世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフランシスコから飛行機で、
シアトルまではすぐ。

ノースウエスト航空で予約したら、
アラスカ航空との共同運航便でした。

サンフランシスコ→シアトル1

こちらがアラスカ航空の飛行機。
尾翼には、イヌイットの顔が。
なかなか個性的なデザインですね。

アラスカ航空は荷物を預けたら、
料金が取られました。
乗られる方はご注意を。

サンフランシスコ→シアトル2

飛行機の中から空を。
ごつごつした山はロッキー山脈でしょうか。

サンフランシスコ→シアトル3

シアトルに到着。
この飛行機ばかりが並んでました。

シアトルの空港からホテルまでは、
リムジンバスも走ってますが、
お安くあげるために、路線バスで。

なんと、街の中心部まで、
1.70ドルという安さです。
空港から街までの交通機関が
こんなに安かったのは初めてです。

普通の路線バスが高速道路を走っていくのは
ちょっと違和感がありましたが、
そういうところも、高速道路が無料である
アメリカの良さなのでしょうか。
スポンサーサイト

【2009/09/08 14:35】 | 北米(シアトル/バンクーバー)_2009.09
トラックバック(0) |
Hotel Monaco - Downtown Seatlle1

シアトルで宿泊したホテルはこちら。
Hotel Monaco - Downtown Seatlle

いわゆるブティックホテルと呼ばれるデザイナーズホテルです。

バスが頻繁に停まる便利な場所のシティホテルでありながら、
思いのほか低価格だったので予約してみました。

とっても素敵なロビーです。

Hotel Monaco - Downtown Seatlle2 Hotel Monaco - Downtown Seatlle3

暖かな色合いでまとめられていて、
奥には暖炉もありました。

Hotel Monaco - Downtown Seatlle4 Hotel Monaco - Downtown Seatlle5

地下のロビーも素敵な雰囲気。

こちらのホテルのロビーでは、
夕方にはワインのサービスが、
朝にはスタバのコーヒーと紅茶が
セルフサービスで頂けました。

朝出掛ける時にロビーへ寄って、
テイクアウトのコーヒーを頂けたので
便利でよかったです。

ワインのサービスは夕方の時間帯だったので、
ロビーで頂くことは出来なかったですが、
フロントにワインサービスのことを尋ねたら、
なんと、隣のバーのワインクーポンを頂き、
1杯サービスしてくださいました。
質問してみてよかったです。

Hotel Monaco - Downtown Seatlle10

ロビーの隣にあったバー。
バーエリアとレストランエリアが別れていて、
カウンターは気軽な感じでした。

Hotel Monaco - Downtown Seatlle6

こちらがお部屋。地中海の雰囲気です。

Hotel Monaco - Downtown Seatlle7

バスルームは明るく、清潔。

モナコホテルには、ベルボーイ2人が荷物を運んでいる
ホテルのマークがあるようで、ホテルの備品のほとんどに、
そのマークが付いてました。

Hotel Monaco - Downtown Seatlle8 Hotel Monaco - Downtown Seatlle9

コースターにも、そのマークが。

室内に置かれていたバスローブは、
なんと、豹柄とゼブラ柄。
ホテル内のブティックで売られているようです。
さすがですね。

ちなみに、こちらのホテルでもネット環境は完備されていて、
室内では有線/無線ともに可能で無料サービスでした。
ホテル内のネット環境完備と書かれているホテルでも、
実際には1泊8~10ドルほど取られる場合も多いので、
無料かどうかチェックしたほうが良いかもしれません。

【2009/09/08 23:09】 | 北米(シアトル/バンクーバー)_2009.09
トラックバック(0) |
シアトルの図書館1

宿泊したホテルの近くにあった
近代的な建物。
なんと、シアトル市の図書館だそうです。

シアトルの図書館2

ビルの中から窓の外を。

シアトルの図書館3

最上階の様子。
格子のガラス窓がカッコイイですね。

シアトルの図書館4

最上階の自習室。天井が高くてとっても広々。

シアトルの図書館5

高層階には大きな吹き抜けもありました。

シアトルの図書館6

低層階のカラフルな自習室。

この図書館の素晴らしさは自習室の充実ぶりでした。
広いテーブルがずらっと並んでいて、
自由に使えるPCもプリンターもたくさん。
羨ましかったです。

シアトルの図書館7

こちらは低層階にあった、アートなスペース。
真っ赤な壁に囲まれた洞窟のような空間。

シアトルの図書館8

階段を下ったら、また階段が。
迷路のようでした。

シアトルの図書館9

こちらは図書館の近くにあった建物。
古いレンガ造りで、一体何の建物なんでしょう?

