世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は桜が早く散りすぎてしまいまして、
4月中旬ではもうどこも桜は終わっている状態。

せっかくの良い天気なので、どこかお花が見られないか、
と探して見つけ出したのがこちらでした。

あけぼの山農業公園(→ HP)です。
場所は柏や我孫子の北部。
茨城県との県境である利根川にも近く、
都内からすると、かなりの郊外です。

駅からは遠くて、車でしか行けない立地ですが、
イベント期間中は柏駅から臨時のシャトルバスが
出ているということで行ってきました。

あけぼの山農業公園2

公園の入口。

あけぼの山農業公園1

入口の横に広がる花壇。

あけぼの山農業公園5

花びらが開ききっている、
ちょっと変わったチューリップでした。

あけぼの山農業公園3

入口の門をくぐると、雑木林でした。
この林の中は無料で遊べるアスレチックで、
丸太で作られた遊具がたくさんあったのですが、
残念ながら半数ほどは壊れてました。
地震の影響が残っているのでしょうか?

あけぼの山農業公園4

林の中には滝と東屋も。

あけぼの山農業公園6

林を抜けたら、広場にたくさんのお店が並んでました。
チューリップフェスティバル開催中ではありますが、
こんなにたくさんお店があるとは思っていませんでした。
地元のレストランがたくさん出店しているようで、
どれもリーズナブルでよかったです。

写真は撮りそびれましたが、園内にはレストランもあって、
手ぶらで訪れてもバーベキューが楽しめるようでした。

あけぼの山農業公園7

広場を抜けて現われたのがこの光景。
パンフレットで見た写真どおりで感動です。

あけぼの山農業公園10

カラフルなチューリップがたくさん。

あけぼの山農業公園9

観光客も大勢訪れていました。

あけぼの山農業公園8

近づいて見ると分かるのですが、
チューリップの根本部分には
同系色の小さな花も植えられていました。

こうすることによって、チューリップの葉の緑や、
土の茶色を目立たせなくする効果があるのかも。
遠くから見て綺麗に見えるよう工夫されていました。

あけぼの山農業公園11

チューリップ広場の隣には畑。
この奥には市民農園が広がっていて、
野菜の直売所もありました。

あけぼの山農業公園12

芝生広場と、八重桜の通り。
通りにも屋台がたくさん並んでいて、
美味しくビールが飲めました。

あけぼの山農業公園13

公園に隣接する、布施弁天東海寺。
丘を登った場所にありました。

あけぼの山農業公園15

立派な本堂。

あけぼの山農業公園14

三重塔も。

事前情報なしで訪れたので、
お寺の立派さに驚きました。
1200年の歴史があるそうです。

あけぼの山農業公園17

お寺の正門である楼門。
竜宮城のような形をしてますが、
細かい木の彫刻もあるみたいです。

(階段の途中に門があって、混雑していたので、
 近くでじっくり門を見られなかったことを後悔。

あけぼの山農業公園16

お寺の鳥居は駐車場のある丘の下に。
鳥居の近くには入場無料の日本庭園もありました。

そして、公園の名前にもなっているあけぼの山へ。
山の頂上部分はソメイヨシノばかりで、
既に花は散っていて人気もまばらでした。

あけぼの山農業公園18

あけぼの山から芝生広場を。

あけぼの山農業公園19

そして、遠くにチューリップ広場。

全く期待せずに訪れた場所だったので、
チューリップ広場の美しさ、
お寺の立派さ、お店の多さ、等々
いろんな点に驚いて楽しめました。
関連記事
スポンサーサイト

【2013/04/14 22:40】 | 関東近郊
トラックバック(0) |
急に休みが取れたので、2泊3日の旅行へ行ってきました。

奈良市郊外サイクリング1

久しぶりに乗る東海道新幹線のぞみ。

うーん、のぞみってこんなにイマイチでしたっけ?
JR東日本の東北新幹線やスーパーひたちの方が
断然内装がオシャレ。のぞみはなんとなく古めかしい感じ。
しかも、座席の座面が前に出ないから乗りづらくて。
東海道新幹線はドル箱路線だから工夫しないんですかね。

奈良市郊外サイクリング2

京都駅に到着して、近鉄線に乗り換えます。

今回の旅行の行き先は修学旅行以来の奈良です。
新幹線往復と近鉄線のフリー切符と
ホテル1泊が付いたパッケージツアーが
安く販売されていたので決めました。

2泊目のホテルは個別に予約です。
ツアーの延泊プランを利用するよりも、
自分で予約したほうが選択肢が多くて安いですから。

それにしても、1泊3日の行程で、
新幹線の往復料金よりも安い価格で
ツアーを販売してくれることに感謝です。
(その代わり、早朝出発かつ夜遅く帰着ですが)

