世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花見のちょうど良い時期に、福島へ行ってきました。

震災や原発事故の影響が報道されている福島ですが、
4月中旬には新幹線も東京~福島まで通じてましたので、
現地へ行くのに苦労はありませんでした。

旅行会社が主催するツアーは、東北地方は全面中止して、
予約を受け付けていない状況ではありましたが、
ネットのホテル予約サイトでは問題なく予約できたので、
観光産業の復興支援の手助けに少しでもなれば、と思い、
福島へ行った次第です。

福島市の花見山1

そんなわけで、新幹線に乗って福島駅へ到着。

本数が少なく、全席自由席だったため、
車内は混雑してましたが、何とか座れました。

駅前を少し歩いてみましたが、全く普通の様子。
報道されている放射線量はかなり高いはずなのに、
帽子やマスクを付けている人をほとんど見かけません。
本当にここは福島なの?って思うほどでした。

さて、さっそく観光です。
今回の旅の目的は花見山です。

東京駅の近くにある福島の観光物産館(→ HP)を訪れたとき、
数ある観光パンフレットの中から、花見山に一目惚れして、
是非行ってみたいと思っていたのです。

通常ならば、花が満開のこの時期は、
交通規制が行われて、周辺の道路は渋滞し、
駐車場も遠くに停めないといけないらしいのですが、
今年は震災の影響でそういった規制が全くありません。
まさしく、穴場の花見スポットなのです。

花見山のサイトを見てみても、訪れているのは地元民ばかりとのこと。
いつもは他県からの観光客が多くて見られなかった地元民が、
今年は混雑なく見られる、ということで押し寄せているようです。
こんな情報を知ってしまうと、ますます行きたくなりました。

福島駅から花見山まではバスです。
花見シーズンは臨時バスが出ているようですが、
残念ながら今年はないので、普通の路線バス。
1時間に1~2本しかないので要注意です。

福島市の花見山2

バス停を降りて、すぐに見えた神社。
古びた神社と満開の桜が見事に調和してます。

福島市の花見山3

神社を別の角度から。

バス停から花見山まではかなり離れていたので、
住宅街を抜けるように進んでいきましたが、
通りのあちこちに綺麗なお花を見かけて、
さすが花の町って感じでした。

福島市の花見山4

住宅街を抜けて、小川と里山が見えてきました。
田舎のこういう風景は癒されます。

福島市の花見山5

鮮やかな黄色の花が出迎えてくれてます。

福島市の花見山6

そして、田んぼ。奥には満開の花。

なかなか花見山に辿り着けませんが、
東京在住者にとってはこの風景も見所だと思います。

福島市の花見山7

田んぼや畑の中を進んでいきます。

福島市の花見山8

ようやく山に近づいてきました。
薄ピンクの桜だけでなく、濃いピンクや黄色、赤など、
いろんな色が溢れてます。

福島市の花見山24

こちらは全面に赤い花。

花見山周辺は花木の生産農家が集まっているエリアとのこと。
この赤い花も収穫されて、そのうち花屋さんに並ぶのでしょうか。

福島市の花見山25

おにぎりやお団子を販売していたお茶屋さん。

例年ならば出店が出るらしいのですが、今年は出店はないため、
花見山近くで見かけたお店は、こちらの駐車場前のお店と、
花見山の入口を過ぎた場所にある広い駐車場らしきスペースに
建てられたお店の2軒だけでした。

それでも、お店は全くやっていないと聞いていたので、
嬉しかったです。

福島市の花見山9

お茶屋さんを過ぎても、まだまだ花見山の入口には辿り着けません。

しかし、周辺の山々のお花は見事です。
いろんな色の桜が咲いてます。

福島市の花見山10

ようやく花見山の入口が右手に見えたのですが、
花見山よりも、その先に進んでみたくなりました。

花見山の入口を通り過ぎて、さらに進んだ場所から見た景色。
山一面が薄ピンクに染まってます。

福島市の花見山27

ぽつぽつと建つ民家の周りもお花ばかりです。

花木の生産農家が集まっているのだから当然といえば当然ですが、
これだけ色とりどりのお花が見られるのは壮観です。

同じ農家が集まるにしても、辺り一面が田んぼ、
というのとは、やっぱりちょっと違いますね。
(もちろん、田んぼには田んぼの良さがありますが)