シアトルの街は、新しいビルと、
古いレンガ造りのビルが混在してました。

【2009/09/08 23:41】 | 北米(シアトル/バンクーバー)_2009.09
トラックバック(0) |

シアトルの街観光1

シアトルの発祥地であるパイオニアスクエアに
行ってきました。
古いレンガ造りの建物と生い茂る木々が
とっても素敵でした。

シアトルの街観光6

シンボルのトーテムポール。

シアトルの街観光2

広場には、こんなファニーな2体も。

シアトルの街観光3

こちらにもトーテムポールが立ってました。

シアトルの街観光4

殉職した消防士の慰霊碑と像。

シアトルの街観光5

木々に囲まれた広場には、
オープンテラスのカフェも。

シアトルの街観光7

パイオニアスクエアの通りの様子。
大きな木が多くて癒されます。

シアトルの街観光8

近くで見つけた本屋さん。
天井の高いレンガ造りのビルで
巨大な1フロアを占めてました。

ロフトのようなエリアもあって、
建物としても面白かったです。

シアトルの街観光9

一番奥に見える階段がロフトへ繋がってます。

シアトルの街観光10

壁際は床が一段高くなっているので、
店内を見渡すことが出来ました。

広さと高さを活かしたお店の構造で、
私は本よりも建物に興味を持ちました。

シアトルの街観光11

アムトラックが停まるキングストリート駅。
次の日にも行きました。

この奥にはシアトルマリナーズの本拠地
セーフコ・フィールド。
そのさらに向こう側には、アメフト等の試合を行う
クエスト・フィールドがあります。

シアトルの街観光12

キングストリート駅を過ぎると、
インターナショナルディストリクト。

以前は中華街と呼ばれていたようですが、
最近は韓国やベトナム人も多いため、
この名前になったようです。

日本の紀伊国屋書店などもありましたが、
韓国とベトナムのお店の方が多かったです。

シアトルの街観光13

これはおまけ。
街を歩いているときに、こんなに可愛い車が
やってきて、停まったと思ったら、
首の部分が伸びてキリンになりました。
電柱の工事用の車のようです。

【2009/09/08 23:53】 | 北米(シアトル/バンクーバー)_2009.09
トラックバック(0) |
アメリカのシアトルから、カナダのバンクーバーへは、
もちろん飛行機でも行けますが、鉄道やバスでも
簡単に行けるのです。

自家用車で高速道路を走るのが一番早いそうですが、
今回はせっかくなので、鉄道とバスを使ってみました。

行きは鉄道。有名なアムトラックの旅です。

シアトル→バンクーバー1

キングストリート駅が出発地点。
駅のホール内には大理石のような大きくて立派な柱。

ネットで事前に予約しておけば、
チェックインはとっても簡単でした。

シアトル→バンクーバー2

こちらがアムトラック。
アメリカらしく、ゴッツイです。

シアトル→バンクーバー3

これが、ビジネスクラスの座席。
今回はちょっとリッチにビジネスクラスにしてみました。

が、正直、ビジネスクラスでもあまりメリットはありません。
ドリンクサービス等もなく、食堂車で使えるクーポンをもらえるのみ。
ちょっと失敗したかなあ~。

シアトル→バンクーバー4

こちらが食堂車。が、機能してませんでした。
ただテーブルと椅子が並んでいるだけです。

シアトル→バンクーバー5

食堂車の横にあった売店。
サンドイッチ等が売られてました。

シアトル→バンクーバー6

普通クラスの座席。
こちらで充分だったかも。

シアトル→バンクーバー7

鉄道は海岸沿いをゆっくり走っていきます。
天気が悪くて残念でしたが、晴れていれば、
良い景色が見られると思います。

新幹線とは比べられないほどにゆっくりなので、
バンクーバーまでかなり時間がかかりました。

駅はアメリカ国内で3駅ほど停車。
カナダ国内では停車しないため、
入国審査はバンクーバーの駅に着いてから。
ビジネスクラスの乗客から下車して、
駅の入口で入国審査が行われます。

