でした。

マラッカ42

交差点に建つ青と白の建物。
警察のようですが、何故この色?
同じ色の奥のマンションらしき建物は何でしょう?

マラッカ43

何故かいつも気になってしまうお墓。
こちらはイスラム系みたいです。

マラッカ44

ブルネイで見たお墓とは違います。
墓標がただ挿してあるだけでシンプル。

マラッカ45

セント・ジョーンズ砦の入口。

交差点が丘に隣接していて、
いきなり看板が現われました。

マラッカ46

写真では分かりづらいですが、結構な坂道です。
自転車は押して進むしかありません。

マラッカ47

登りきったら、東屋でおじさん達がたむろしてました。

マラッカ50

階段の上に真っ白な砦が見えてきました。

マラッカ51

汗だくになりながら登りましたが、
大砲がいくつか置かれているだけでした。

マラッカ52

マラッカの町並みを見下ろして。
海沿いは高層マンションがたくさん出来てます。

セント・ジョーンズ砦を後にして、今度は北へ。

マラッカ53

通りに並ぶお店。
ここも2階建てで高さが揃っていて、
屋根や外観が統一されてます。

マラッカ54

これはバス停ですかね。
マレーシアらしい建物の屋根。
日本のバス停も和風建築にすればいいのに、
と思ってしまいました。

マラッカ55

中国らしい広場が見えてきました。

ここは、ブキッチナ(中国人の丘)の麓。
中国の明の時代にマラッカ王国に嫁いできた王妃に
与えられた丘なので、入口部分の広場も中国風なんですね。

マラッカ56

広場に登ってみましたが、塔があるだけでした。

マラッカ

広場の隣は、ポー・サン・テン寺院。

マラッカ59

お寺の中へ。

屋根には派手な装飾がありますが、
内部は開放的で比較的シンプルでした。

マラッカ57

お寺の隣にあるのは、スルタンの井戸。
干ばつでも水が枯れなかった井戸だそうです。

マラッカ60

お寺の脇には丘を登る散歩道がありました。
が、私はここからは登らず、車道をもう少し進むことに。

マラッカ61

再び、イスラム系のお墓を発見。

ここはブキッチナの麓だというのに、
中国人以外の墓地もあるんですね。

マラッカ62

セント・ジョーンズ砦の近くの墓地とは違って、
こちらはお墓1つ1つの境界がハッキリしています。
こちらの方が新しいのでしょうか。

マラッカ63

通りの右手側に小学校が見えてきて、
その門の横にも丘を登る散歩道がありました。
自転車を置いて、ここから登ってみることにしました。

マラッカ62

登山道を登っていく途中、
右手に何か見えました。

マラッカ63

これは一体なんでしょう?
お墓の近くにあるということは、
埴輪みたいなものでしょうか?

マラッカ66

丘の中腹、視界が開けてきたら、
いきなり大きなお墓が現れました。

この立派なお墓は中国から嫁いできた王妃の
親類とかのものでしょうか?

マラッカ67

芝生広場の一面にお墓がこんなにたくさん。

綺麗な整えられた芝生広場なので、
ピクニックに良さげな場所ではありますが。

マラッカ64

さらに上に登ってみます。

マラッカ65

ここが頂上ですかね。
だだっ広い芝生広場にお墓は点々。
やっぱり一番高い場所は一番偉い人なのでしょうか?
お墓自体は先ほどのものの方が立派でしたが。

マラッカ68

丘の上から見晴らし。
ショップハウスのオレンジの屋根が目立ってました。

マラッカ69

ブキッチナの丘を降りて、住宅街の中に迷いこみました。

こちらが一般的な住宅なのでしょうか?
隣の家と壁がくっついた作りは、
ベトナムのハノイでも見かけましたが、
こちらは低層の二階建て。
どの家も門の横に駐車場が付いてました。

マラッカ70

セント・ピーター教会に辿り着きました。

こちらは1710年にポルトガル人が建てた教会で、
東南アジアで現存する中では一番古いとか。

外観は柔らかなパステルカラーで可愛らしいです。

マラッカ71

礼拝堂の前には広場がありました。

礼拝堂はポルトガルっぽいのに、
広場はヤシの木があって南国ちっく。

マラッカ72

礼拝堂の中。
扉が開いていたので入ってみました。
木を多用したシンプルな内装で素敵です。

帰国後に調べてわかったのですが、
礼拝堂の祭壇の近くには、リアル過ぎて怖いという、
死せるキリスト像があったそうです。

礼拝堂は覗いただけで、祭壇近くまで行かなかったことが
悔やまれました。
(この教会はガイドブックに紹介されてなかったので見落としました)

マラッカ73

礼拝堂の手前にあった建物。
看板とかは見当たらなかったですが、
一体何でしょう。気になりました。

これにて約3時間のサイクリングは終了。
オランダ広場を通って、ホテルに戻りました。

マラッカ75

オランダ広場近くで見つけた自転車用の道。

しかし、自転車に乗っている人は全く見かけなかったので、
自転車の人向けではないかも。

マラッカ74

おそらく、こちらのトライショーのためのものかと。

※オランダ広場や派手なトライショーについては、
 こちらの記事(→ blog)に書きました。
関連記事

【2013/09/10 15:50】 | マレーシア(マラッカ)_2013.09
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。