福島市の花見山11

ずいぶん奥に進んで、寄り道してしまいましたが、
ようやく花見山の入口です。

入口には池があり、鯉も泳いでました。

福島市の花見山22

別の角度から。
日本庭園らしく灯篭もあります。

福島市の花見山12

もう1枚、別の角度。
濃いピンクの枝垂れ桜が素敵です。

花見山も、花木の生産農家の敷地です。
善意で観光客に開放されていて、入場料はなんと無料です。

福島市の花見山14

花見山はその名のとおり小高い山です。
頂上まで往復するルートは60分コースと記されていました。
今回はもちろん頂上を目指してトレッキングです。

とは言え、公園のように歩道は整備されているので、
山登りというほどのものではないですが。

エリアごとに植えられている花が異なり、
どの季節でも楽しめるように、工夫されていました。

福島市の花見山13

花見山に植えられている花も確かに綺麗なのですが、
花との距離が近すぎるのと、同じ品種が並んでるのとで、
どうしても、植物園を訪れている気になってしまいます。

私は、人工的な植物園よりも、自然の里山に魅力を感じたので、
写真はついつい花見山周辺の山々ばかり撮ってました。

花見山は名前から察するに、花を見るための山。
であれば、周辺の山々の花を見ることが、
花見山登山の目的であってもいいのかなあ、
と、ふと思いました。

そんなわけで、この上の写真は、
花見山から眺める隣の山。

福島市の花見山15

こちらも。手前は花見山の赤ピンクの植物。
奥は一面に花が咲いて染まっている山。

福島市の花見山16

花見山の頂上に到着。
景色を眺めながらだと、あっという間です。

福島市の花見山17

頂上から福島市街地方面を。
うーん、眺めはイマイチかな。

福島市の花見山18

隣の山を眺める。

周りの山々を眺めるには、
頂上よりも途中の方が良かったです。

福島市の花見山19

小高い山に綺麗な桜が咲いている山を発見。
こちらは弁天山でしょうかね。

福島は花見スポットがたくさんありますが、
その中の1つのようです。

福島市の花見山20

山を下りて来たら、入口近くに池を発見。

福島市の花見山21

奥には、強面の鬼?

福島市の花見山23

花見山を降りて、入口前の駐車場。
写真に写っているのは花見山の正面の小高い山。
この山が見事だったのです。

花見山は里山の風情があって、色とりどりで、
他の花見スポットとは全く違った雰囲気で
とっても良かったです。
(曇り空だったのは残念ですが)

※次の記事へ → blog
関連記事
スポンサーサイト

【2011/04/23 20:53】 | 福島(福島・二本松)_2011.04
トラックバック(0) |
福島市街の観光1

花見山からバスで福島駅へ戻ってきて、
駅の西口にあるホテルにチェックイン。
(ホテルについてはこちらのブログに記載→ blog

今にも雨が降ってきそうな天気で迷いましたが、
市内をぶらぶら回るのにバスでは厳しいので、
当初の予定どおり、駐輪場へ。

福島市街の観光2

ももりんレンタサイクル。

福島市では市内何箇所かの駐輪場で、
レンタサイクルを無料で貸し出してくれる
サービスがあるのです。(→ HP)

市内交通が発達してない地方都市では、
やっぱり自転車が一番便利です。

市の観光キャラクター"ももりん”にちなんで、
フレームがピンクに塗られた派手な自転車を貸して頂いて、
地図を片手にぶらり旅へ出発。

福島市街の観光3

駅から北へ向かって進み、
花の写真美術館に到着しましたが、
残念ながら休館。

美術館や博物館はやはり震災の影響で、
ほとんどが閉まってました。
仕方ないですね。

福島市街の観光4

今度は東へ進んで、信夫山公園に到着。
桜はギリギリ間に合いました。
天気が悪く、色は綺麗に見えませんが。

福島市街の観光5

動物の遊具がある広場。
奥には大きなタコのすべり台。
小さな動物もたくさん。

福島市街の観光6

信夫山公園から坂を登って護国神社へ。

福島市街の観光7

神楽殿と石碑。

福島市街の観光8

神社側から鳥居を眺めて。

桜の季節ということで、神社や小高い丘の上の駐車場では、
屋台が数軒出てはいましたが、お客さんは見当たらず。
とっても寂しいムードが漂ってました。

信夫山には、いくつかの公園や展望台があって、
ハイキングやアスレチックコース等もあるので、
天気が良い日ならば楽しめる場所だと思いますが、
あいにくの曇り空なので今回はここで退散。