シアトル→バンクーバー8

こちらが、バンクーバーの駅。
長距離バスの乗り場もこちらになります。

シアトル→バンクーバー9

駅の前にあった広場。
雨がしとしと降っていて、
9月とは思えないほど寒かったです。

【2009/09/09 14:47】 | 北米(シアトル/バンクーバー)_2009.09
トラックバック(0) |
バンクーバーに到着後、スカイトレインに乗って、
とりあえずダウンタウンへ。

天気が良ければ、レンタサイクルで街中を走ったり、
スタンレーパークを一周するつもりでしたが、
あいにくの空模様。

仕方ないので、バスに乗って、グランビルアイランドへ。

バンクーバー観光1

バス停からグランビルアイランドへ向かう途中で見かけた橋の下。
落書きとは思えない完成度ですが、これはアートなんでしょうか。

バンクーバー観光12

グランビルアイランド入口横にあった林。
木がうっそうと生い茂ってました。

バンクーバー観光2

アイランド内のアート系のお店の前にあったオブジェ。

原住民のアートのお店が面白くて長居してしまいました。
(店内の作品は撮影禁止のため写真はなし)

バンクーバー観光3

グランビルアイランドにはたくさんのお店がありますが、
一番の目玉はパブリックマーット。

バンクーバー観光11

新鮮な野菜も綺麗に積まれています。

バンクーバー観光4

果物もたくさん。上段はベリー類。
こんなに種類が豊富と見るだけでも楽しいです。

バンクーバー観光5

ピクルスやお惣菜も充実。

バンクーバー観光6

ケーキやパイのお店もありました。

バンクーバー観光7 バンクーバー観光8

マーケットの奥には飲食スペース。

バンクーバー観光9 バンクーバー観光10

サーモンのバーガー(ポテト付き)と
牡蠣のスープ(パン付き)。
海沿いの街は食べ物が美味しいから良いですね。

バンクーバー観光13

これがグランビル橋。
この橋のたもとにグランビルアイランドがあります。

バンクーバー観光14

橋の向こう側には高層マンション群。

マーケットで食べ物を買って、
海を眺めながら食べるのも気持ち良さそうです。

【2009/09/09 18:27】 | 北米(シアトル/バンクーバー)_2009.09
トラックバック(0) |
バンクーバー発祥の地と言われている、
観光名所のギャスタウンへも行って来ました。

バンクーバー観光15

トローリー型の売店。街に馴染んでます。

バンクーバー観光16

外灯には花が飾られて、綺麗な街並みでした。

バンクーバー観光17

街のシンボル、蒸気時計。

バンクーバー観光18

通りには原住民アートのお店が並んでました。
観光客のお土産用ですかね。

バンクーバー観光19

そのアートショップの1つに入ってみました。
トーテムポールがお店の中央に。

バンクーバー観光20

壁にはお面がたくさん。

バンクーバー観光21

上のフロアには獣の皮のカーペット。

原住民アート独特の図柄がとっても可愛くて、
ポストカード等を買ってきました。

バンクーバー観光22

街の発展に寄与したギャシーの像。

バンクーバー観光23

街の中心部にあった美術館。
前の広場では集会が行われてました。
この美術館のミュージアムショップにも、
原住民アートのグッズがたくさんありました。

この後、近くのチャイナタウンをぶらついたり、
繁華街のロブソン通りでお茶したり。

スカイトレインとバスがあったので、
街歩きは便利でした。

が、バンクーバーの街は東京に比べると、
お店の数もさほど多くなく、
あまり惹かれる場所はなかったです。

やはり、天気の良い日にフェリーに乗ったり、
スタンレー公園を自転車で走ったほうが
楽しめる街だと思います。

天気が悪くて、寒かったのが
残念で仕方ありません。

バンクーバー観光24

帰りは、グレイハウンド社の高速バスです。

シアトルまでは何箇所かの街に停まるため、
ちょっと時間はかかってしまいますが、運賃は格安。
ネットで申し込みましたが、何と大人一人20ドル。
二人になると割引となって、二人で30ドルという安さ。