奈良市郊外サイクリング4

到着した近鉄奈良駅。
世界遺産の観光地とは思えないほど、
ショボイ駅で驚きました。

奈良市郊外サイクリング5

一応お土産屋さんらしきお店が並んでますが、
ほんの数軒。駅ビルも小さいですし、地下街もありません。
京都と奈良でこんなにも違うんですね。

奈良市郊外サイクリング3

奈良初日は、町をぐるりと回りたかったので、
レンタサイクルにしました。

近鉄奈良駅から歩いて数分の場所にある、
ヤマト観光レンタサイクルを利用しました。
自転車販売と駐輪場を営んでいるお店のようで、
駐輪場を利用するお客さんが頻繁に出入りしてました。
英語、中国語などのパンフレットもあり、
外国人の利用者も多いようです。

このお店の良い点は、1日500円という安さと、
24時間返却可能な点。駐輪場が開放されていて、
監視カメラが付いているから可能なようです。
お店の閉店時間を気にせずに借りられるのは有難かったです。

奈良市郊外サイクリング6

近鉄奈良駅から西へ向かうと、
広大な敷地の平城京跡です。

あまりに広くて、とても歩いていく気がしません。
自転車で良かったと思いました。
平城京跡は後回しにして、北へ向かいます。

奈良市郊外サイクリング7

法華寺。

国宝十一面観音菩薩で有名だそうですが、
訪れたときは公開期間ではなかったので、
素通りしました。

奈良市郊外サイクリング11

さらに北へ進むと、古墳のあるエリアへ。

奈良市郊外サイクリング8

東のウワナベ古墳。

古墳って、池のようなお堀に囲まれた中に
前方後円墳の小さな島があるだけなんですね。
当然ながら島には入れないので、
ただただ、お堀の周りを見るのみ。

奈良市郊外サイクリング9

西のコナベ古墳。
こちらも同様。広い池しか見えません。

奈良市郊外サイクリング10

2つの古墳の間には自衛隊の学校がありました。
フェンス越しに覗いてみたら、桜が綺麗に咲いていて、
航空機も数台ありましたが、一般公開はされていないんですかね。

奈良市郊外サイクリング12

コナベ古墳のすぐ北にある磐之媛命陵。
この先が参道で、進むと拝所があるみたいですが、
とても遠くに見えたので素通りしました。

それにしても、近鉄奈良駅から2,3kmしか離れてないのに、
広大な敷地の古墳が3つも残されていて驚きました。

奈良市郊外サイクリング14

古墳の周辺は歴史の道として整備されていました。

古墳を抜けると、周りは田園風景。
奈良市街からこんなに近いのにもう郊外。
奈良は町がとても小さいんですね。

奈良市郊外サイクリング15

平城京跡に戻ってきました。
正面に見えるのは第一大極殿の裏側。

奈良市郊外サイクリング16

第一大極殿の東側にある遺構展示館。
入場無料なので入ってみました。

奈良市郊外サイクリング17

平城京にあったと思われる建物の模型。

この他、発掘調査で発見された遺構が
そのまま残されているエリアもありました。

奈良市郊外サイクリング18

隣には宮内省を復元した建物。

奈良市郊外サイクリング19

綺麗な桜も咲いてました。

奈良市郊外サイクリング20

宮内省の塀の横に、平城京跡の看板。

この看板がないと、ここが平城京であることが分からないかも。
誰でも自由に出入りできる広い田園風景の中に、
いくつか建物が建っているだけですから。

奈良市郊外サイクリング21

平城京跡の東の端にやってきました。
ここは東院庭園の入口。こちらも入場無料です。

奈良市郊外サイクリング22

庭園へ。中央にある池、浅すぎて水たまりみたい。

奈良市郊外サイクリング23

角に建つ八角形の隅楼。

奈良市郊外サイクリング24

ぐるりと回ると、中央の建物は舞台みたいに。
奥にも橋と建物がありました。

庭園の木が全然育っていないためか、
なんだか殺風景に見えました。

奈良市郊外サイクリング25

東院庭園の奥には宇奈多理神社。
ここは復元ではなく、以前からあるのでしょうか?

奈良市郊外サイクリング26

平城京の南側は、なんと敷地内に線路があります。
ちょうど近鉄電車が通っていきました。
復元工事よりも先に線路を通してしまったのでしょうか?

