世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月5日(金)~19日(金)に、
フランス・パリと
トルコのイスタンブール、カッパドキアへ
行ってきました。

旅の目的は、西洋と東洋の文化が混ざる街、
インスタンブールのモスクや町並み、
それから、カッパドキアの奇怪な景色です。

当初はトルコ航空の直行便で行くつもりでしたが、
10月初めということで、なかなか料金が発表されず、
待ち侘びて、問い合わせをしたときには、既に完売。
仕方なく、JALで予約しようとしたら、こちらも、
直行便は完売。パリ経由にして、せっかくなので、
ストップオーバーしてみました。

結局、JALで手配した便は以下のとおり。

10月5日 成田→パリ(JAL)
10月8日 パリ→イスタンブール(エールフランス)
10月18日 イスタンブール→成田(トルコ航空コードシェア便)

航空会社が全部違うというのが面白いですね。
こんな経路ですが、Web悟空のイスタンブール往復に
ストップオーバーの追加代金を払っただけなので、
意外なほど、お安く手配出来ました。
ちなみに、このストップオーバーが3日間という予約は
システムの不具合のため、ネットでは予約できず、
電話で予約。しかし料金はWeb価格でした。
ネット上でエラーとなっても、諦めずに電話してみる
価値はあります。

トルコ内の移動は、トルコ航空のサイトで予約。
行きはカイセリ空港、帰りはネグシェヒル空港です。
どちらの空港からもカッパドキアへ行けますが、
カイセリ空港の方が便数が多いです。
ちなみに、トルコ航空のマイルは、ルフトハンザ航空の
マイレージに加算できます。(国内線は一律750マイル)
前回のインド旅行でエア・インディアに乗ったときに作った
ルフトハンザのマイルが役に立つのです。
こういったマイナーな航空会社と提携しているマイレージ
サービスを見つけておくと、便利かもしれません。
エア・インディアやトルコ航空でマイルを貯めようとしても、
次回はいつ行くのかわかりませんし。

そして、ホテルですが、今回はmixiのコミュニティで
見つけました。全て、2,000~3,000円の安宿。

ということで、パリ3泊、イスタンブール5泊、
カッパドキア5泊の旅です。
旅行記は下のリンクよりどうぞ。
パリ(10/5~10/8)
・トルコ(10/8~10/19)・・・工事中

※ 食事については、ごはん日記に詳細を記載しています。
パリ(10/5~10/8)
イスタンブール(10/8~10/13,10/18)
カッパドキア(10/13~10/18)
スポンサーサイト

【2007/10/04 23:52】 | パリ_2007.10
トラックバック(0) |
*** この旅の日程等はこちら ***

成田~パリの飛行機は、事前にネットで
座席指定しておいたので、成田へはギリギリの到着。

まずは、駅前のTravelexでユーロに両替。
このお店、ユーロは現地よりもレートが良いので、
ヨーロッパへ行かれる方にはオススメです。
10月5日で1ユーロ168.58円。ユーロは高いです。
ちなみに、パリでのレートは170円を超えてました。

さて、座席ですが、今回の飛行機は2階席があったので、
迷わず、2階席の窓際。この席はとっても良いですよ。
2階席の何がいいかというと、まず、席数が少ない割に
トイレは前後にありますし、雑誌・新聞の棚もあります。
そして、窓の下に荷物入れがあるのです。
この荷物入れがとても便利。
荷物を手の届かない上の棚に入れる必要はなく、
すぐに取り出せる場所に置いておけますし、
棚を閉めれば、サイドテーブルになります。
私は、前のテーブルを仕舞って、ドリンクや本を
窓の下の棚の上に置いてました。

飛行機ですが、乗り慣れたJALなので、
特に期待もせず、失望もせず、といった具合です。

いつものように、ドリンクは、ジンにスカイタイム。
そしたら、通路を挟んだおじさんが、ウォッカに
トマトジュースという注文をしてました。
自分でカクテルを作る技を真似されたのかも。

機内での睡眠は、窓側向いて、脚を胸に引き寄せる形。
体育座りのまま、コテンと横に倒したような感じです。
脚を下に下ろすと浮腫んでしまうので、どうしても、
座席の上に乗せたくなるのです。
私がこの姿勢で寝てたら、隣のイケメン兄さんも、
長い脚を窮屈そうに折り畳んで、座席に乗せてました。
こちらも真似されたみたいです。
そうそう、このイケメン兄さんは体調悪かったようで、
鼻をずびずびさせて爆睡。
トイレに行くときに起こしては悪いと思って、
靴を手に取り、座席の上に立ち上がって跨いだら、
近くのおばさんに笑われてしまいました。
大人の女の行為ではないですね。
どうも、機内ではお行儀が悪くなってしまいます。

飛行時間は約12時間半。食事3回で、合間に短い睡眠を
取ってたら、あっという間でした。
(機内食はごはん日記を参照→昼食おやつ夕食

到着はシャルル・ド・ゴール空港。
スペイン旅行の時に乗り継いで以来、1年半ぶり。
この空港はガラス張りでとっても綺麗です。

パリ1 パリ2


パリの宿は、プチパリという日本人向けのゲストハウス。
価格の安さを重視しました。初のゲストハウスです。
場所はレピュブリック駅の近く。
空港から、ロワールバスに乗って、オペラまで。
そこから、地下鉄に乗って辿り着きます。
バスと地下鉄のチケット購入に手間取ったり、地下鉄の
入口がわからなかったりと、いろいろ迷いましたが、
何とか到着。