バスはごく普通の観光バス。
途中、カナダとアメリカの国境ではバスを下ろされ、
入国審査。どんなものだろうと思ってましたが、
パスポートを見せるとあっさり終了。
あっけなかったです。

そんなこんなで、バンクーバー1日観光でした。

【2009/09/09 23:37】 | 北米(シアトル/バンクーバー)_2009.09
トラックバック(0) |
この日は朝からウォーターフロント地区をお散歩。

シアトルの街観光14

こんな原住民アートを前面に押し出した
お土産屋さんもありました。

シアトルの街観光15

通りの一角にあったオブジェ。
何でしょう?

シアトルの街観光16

レストランが何軒も入っていた建物には、
それぞれのレストランが店先に、
いろんな人形を置いてました。

こちらはカニが売り物のレストラン。

シアトルの街観光17

こちらはお肉料理のレストランでしょうか。

シアトルの街観光18

お土産屋さんの前には、
海賊さんの人形が。

シアトルの街観光19

お店が密集しているエリアを抜けると、
公園のようになってました。

シアトルの街観光20

青い空に青い海。気持ち良いですね。

そして、ウォーターフロント地区を抜けて、
歩いていった先には、観光名所となっている、
パイクプレイスマーケット。

シアトルの街観光21

マーケットのマスコットの豚さん。
みんな記念撮影してました。

シアトルの街観光22

マーケットの外観。

大通りから一本入ったところにあって、
地味なので見過ごしてしまいそうです。

シアトルの街観光23

マーケット内には新鮮な野菜が積まれたお店も。

シアトルの街観光24

もちろん、シアトルは海沿いの街なので、
お魚関係のお店も多かったです。

シアトルの街観光25

生鮮食料品だけでなく、コーヒーや紅茶、豆など、
いろんな食材が売られてました。

シアトルの街観光26

マーケットの隣にあった広場。
海が見えて気持ち良いです。

シアトルの街観光27

マーケット内にもレストランはありましたが、
とっても混んでいたので、マーケットの隣の
多国籍料理っぽいレストランに入りました。

店内は広く、水槽もあって、
お魚も泳いでました。

シアトルの街観光28

窓からは海が一望できて素敵です。

シアトルの街観光29

マーケットの近くにあるスタバ。
こちらがスタバの1号店です。
お店のマーク等は開業当初のもののようです。

シアトルの街観光30

こちらも観光名所になっているらしく、
店内は混んでいました。

以上で、ウォーターフロント地区から
パイクプレイスマーケットの観光は終了。

これからはバスに乗って遠出します。

【2009/09/10 14:14】 | 北米(シアトル/バンクーバー)_2009.09
トラックバック(0) |
シアトルの街観光31

午後はバスに乗ってシアトル近郊の街を探検。

シアトルのダウンタウン中心部は、
バスが地下を走るエリアがあります。

上の写真、地下鉄のホームのように見えますが、
これがバス乗り場。

シアトルの街観光32

バスが次から次にやってくるので、
行き先案内を見て乗車します。

シアトルの街観光33

渡っているのはワシントン湖にかかる橋。
なんと、橋は湖に浮いているのです。
浮き橋がどんなものか体験したかったので、
バスに乗って渡ってみました。

が、バスで橋の上を走る分には
普通の橋を何も変わらなかったです。

シアトルの街観光34

車窓からは、タコマ富士と呼ばれている
美しいレーニア山も見えました。

辿り着いたのは、ベルビューという街。

世界的企業の本社がある街で、
綺麗に整備されてました。

シアトルの街観光35

とっても良い天気だったので、
フルーツたっぷりのスムージで一休憩。

公園で開かれていた近郊で取れた野菜の市場や
ショッピングセンターを見て回った後は、
再びバスに乗車。

シアトルの街観光36

行きはワシントン湖の南側の橋を渡りましたが、
帰りは湖の北側の橋を。こちらも浮き橋です。

シアトルの街観光37

ここからもレーニア山が見えました。

到着したのは、ユニバーシティ・ディストリクト。
ワシントン大学があるエリアで、学生街らしく、