奈良市郊外サイクリング27

平城京の正門である朱雀門。

奈良市郊外サイクリング28

朱雀門をくぐって北側を望むと、
目の前に線路、その奥に広い敷地が見え、
一番奥の第一次大極殿まで見晴らせました。

奈良市郊外サイクリング29

平城京の中心部。
ここはどこ?って感じの草原。

家族連れが木陰でお弁当を食べていたりして、
のどかな風景が広がってました。

奈良市郊外サイクリング30

回廊に囲まれた第一大極殿を正面から。

奈良市郊外サイクリング31

平城京跡の西端には平城京跡資料館。
こちらも入場無料で、意外と見どころが多かったです。

奈良市郊外サイクリング33

建物の模型。時代の比較。

奈良市郊外サイクリング32

当時の宮廷の様子。
食事や着物などが展示されていました。

奈良市郊外サイクリング34

平城京跡資料館から第一大極殿を眺めて。
美しい田園風景ですね。

これで平城京をぐるっと一周見終わりました。

奈良市郊外サイクリング35

平城京から北へ行くと、
またまた古墳の密集地帯。
奈良市内には一体いくつ古墳があるんだか。。

ちなみに、この後ランチ休憩したのですが、
適当なお店が見つからずに困りました。
地方都市ではよく見る風景ですが、
大通り沿いのチェーン店しか見当たらないのです。
しかも、歩いている人を全く見かけませんでした。
観光地である奈良公園周辺は商店街などもあり、
お店も人も多いのに、ちょっと離れただけでこの状態。
車社会だから仕方ないのかもしれませんが、
観光客には全く優しくない、面白くない町でした。

奈良市郊外サイクリング36

次はサイクリングロードに沿って南へ。

奈良市郊外サイクリング37

秋篠川沿いは自転車道と歩道が整備されていて、
公園などもありました。

奈良市郊外サイクリング38

到着したのはこちら。
薬師寺。世界遺産です。

奈良市郊外サイクリング39

中門は左右に回廊が伸び、
仁王像が待ち構えてました。

奈良市郊外サイクリング40

中門をくぐると、正面にどーんと金堂。

奈良市郊外サイクリング41

金堂の中には国宝の薬師三尊像。
(残念ながら撮影禁止)

奈良市郊外サイクリング43

逆行だったので、裏手から金堂と西塔を。

ちなみに国宝の東塔は解体工事中で非公開でした。

奈良市郊外サイクリング42

金堂の北側にある大講堂。

奈良市郊外サイクリング48

東の回廊の外にある東院堂。

回廊の外ですし、地味な建物なので、
通り過ぎてしまいそうになりましたが、
国宝の聖観世音菩薩、四天王像などが並んでました。

奈良市郊外サイクリング47

北にある興楽門から一旦外に出ました。
南門から入ってしまいましたが、
駅に近いこちらの門の方が正門かも。

奈良市郊外サイクリング44

薬師寺を一旦外に出て、北へ進むと、
こちらの入口に到着しました。
この奥の玄奘三蔵院伽藍も公開されていて、
薬師寺の入場料に含まれていました。

奈良市郊外サイクリング45

玄奘三蔵院伽藍の入口の礼門。

奈良市郊外サイクリング46

回廊の中央にあるのが玄奘塔。
中には玄奘三蔵像があり、
回廊奥には壁画がありました。

奈良市郊外サイクリング49

薬師寺を南門から出て、駐車場の方へ行く途中に、
孫太郎稲荷神社を通りました。

奈良市郊外サイクリング50

駐車場の目の前は休ヶ岡八幡宮でした。

薬師寺の散策を終えて、再び自転車で移動します。

奈良市郊外サイクリング51

次は唐招提寺へ。自転車ならば薬師寺からすぐです。

薬師寺とは全く趣きの異なるお寺でした。
境内に派手な建物が立ち、仏像などが有名な薬師寺に対し、
こちらは境内全体が緑に囲まれて、建物もとても地味で、
ひっそりと静かに佇んでました。
観光地としてではなく、気軽に何度も立ち寄りたくなる、
そんな雰囲気でした。

奈良市郊外サイクリング52

南大門をまっすぐ進むと国宝の金堂。
中には薬師如来や千手観音像がありました。

奈良市郊外サイクリング54

金堂の裏手にある国宝の講堂と、右は礼堂。
講堂にも多くの仏像がありました。

奈良市郊外サイクリング53

校倉造りの倉庫である宝蔵と経蔵。

奈良市郊外サイクリング55

境内の東端にある蓮池。

奈良市郊外サイクリング56

境内の奥にある醍醐井戸と美しい藤棚。

奈良市郊外サイクリング57

境内の東奥は林になっていました。
この奥に鑑真の御廟があるようです。

奈良市郊外サイクリング58

御廟の門から。
苔の美しい林が続いています。

奈良市郊外サイクリング59

御廟は堀に囲まれていました。

奈良市郊外サイクリング60

御廟のお堀をぐるりと回ってみたら、
裏手は美しい苔のお庭。素敵でした。

奈良市郊外サイクリング61

最後に南門近くの林越しに金堂を。
緑の多いお寺は良いですね。

奈良市郊外サイクリング62

帰りも秋篠川サイクリングロードを。

奈良旅行の初日の散策はこれにて終了。
自転車を返して、ホテルに向かいました。
それにしても、強い日差しの中のサイクリング、
4月でも日焼けにやられて大変でした。
関連記事

【2013/04/19 20:08】 | 奈良・吉野_2013.04
トラックバック(0) |
奈良を訪れたのは4月中旬。
標高の高い吉野はちょうど桜シーズン。
ということで、足を伸ばしてみました。