(ちなみに、信夫山の呼び方は「しのぶやま」です。
どうしても「のぶおやま」と呼びたくなってしまいますが)

福島市街の観光10

信夫山の入口から東へ進む通りは、
小川が流れ、歩道は整備され、
車道と分離されてました。
広い歩道は自転車も走りやすかったです。

福島市街の観光11

歩道には、何箇所か公園のような広場も。

福島市街の観光12

歩道から山を登る急な階段。

福島市街の観光13

登ると、岩谷観音です。

わかりづらいですが、岩に仏様が彫られてます。

福島市街の観光14

だいぶ風化してしまってますね。

福島市街の観光15

山を登ると、大きな釣鐘。
ここからは見晴らしも良かったです。

福島市街の観光16

その横にも、磨崖仏の岩壁。

岩谷観音を後にして、福島市街をさーっと。
繁華街である駅の東口のエリアを覗いたりしつつ、
天候が思わしくないので、急いで市街を一周。

福島市街の観光17

阿武隈川の近くまで南下したところで、
綺麗な桜が見えてきたので近づいてみたら、
お寺でした。常光寺だそうです。

入口の両側に植えられた木も花が咲けば綺麗そうです。

福島市街の観光18

境内の中へ。本殿は瓦が落ちて修復中でした。

福島市街の観光19

とってもプリティな笑顔の仏様?

福島市街の観光20

裏は墓地になっていて、その一角に大きな桜。
この桜が路地から見えていて追っかけてきたのです。

何とか雨にはやられず、自転車の散策は終了。

夜は駅の東口の繁華街をぶらぶら。

福島市街の観光21

名物のふくしま餃子をいただきました。

※次の記事へ → blog
関連記事

【2011/04/23 23:45】 | 福島(福島・二本松)_2011.04
トラックバック(0) |
飯坂温泉の日帰り入浴1

2日目は福島駅から電車に乗ってお出かけ。

福島駅にはJRの他に、阿武隈急行と福島交通飯坂線もあります。
会社が違うはずなのに、何故か向かい合わせのホームでした。
写真は阿武隈急行。残念ながら震災の影響で運休中。
今回は福島交通飯坂線に乗車しました。


福島駅から終点の飯坂温泉駅まで20分ほど。
無人駅も多くて、車掌さんが車内で切符を確認する、
ゆったりした電車でした。

飯坂温泉の日帰り入浴2

飯坂温泉駅から見下ろす川。

飯坂温泉の日帰り入浴3

駅前の十網橋。

飯坂温泉の日帰り入浴4

駅前の広場は修復中でした。

るるぶ等の福島のガイドブックを見ても、
福島市や飯坂温泉、二本松などの情報は
全くと言っていいほど載ってないので、
駅前の観光案内所に寄って地図を入手。
そして、温泉街をてくてくと。