本屋さんやカフェがたくさんありました。

シアトルの街観光38

ワシントン大学のキャンパスは広く、
緑豊かでした。

シアトルの街観光39

トーテムポールもありました。

シアトルの街観光41

キャンパス内にあった民族アートの美術館。

シアトルの街観光40

入口前には面白い作品も展示されてました。

再びバスに乗って、次の街へ。
アートの街、フリーモント。

シアトルの街観光43

街中にいろんなモニュメントがありました。

シアトルの街観光42

『People Waiting for the Interurban』という作品。

シアトルの街観光44

『Fremont Troll』橋の下にある大きなモニュメント。
トロルは橋の下に住み、人間を食べて暮らす怪物、
だそうです。

シアトルの街観光45

レーニン像。ロシアから持ってきたものだそうです。

シアトルの街観光46

レンガ作りの建物の横に立つロケット。
これもアートとのこと。

シアトルの街観光47

フリーモントブリッジの向こうは急坂の崖です。

シアトルの街観光49

フリーモントブリッジを下から見たところ。
この橋は真ん中が割れて垂直に開きます。

シアトルの街観光52

大きな橋の下は小さな公園が。
夕方頃はジョギングやサイクリングをしている人が
頻繁に通り過ぎ、水辺には小さなボートや、
カヌーの練習をしている人達も。

仕事終わりに楽しんでいる人が多くて、
過ごしやすくて良い街ですね。

シアトルの街観光50

夕食はウォーターフロント地区に戻ってきて、
シーフードを。

「crab pot」という有名なお店です。
シーフードが豪快に食べられます。

シアトルの街観光53

タラバ蟹等の盛り合わせを注文すると、
エプロンとトンカチが。

シアトルの街観光51

バケツに入れられて持ってきたシーフードを
テーブルいっぱいにどさっと。

これで2人分です。
蟹、海老、ムール貝、串焼だけでなく、
とうもろこし、ジャガイモ、パンも付いてました。
食べ切れなかったので、持ち帰りにしてもらいました。

【2009/09/10 23:11】 | 北米(シアトル/バンクーバー)_2009.09
トラックバック(0) |
シアトルの街観光53

最終日の朝はバスに乗って、
オリンピックスカルプチャーパークへ。

広々とした公園に彫刻が展示されてます。

シアトルの街観光54

エリオット湾の海岸へも
公園からすぐに出られます。

シアトルの街観光55

海沿いのお散歩コースは気持ち良い。

そこから歩いて、シアトルセンターへ。

シアトルの街観光56

スペースニードル。

シアトルの街観光57

変わった建物のEMP/SFM。

シアトルの街観光58

建物の中も曲線を描く構造。

シアトルの街観光59

入口横にはこんな広場も。

シアトルの街観光60

光が次々と変化してました。

この後、バスで南に下って、
ダウンタウンのスミス・タワーへ。

シアトルの街観光61

エレベーター乗り場も金色で素敵です。

シアトルの街観光62

エレベーター内。こちらもキラキラ。

元船乗りという素敵なオジ様が、
エレベーターを操作してくれました。

シアトルの街観光63

扉ももちろん格子。

シアトルの街観光64

展望台にある階に到着。
エレベーターを外から見たところ。

シアトルの街観光65

エレベーターの横には、
エレベーターを動かしているマシンも。

シアトルの街観光66

こちらが豪華なチャイニーズ・ルーム。
逆光で見えづらいですが。

シアトルの街観光67

そして、「願い事のイス」。
結婚願望のある女性はここに座ると
1年以内に結婚できるそうです。

シアトルの街観光68

格調高い天井。

そして、屋外の展望台へ。

鉄格子のみに囲まれたベランダで、
かなり怖いです。

シアトルの街観光69

クエスト・フィールド方面。

シアトルの街観光70

ウォーターフロント方面。

これで時間切れ。
シアトルの街観光を後にしました。

【2009/09/11 19:15】 | 北米(シアトル/バンクーバー)_2009.09
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。