吉野へは近鉄電車です。
近鉄奈良線で大和西大寺駅まで、そして、
近鉄橿原線で終点の橿原神宮前駅へ。

奈良・吉野の散策1

橿原神宮前駅からは近鉄吉野線に乗り換えですが、
乗り換えホームにはこんな電車が泊まっていました。

奈良・吉野の散策2

吉野だけでなく、近鉄沿線の観光地が
いろいろと紹介されていました。

(なお、近鉄吉野線はこの電車ではなかったです)

奈良・吉野の散策3

吉野駅に到着です。

たいして時間は変わらないので、
特急料金不要の急行電車を使いましたが、
ここまでに1時間50分ほど掛かりました。
吉野は意外と遠かったです。

奈良・吉野の散策4

駅前にはずらっとお土産屋さんが並んでました。

さて、ここからはバスに乗車です。
上の写真の奥に見えるバスに乗ります。
桜のシーズンは交通規制が行われていて、
臨時運行のシャトルバスがあるのです。

奈良・吉野の散策5

吉野駅前から乗車したバスは、
中千本公園が終点です。

奥千本まで行きたい場合は乗り継ぎなのですが、
次のバス停はこの斜面の急な階段を登った崖の上、
竹林院の前です。いきなり階段登りとは。

奈良・吉野の散策6

奥千本行きのシャトルバスはとても小さく、
補助席を使って、キツキツの状態でした。
この小さなバスで山道を登って行きます。

奈良・吉野の散策7

到着したのは奥千本の入口、
金峯神社の前です。

写真では分かりづらいですが、
鳥居の先はかなり急な坂道です。
同じバスに乗っていた高齢者の方で、
この坂道を見た瞬間、無理!と言って、
すぐに、帰りのバスに乗ろうとしている
人もいたほどです。

でも、奥千本の過酷さはこんなものではありませんでした。

奈良・吉野の散策8

坂道をえっちら登ると、
金峯神社が見えてきました。

ちなみに、世界遺産の紀伊山地の霊場と参詣道は、
吉野山全体としてだけでなく、こちらの金峯神社
世界遺産の登録資産に含まれています。

紀伊山地と聞くと、和歌山方面だけと思っていたのですが、
吉野(奈良)・高野(和歌山)・熊野(三重)の3つのエリアが
登録対象のようです。

奈良・吉野の散策9

金峯神社の本殿。
小さくて、シンプルな造りでした。

さて、ここから桜の名所に向かいます。
簡単に桜が見れると思ったら大間違いでした。

奈良・吉野の散策10

金峯神社の右手にある散策路を登っていきます。

奈良・吉野の散策11

あまりに急で、階段まで造られていました。

後から分かったのですが、この階段を登り終えた後、
右手に曲がる道があったのですが、見過ごしてまっすぐに。
そんなわけでちょっと大回りのルートになってしまいましたが、
おかげで、行きと帰りで違うルートを歩けました。

奈良・吉野の散策12

奥千本の一番奥、西行庵を目指します。

奈良・吉野の散策13

もうすっかり普通の山登り。
私はスニーカーを履いてきたので良かったですが、
パンプス姿の女性などはとっても苦労してました。
奈良吉野の桜は有名で、一大観光地なので、
まさかこんな山道を歩くなんて想像していなかったのでしょう。

奈良・吉野の散策19

しばらく歩き、雑木林を抜けたら、
正面にこんな道を発見しました。
どうやら、この細い道が近道だったようです。

写真では分かりづらいですが、かなりの急斜面で、
道も細く、ロープ等の柵もありません。
これを下るのは結構怖いかも、と思いました。

奈良・吉野の散策14

ようやく桜が見えてきました。
山道を歩いた甲斐がありました。

4月の中旬は、平年ならば満開の頃ですが、
今年は全国的に桜シーズンが前倒しだったため、
標高の高い奥千本でもギリギリでした。

奈良・吉野の散策15

「奥の千本」の看板。

途中、あまりに山道だったので大丈夫か?
と不安になりましたが、間違っていなかったようです。

奈良・吉野の散策16

こちらが西行庵。
えっ、これだけ?って感じです。

西行庵が名所なのではなく、
崖の桜を眺めるための場所、
という感じのようです。

奈良・吉野の散策18

ちなみに、西行庵への道は、
こんな様子でした。
二人が並んで歩くのも大変そうな、
細い道でした。

奈良・吉野の散策17

近くにあった奥千本苔清水。
冷たい清水が岩間からチョロチョロと。

奈良・吉野の散策20

帰りは行きとは違う道。
先ほど見た、近道だと思われる急な坂道を登ります。

すれ違うのも大変な細い道で、下は急斜面。
足を滑らすと、崖の下に落ちそうで怖かったです。

奈良・吉野の散策21

しかし、西行庵前の桜はよく見えました。

奈良・吉野の散策22

ただ、反対側を見ると、この状態。
切り株が目立ちます。
これは桜だったのでしょうか?