飯坂温泉の日帰り入浴5

消防署の隣にあった公園。桜が綺麗。

飯坂温泉の日帰り入浴12

観光案内所の方に勧められた旧堀切邸へ。
豪商の旧家を改築して公開しているようです。
入場料は無料なので気軽に行けます。

飯坂温泉の日帰り入浴7

思っていたよりも広い園内。
とっても綺麗に整備されてます。
ちなみに、こちらは裏門です。

飯坂温泉の日帰り入浴8

芝生の庭園を挟んで、蔵や主屋。

飯坂温泉の日帰り入浴9

蔵の中には、福島市出身の作曲家、古関裕而氏の展示。
作曲した校歌や社歌の多さに驚きました。

離れで堀切家を紹介するビデオを見た後に、
主屋の中へ。係りの人が案内してくれました。

飯坂温泉の日帰り入浴10

板張りの場所がなく、全て畳が敷かれた和室が並んでました。
和室は市民に貸し出しているようで、お茶や三味線のお稽古場として、
使われているようです。

飯坂温泉の日帰り入浴11

主屋に隣接する蔵。3つもありました。
押入れみたいに利用してるのでしょうか。

飯坂温泉の日帰り入浴14

庭園を挟んで、主屋の反対側には足湯手湯が出来る場所。

タオルは離れで貸してくれるので、手ぶらでも大丈夫。
ロッカーや更衣室も隣接していて、至れりつくせりでした。

飯坂温泉の日帰り入浴15

手前が手湯用に高くなっていて、奥が足湯のエリア。
ロッカーや更衣室もあって、至れりつくせりでした。

熱めのお湯に手と足を浸け、温まることが出来ました。

飯坂温泉の日帰り入浴15

旧堀切邸を後にして、お店などが並んでいるエリアを横切ったら、
再び川が見える場所へ。あっという間の一周でした。

飯坂温泉の日帰り入浴16

川沿いに建つ公衆浴場、波来湯。
新しい建物で、1階には何もなく、
地下に受付と浴室。
イマイチ風情を感じられなかったので、
受付まで行って、中には入らなかったです。

飯坂温泉には共同浴場が8箇所もあり、
また温泉宿でも日帰り入浴OKの場所も多いので、
どこに入るのか迷います。

飯坂温泉の日帰り入浴17

こちらは、足湯どころ。
あ~しあわせの湯、だそうです。

飯坂温泉の日帰り入浴18

その奥には神社と風情のある建物がありました。

飯坂温泉の日帰り入浴19

共同浴場の鯖湖湯と湯樽の塔。
こちらは風情があります。

飯坂温泉の日帰り入浴20

鯖湖湯の入口。男女別れていて、中の自販機で
入浴料200円チケットを買って入ります。

中は広い空間。壁で仕切ってあるだけなので、
男湯女湯の声が響いて筒抜けです。

更衣室は別れておらず、広いスペースの片側にロッカーと籠が置かれ、
そこで着替えて、目の前の浴槽のお湯に浸かるといった具合。
蛇口もなく、浴槽から桶ですくって体に掛けます。

お湯の温度は50度くらいあったかも。とにかく熱い。
ちょっと触って、無理!、と思いましたが、
ゆっくり慣れていき、なんとか浸かることが出来ました。

入浴後は目の前のカフェで一服して、
飯坂温泉駅へ。

飯坂温泉の日帰り入浴21

こちらが飯坂温泉駅。

飯坂温泉の日帰り入浴22

車内から。先頭が見えるのは楽しいです。

福島までの沿線には桜が見える場所があったり、
桃(?)の農家から綺麗なピンク色のお花が見えたりして、
車窓からの風景も楽しめました。

※次の記事へ → blog
関連記事

【2011/04/24 18:45】 | 福島(福島・二本松)_2011.04
トラックバック(0) |
二本松の霞ヶ城公園1

福島駅では臨時特急あいづの赤べこ号が停まってました。
上野から会津若松へ走る列車のはずなのですが、
福島駅も通るのでしょうか?ちょっと疑問。。

さて、福島駅からは東北本線に乗って南へ。
寒冷地区を走る列車らしく、ドアの開閉が手動のボタン式で、
東北地方の大動脈の路線にも関わらず本数が少なかったりして、
ちょっと驚きました。

車窓の風景はとってものどかで良かったです。
小高い丘が続き、平地は田や畑、丘の上には桜の木、
そして桃と思われるピンク色の花もよく見えて、
春らしいカラフルな里山の風景が堪能できました。

二本松の霞ヶ城公園2

福島駅から20分ほどで二本松駅に到着です。
駅前は商店などもなく、がらーんとしてました。

駅からまっすぐ進んだ先に見えたのが上の写真。
奥に二本松神社があるらしいのですが、今回は割愛。
先に進みます。

二本松の霞ヶ城公園3

そして現れたのが急な登り坂。
(写真は帰りに撮影したため暗くなってますが)