奈良・吉野の散策23

帰り道もこんな林の中。

金峯神社から西行庵へ行くには、
結局どちらのルートを通るにしても、
山登りには変わりなかったようです。

奈良・吉野の散策24

金峯神社に戻ってきました。
結局40~50分くらい掛かったかしら。
何とか桜が見られて良かったです。

奈良・吉野の散策25

金峯神社の左側にある坂道を下っていくと、
義経の隠れ塔がありました。

奈良・吉野の散策26

こちらが正面ですかね。


奈良・吉野の散策28

これで、奥千本の最も奥にあるエリアは終わりです。
ここから再びシャトルバスに乗って中千本まで下るのが
効率の良い観光ルートだと思いますが、
所詮山を下るだけだし、と思い、歩いてしまいました。
この選択が果たして良かったのか。。
予想以上に時間がかかりました。

奈良・吉野の散策27

金峯神社から15分ほど歩いたら、
次の観光名所らしき看板を見つけました。

奈良・吉野の散策29

せっかく山を下っていたのに、再び登ります。

奈良・吉野の散策30

到着したのは高城山休憩所。
展望台のようです。

奈良・吉野の散策31

見えた景色は、うーん。。。
葉っぱばかりが目に入ります。

奈良・吉野の散策32

ピンク色の花を付けた木も多かったですが、
桜ではないようです。

奈良・吉野の散策33

周辺の景色。
ここは桜の名所ではなく、
山々を眺める場所なんですかね。
桜ではない可愛い花が綺麗でした。

奈良・吉野の散策34

高城山についての看板発見。
つつじが城とも呼ばれていたそうです。


ここまでが吉野の奥千本。
さらに下って、上千本を目指します。
関連記事

【2013/04/19 23:42】 | 奈良・吉野_2013.04
トラックバック(0) |
前の記事の続きです。
ようやく奥千本を抜けて、上千本へ。

奈良・吉野の散策35

高城山から歩いて15分ほど、
水分神社が見えてきました。
こちらも世界遺産の登録資産です。

奈良・吉野の散策35

楼門をくぐると、真ん中に中庭があり、
それを囲むように建物がありました。

奈良・吉野の散策36

こちらが本殿。
屋根の破風が3つある変わった形です。

奈良・吉野の散策34

本殿の正面にある拝殿。
茅葺の屋根が素敵でした。

奈良・吉野の散策40

拝殿の片隅に置かれていた西行法師像。

奈良・吉野の散策41

水分神社の楼門を下るとすぐに、
花矢倉展望台の看板が見えてきました。

奈良・吉野の散策43

ぜんそく地蔵?はて?

奈良・吉野の散策44

丘を登ると鐘もありました。

ここは世尊寺跡で、残されたこちらの鐘は、
吉野三郎と呼ばれているそうです。
鐘に人の名前を付けるなんて変わってますね。

奈良・吉野の散策42

こちらが展望台からの眺め。
桜が咲いていれば。。

ところで、花矢倉展望台と名前が付いてますが、
建物は何もなく、ただ見晴らしの良い場所というだけ。
お茶屋さんがしきりに客引きをしていたので、
もしかしたらお店の敷地内なのかもしれません。

花矢倉からは一気に下り坂です。
日光のいろは坂みたいなクネクネの道で、
地面はコンクリートなので、結構足に来ました。
途中、登ってくる人と数人すれ違いましたが、
この坂を登るのはかなり大変かと。
吉野は上から下って見ていくのが良いと思います。

奈良・吉野の散策45

こちらはクネクネ道の途中で見つけた、
さくら咲競プロジェクト。
企業が桜の植樹をしているみたいです。

奈良・吉野の散策46

15分ほど坂を下ったら、こんな建物を発見。
一日文学散策館と表札が出てますが、
閉まっている気配。残念。

奈良・吉野の散策47

一日文学散策館のすぐ近くには、
龍王神社(御幸の芝明神)。

奈良・吉野の散策48

ここは眺めの良い場所なので、
お茶屋さんがありました。

奈良・吉野の散策49

見晴らしの良い丘の上から。
ここまで山を下ってくると、
すっかり緑になってます。

奈良・吉野の散策50

こちらは吉水院宗信法印の墓の入口?

奈良・吉野の散策51

「忠誠義烈」の大きな碑。
おそらくお墓はもっと奥かと。。

奈良・吉野の散策52

このあたりもクネクネ道の下り坂でしたが、
吉野葛のお店やお茶屋さんが数軒並んでました。
お店が見え始めると、ゴールが近づいてきたような気がしました。

奈良・吉野の散策53

吉野山桜展示園。
桜の木が数種類植えられているようで、
なんとか咲いている木もありました。

奈良・吉野の散策54

さらに10分ほど歩き、竹林院群芳園へ到着。
ようやく、来る時に乗った奥千本行きのバスの
乗車場所まで戻ってきました。

まさか2時間以上もかかるとは。。
山を下っただけですが、結構大変でした。

奈良・吉野の散策55

竹林院群芳園の中には入らず、
すぐ近くにあった桜本坊へ。

奈良・吉野の散策56

真っ赤な仁王像の建つ門。

奈良・吉野の散策57

境内へ。

やはり桜が咲いていると華やかで良いですね。
すぐに散ってしまうソメイヨシノよりも、
長持ちして、華やかな雰囲気の八重桜の方が
私は好きです。

奈良・吉野の散策60

境内は散策自由でした。
地図がなかったので建物の名前は不明ですが、
いくつも建物が並んでました。

奈良・吉野の散策59

聖天堂?

奈良・吉野の散策58

こちらは?

奈良・吉野の散策64

桜本坊のすぐ近くで見つけたお寺。
赤い傘が気になったのでいってみました。

奈良・吉野の散策65

善福寺の入口。
こじんまりしたお寺です。

奈良・吉野の散策61

植木鉢がたくさん。
園芸好きなお宅にお邪魔したような、
そんなお寺でした。

奈良・吉野の散策62

次は喜蔵院。

奈良・吉野の散策63

観光マップにも載っていたお寺なので
行ってみましたが、あれっ?
人気が全くなかったです。

奈良・吉野の散策67

勝手神社。
工事中で閉鎖されていました。

奈良・吉野の散策66

勝手神社前の通り。

今までお寺や神社がずっと続いてましたが、
ここからはお土産屋さんが並ぶ通りになります。

つづきは次の記事へ。
関連記事

【2013/04/20 22:11】 | 奈良・吉野_2013.04
トラックバック(0) |
奈良・吉野の奥千本から山を下って来て、
観光客が賑わう通りにやってきました。

奈良・吉野の散策68

通りの両側はお土産屋さんばかり。
観光地らしい風景です。

奈良・吉野の散策70

素敵な黒塀で気になったお店。

奈良・吉野の散策69

よく見てみると、がまがえるがいました。
ダラスケ丸という胃腸薬が売られてました。

奈良・吉野の散策71

吉野葛を売るお店は外観がオシャレでした。

奈良・吉野の散策72 奈良・吉野の散策73

通りにあった温泉旅館に入ってみたら、
奥のロビーは絶景でした。
葛切りでしばし休憩。(詳細はこちら

奈良・吉野の散策74

通りに面した吉水神社の鳥居。

右折して鳥居をくぐり、しばらく歩きます。

奈良・吉野の散策75

入口が見えてきました。

奈良・吉野の散策76

入口入って右手は展望台。
「一目千本」と呼ばれている場所。
時期が良ければ最高だった場所かも。

奈良・吉野の散策77

境内は美しい庭園です。

奈良・吉野の散策78

そして書院。
中に入るのは拝観料が必要ですが、
展示されていた館内のパネルを見たら、
行く価値あり、と判断して中へ。

奈良・吉野の散策83

世界遺産の登録資産である茅葺屋根の書院。

奈良・吉野の散策79

中に入ったら派手で驚きました。
こちらは、義経・静御前 潜居の間。

奈良・吉野の散策81

こちらは後醍醐天皇玉座。

奈良・吉野の散策80

書院の窓から下を覗いてみたら、
崖の上に建てられたことがよくわかりました。

奈良・吉野の散策82

吉水神社を創立した役行者像。

奈良・吉野の散策86

豊臣秀吉愛用の屏風。

奈良・吉野の散策84

書院の縁側からお庭を。
右奥に見えるのは金峯山寺です。
お庭に出たらよく見えました。

奈良・吉野の散策87

お庭から書院を。

吉水神社は見どころが多くて楽しめました。

奈良・吉野の散策88

通りに戻ってきて、東南院へ。

奈良・吉野の散策89

境内の多宝塔。

奈良・吉野の散策93 奈良・吉野の散策94

通り沿いのお店で春らしいランチを。
こちらのお店も窓からは絶景でした。
(詳しくはこちら

奈良・吉野の散策90

ようやく吉野一番の観光名所、金峯山寺へ。

奈良・吉野の散策91

階段を登ると正面に本堂・蔵王堂。

奈良・吉野の散策92

こちらが本堂・蔵王堂の入口。
拝観料は1,500円とちょいと高いですが、
あれだけTVや電車でCMを流されたら行くしかないです。

館内は当然ながら写真撮影禁止です。
興味のある方はJR東海のサイトでもチェックを(→HP)

金剛蔵王大権現は大迫力でした。
真っ青で怖い顔した巨大な蔵王権現が三体。
それらをゆっくり拝められるよう、
襖で仕切られた個室がいくつか設けられてました。
個室に入って蔵王権現をじっくる観察できて面白かったです。
(ちなみに金剛蔵王大権現のご開帳は期間限定。
 事前にチェックが必要です)

奈良・吉野の散策95


本堂・蔵王堂の西側へ階段を降りてみました。

奈良・吉野の散策96

吉野朝宮跡。奥は南朝妙法殿。

奈良・吉野の散策97

ぐるりと回って、坂の下には仁王門。
ただし、この門からは入れません。

奈良・吉野の散策98

仁王門から数分坂を下って、銅の鳥居。

これで金峯山寺の散策は終わり。
あとは下千本をぶらぶらと吉野駅へ。

奈良・吉野の散99

可愛くて気になったお店。

ちなみに、この時点で午後3時過ぎ。
もう片付け始めているお店もありました。
閉店時間は早いようです。

奈良・吉野の散策100

黒門。
金峯山寺からずいぶん離れてますが、
これも金峯山寺の門?