見えますかね?奥に見える急な坂道が。
こんな坂を登るの?と驚きました。

二本松の霞ヶ城公園4

そして、坂を登りきったら、
山間の谷を繋ぐ歩道橋が見えました。
道順からは外れますが、ちょっと寄り道して上へ。

二本松の霞ヶ城公園5

見えました。霞ヶ城公園に咲く桜です。

二本松の霞ヶ城公園6

アップの写真。天気が悪く、薄暗い中でも、
桜の薄ピンク色は目立ってました。

二本松の霞ヶ城公園7

ようやく到着。霞ヶ城公園です。

福島の観光物産館で貰ったパンフレットを見てやってきたのですが、
こちらも予想以上に良かったです。

二本松の霞ヶ城公園8

立派な石垣。お城ですね~。

天守閣がない城址公園なので、どこまで再現されているか
わからなかったのですが、お城の風情は満載です。

二本松の霞ヶ城公園9

箕輪門だそうです。大きな松と二色の桜がマッチしてます。

二本松の霞ヶ城公園10

門の前には、少年隊群像。
戊辰戦争で活躍した二本松少年隊とのこと。

ライトアップ用と思われる大きなライトがスタンバってますが、
残念ながら、震災の影響で、桜まつりは中止され、
ライトアップもなくなってしまったようです。

二本松の霞ヶ城公園11

箕輪門の前の高い石垣と桜。

二本松の霞ヶ城公園12

門をくぐったら、再び石垣。その上には桜。

二本松の霞ヶ城公園13

石垣から枝が垂れ下がっている立派な松が3本並んでました。

二本松の霞ヶ城公園14

箕輪門から下る坂道も、松と桜が綺麗です。

二本松の霞ヶ城公園15

そして広場に出たら建物があったのですが、
屋根瓦が崩れて修復中でした。

二本松の霞ヶ城公園16

三の丸があった場所でしょうか。広場になってました。

二本松の霞ヶ城公園17

片隅には、池と滝。日本庭園のようです。

城址公園なので、こんなものかなあと、思いましたが、
近くにあった園内の地図を見たら、全然違いました。
ここまでは公園の一角。まだまだ先があります。
この小高い山全体が霞ヶ城公園のようで、
ハイキングのように山を登りました。

二本松の霞ヶ城公園18

山の中腹には池もいくつか。
周りには桜や、棚の藤なども。

二本松の霞ヶ城公園19

傘の形をした松もありました。

二本松の霞ヶ城公園20

芝生広場と休憩所。
写真ではちょっと見えないですが、
大きな滝もありました。

二本松の霞ヶ城公園21

そして、山を登りきったかなあ、と思っていたら、
車道に出てしまったのですが、そこからの風景も良かったです。

山々の中に、美しい棚田、そして桜。
田舎の里山の風景が良いですね。

二本松の霞ヶ城公園22

公園に戻ると、階段が見えました。登ります。

二本松の霞ヶ城公園23

本丸跡の石垣です。
天守閣はなくても、本丸は復元されてました。
ここが山の頂上のようです。

二本松の霞ヶ城公園24

本丸から霞ヶ城公園内を。桜の多さがよく分かります。

二本松の霞ヶ城公園25

二本松駅方面を。天気が悪いのが残念で仕方ありません。

天気の良い日にまた来たいです。

二本松の霞ヶ城公園26

行きとは別の道から山を下ると、
芝生と桜が美しい広場がありました。

二本松の霞ヶ城公園27

天気が良ければ、お花見には絶好のポジション。

二本松の霞ヶ城公園28

桜のトンネルのようになってました。

二本松の霞ヶ城公園29

公園入口横の小さな広場に到着。こちらの桜も綺麗です。

ガイドブック等では取り上げられてなかったので、
あまり期待せず訪れた霞ヶ城公園ですが、
こんなに楽しめるとは思いませんでした。


そして、二本松駅の近くで日本酒を購入し、
(二本松には大七酒造と奥の松酒造があります)
再び東北本線に乗って郡山駅まで行き、
郡山駅から新幹線に乗り継ぎ。

余震による徐行運転で、乗り継ぎが上手く行かなかったので、
郡山駅の周辺も散歩してきましたが、県庁所在地の福島市とは
比べられないほど街が発展していて驚きました。

ちなみに、郡山の駅ビルでは名物の「しみてん」を購入。
(詳細はこちらのブログで → blog


福島のとっても短い旅は以上で終了。

天気の悪さに悩まされた旅でしたが、
綺麗な桜も見れて、行って良かったです。
関連記事

【2011/04/24 23:45】 | 福島(福島・二本松)_2011.04
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。