奈良・吉野の散策101

通りから崖の下に延びる通路。

奈良・吉野の散策102

ロープウェイの駅でした。

下るだけだからと思い、
ロープウェイには乗らずに先へ。

奈良・吉野の散策103

この赤い橋を渡ると、七曲がり。

奈良・吉野の散策104

七曲がりはその名のとおり、
くねくねとした山道です。

奈良・吉野の散策105

途中、ショートカットできる、
道もありました。

奈良・吉野の散策106

七曲がりの途中で見つけた神社。

奈良・吉野の散策107

七曲がりのゴール付近。
ロープウェイに追いつきました。

ロープウェイ乗り場から吉野駅はすぐ近く。
結局吉野には朝10時前から午後4時頃まで、
なんと6時間も滞在していました。
そんなにのんびりしたつもりはなかったのに、
奥千本から歩きっぱなしだと時間がかかったようです。
関連記事

【2013/04/20 23:46】 | 奈良・吉野_2013.04
トラックバック(0) |
吉野でゆっくりしすぎたために、
もう日が暮れかかってしまいました。

仕方ないので、閉館がない場所に立ち寄りました。

橿原神宮1

近鉄電車の乗り換え駅、
橿原神宮前駅から歩いて数分。

広大な敷地の橿原神宮です。
東京の明治神宮と同様、
こちらも森に包まれているようです。

橿原神宮2

入口の第一鳥居。

橿原神宮3

長い参道の途中にある神橋。

橿原神宮4

そして、第二鳥居。

橿原神宮5

ようやく南神門に到着。
第一鳥居からでも結構な距離があります。

橿原神宮6

南神門をくぐると、砂利敷きの広場。
手前が神楽殿で、中央が外拝殿。

橿原神宮7

大屋根の外拝殿。

橿原神宮10

外拝殿から中は立ち入り禁止。
奥に内拝殿、本殿などがあるようですが見れません。

橿原神宮8

外拝殿と内拝殿を繋げる回廊。

橿原神宮9

神楽殿。

橿原神宮11

橿原神宮の隣にある深田池。

一周すると結構時間がかかりそうな広さで、
トイレや自販機のある休憩所までありました。
橿原神宮は広い森と池があって環境が良さそうでした。

橿原神宮12

深田池に隣接していた長山稲荷社。

橿原神宮13

赤い鳥居の列。

橿原神宮14

鳥居の終点の社。

橿原神宮15

こちらは橿原神宮前駅の中央口。
駅舎は橿原神宮の建物を真似してるんですかね。

橿原神宮16

乗り換え駅だけあって、構内にお店が数軒ありました。
近鉄奈良駅のショボさを見てしまったので、
これでも立派なほうかと。。

橿原神宮17

こちらは橿原神宮前駅から北上して、
近鉄奈良駅へ行く際の乗り換え駅。大和西大寺駅。

こちらは立派な駅ナカ。
東京都心にあるJRの駅と変わらないほど。

橿原神宮18

駅ナカをまっすぐ進んでいくと、
電車の絵が貼ってある通路に到着。

橿原神宮19

奥に展望デッキがあって、
真下の線路を眺められました。

そんなわけで、長い2日目は終了しました。

春日大社1

翌朝、バスに乗ってやってきました。
春日大社表参道前という停留所で降りたら、
だだっ広い芝生の公園しか見えなくて焦りました。
春日大社本殿という停留所で降りるべきところを、
1つ手前で降りてしまったようです。

春日大社2

仕方ないので、長い表参道を歩きます。

春日大社3

鹿の群れが普通に歩いていて最初は驚きました。

春日大社4

ようやく二之鳥居。入口に近づいてきたかな?

春日大社5

と思いきや、まだまだ参道は続いてました。

春日大社6

ようやく到着。南門。

春日大社7

そして、なんとか間に合いました。
朝のお参り(朝拝)に参加してみました。
30分間ずっと正座でしたが、意外と平気でした。

春日大社10

ちなみに、朝拝が行われたのは、
左側の建物、直会殿。
大杉の目の前でした。

春日大社8

朝拝に参加すると、その後に、
境内や若宮15社の数箇所を案内してくださいました。

春日大社9

最後はお神酒を頂いて終わり。
なかなか面白かったです。

春日大社12

案内して頂いた若宮15社へ通じる通り。
鹿さんものんびり歩いてました。

春日大社11

3番目の兵主神社と4番目の南宮神社。

春日大社13

1番目の若宮神社。

春日大社14

15番目の夫婦大国社。

春日大社15

7番目の三十八所神社。

春日大社17

10番目の宗像神社。
まだ先があるようですが、ここで引き返しました。

春日大社16

一番人気があると言われている
14番目の商売繁盛の金龍神社。

春日大社18

金龍神社だけは特別扱いされていて、
入口が別にありました。

春日大社19

有料ですが、回廊の中にも入ってみました。
正面に見えるのは中門・御廊。
奥が本殿で、入れるのはここまでです。

春日大社20

寿命千年の大杉と直会殿。

春日大社21

東回廊。燈籠が並んでます。

春日大社22

裏手にある藤浪之屋。
万燈籠の雰囲気を味えるよう、
と説明書きがされていましたが、
燈籠が少なくてちょっと残念。

春日大社23

回廊を出て、今度は北側へ。

春日大社24

一言主神社。

熱心にお参りしている人がいたり、
神主さんが掃除している姿をよく見かけました。

春日大社25

森へは立ち入り禁止となっていて、
鹿の群れがたくさんいました。

春日大社26

大きな木が侵食している水谷神社。

春日大社27

水谷橋のそばにはお茶屋さんもありました。

広大な境内の春日大社を歩いたら、
朝から良い運動になりました。
関連記事

【2013/04/21 20:44】 | 奈良・吉野_2013.04
トラックバック(0) |
春日大社の散策を終わって、奈良公園内をお散歩。

奈良公園1

美しい若草山と鹿さん。

若草山の手前にはお土産屋さんや旅館が並んでいて、
観光地っぽい雰囲気でした。

以下、奈良公園内の写真を。

奈良公園2

手向山八幡宮。こちらは裏手側の鳥居。

奈良公園4

楼門。

奈良公園3

境内は美しい緑と赤で素敵でした。

奈良公園5

法華堂(三月堂)。

奈良公園8

二月堂。

奈良公園7

右側の石段を登りきったところ。

奈良公園6

二月堂の本堂へ。

奈良公園9

二月堂からの景色。

奈良公園10

二月堂の左側にあった無料休憩所。

冷たいお茶も用意されていて、
暑い中、階段を登ってきた人達には、
とっても良いサービスでした。

奈良公園11

二月堂の左側の階段は回廊になっていました。

奈良公園12

二月堂から東へ進み、広場の中心にあった鐘楼を。

奈良公園13

鐘楼から東大寺大仏殿へ行く途中、
先ほどの手向山八幡宮の鳥居が、
何故かこんな場所にありました。

奈良公園18

東大寺大仏殿を囲う回廊の中門。
入口はこの左手です。

奈良公園21

中門の前にある鏡池。

奈良公園14

大きな大仏殿。
前の庭園も綺麗でした。

奈良公園15

かの有名な東大寺の大仏。
写真撮影OKなのが良いですね。

奈良公園16

巨大な大仏の左側にも仏像。

奈良公園17

右側にも仏像。
大仏だけでなく、両サイドの仏像もかなり巨大かと。

奈良公園19 奈良公園20

大仏の裏手に回ると、
左右にはこんな像も置かれてました。

大仏殿には大仏1体だけかと思ってましたが、
意外と見どころが多かったです。

奈良公園22

東大寺ミュージアム。

奈良公園23

カフェとミュージアムショップは
入館料不要です。
トイレを借りて、上映されていたビデオを見て、
ひと休憩させて頂きました。

奈良公園24

南大門。

奈良公園25

南大門の前では鹿せんべいが売られていて、
鹿もたくさんやってきてました。

奈良公園26

こちらは三社池。

奈良公園27

東に進むと和風の庭園。

奈良公園28

奥は芝生広場。

今回は奈良公園の北側しか歩かなかったですが、
緑豊かな南側も次回は行ってみたいです。

奈良公園29

せんと君が入口に立っているので、
観光案内所かな、と思いましたが、
建設会社が運営する施設のようでした。
でも、無料で休憩できるのは有難いです。

奈良公園30

奈良国立博物館新館。

奈良公園32

こちらが本館。

奈良公園31

新館と本館は地下通路で繋がっていて、
通路内のレストランとミュージアムショップは、
入場券なしで入れました。

奈良公園33

博物館の向かいに建つ氷室神社。

奈良公園34

境内。

奈良公園35

境内の片隅にあった池。
満開の八重桜が綺麗でした。

奈良公園36

興福寺の東金堂と五重塔。

奈良公園37

南円堂と北円堂が特別公開されていました。
行くべきだったかしら。

奈良公園38

南円堂の裏手は八重桜が綺麗でした。

ちなみに、「ナラノヤエザクラ」という品種があり、
奈良の県花、市花に指定されているとのこと。
奈良市内で八重桜をよく見かけたのは納得です。
関連記事

【2013/04/21 23:02】 | 奈良・吉野_2013.04
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。