他のお客さんはなかなかのツワモノ達でした。
一人の男性はレストランで修行中とのことで、
夕食はゲストハウスで自炊することが多いらしく、
到着した日も、鶏肉の煮込み料理をご馳走になりました。

パリ3 パリ4

鶏一匹丸ごとの煮込み料理と、その煮汁を絡めたペンネ。
とっても、おいしかったです。

二人の女性はパリコレ見学に来ているメイクさん。
毎日いろんな会場を回っているらしく、忙しそうでした。
残りの女性は私と同じく一人旅。
宿泊客5人に、管理人の男性1人の合計6人が古びた
アパートで暮らす生活です。
エレベーターは2人しか乗れない小さいもので、
一体築何年なのかと疑問に思ったほど。
パリの物価の高さを考えると、こうしたキッチン付きの
古いアパートで自炊したほうが良いですね。

パリの物価ですが、とにかく高いです。
ユーロが高いということを差し引いても、そう思います。
付けられてる価格がドル表示だったとしても高いと
思うほどなのです。
例えば、500mlのペットボトルのジュース。
これが2ユーロですよ。330円以上。
レストランの食事も高いです。
日本が安くなりすぎたのかもしれませんが、
三ツ星レストランとか、最初からこれを食べる、
という具体的な希望がない場合、外食するのがイヤに
なってしまいます。
ですので、キッチン付きの宿はオススメです。

【2007/10/05 23:56】 | パリ_2007.10
トラックバック(0) |
パリでは3泊しますが、移動日を考えると、
観光できるのは丸2日間。
その初日はとにかく歩き回ろうと決めました。
パリの観光名所は集約されているため、歩ける距離です。
時間の余裕はないため、教会には入っても、美術館には
入らないという方針で、とにかく歩きました。

まずは、ゲストハウスの近くのカフェで朝食。
カフェオレとクロワッサンというパリらしい朝食を
食べたら、出発です。ひたすら歩きます。
(朝食のごはん日記はこちら。)

午前中に見学できたのは以下のとおり。
(写真はクリックすると拡大します。)

レピュブリック広場
バスティーユ広場
パリ5

7月革命記念柱とオペラ・バスティーユ

サン・ルイ島
シテ島
パリ6

パリ7 パリ8

ノートルダム大聖堂の裏側と正面

パリ9 パリ10

ノートルダム大聖堂の綺麗な彫刻と内部

パリ11 パリ12

サント・シャペルのステンドグラス

パリ13

コンシェルジュリーは休館で外観のみ

サン・ジャック塔
パリ14


パリ市庁舎
パリ15

裏側の写真

サン・ジェルヴェ・サン・プロテ教会
パリ16 パリ17

正面と、内部の大きなパイプオルガン

ポンピドゥー芸術文化センター
パリ18 パリ19

横の池からと、正面のエスカレーター

フォーロム・デ・アール
パリ20


サントゥズダッシュ教会
パリ21 パリ24

外観と、リハーサル中のミュジーシャン。
叩いているのは木魚のような楽器。
教会の中でライブをやる様子でした。

パリ23 パリ22

聖壇と大きなパイプオルガン

ランチは店頭にサンドイッチなどが並べられている
気軽なファーストフードのようなお店。
中東っぽいセットメニューを選んでみました。
こんなメニューがあるためか、お客さんは肌の黒い
人達ばかり。移民が多い国らしいですね。
(ごはん日記はこちら。)

【2007/10/06 14:09】 | パリ_2007.10
トラックバック(0) |
午後もいっぱい回りました。
(写真はクリックすると拡大します。)

フランス銀行
パリ25


パレ・ロワイヤル
パリ26 パリ26

外観と中庭

ルーブル宮
パリ27


カルーゼル凱旋門
パリ28


コンコルド広場
パリ29


グラン・パレ、プティ・パレ
パリ31 パリ30


アンヴァリッド
パリ32


エッフェル塔
パリ34 パリ33


凱旋門、シャンゼリゼ大通り
パリ35 パリ36


マドレーヌ教会
パリ37


オペラ・ガルニエ
パリ38

外観のみ見学。

ギャラリー・ラファイエット
パリ39 パリ40

1階の化粧品売り場。
逆さのエッフェル塔を女性が被っているパフォーマンス。

当初の目標どおり、なんとか1日で回れました。

ランチタイムと、途中でアイスクリームを食べた時、
この2回以外は全く休憩なし。
さすがに疲れました。
ヨレヨレの状態で、ブラッスリーで夕食。
ワイン1杯で眠くなり、ゲストハウスに戻って、
夜10時には寝てしまいました

(ごはん日記はこちら→アイスクリーム夕食

【2007/10/06 23:46】 | パリ_2007.10
トラックバック(0) |
第一日曜日は美術館が無料の日です。
もちろん、美術館巡りしかありません。

まずはルーブル美術館。
無料DAYは朝から並ぶと聞いていたので、
ゆっくり朝食などを食べている暇はありません。
ルーブル美術館近くのパン屋さんでパニーニを購入。
その場で焼いてくれるのでアツアツです。
これを持って、列に並びます。
そして、待っている間に食べました。
(ごはん日記はこちら。)

9時ちょうどに開館。
中は広いので、館内はさほど混み合ってません。
とりあえず一通り回ろうと、地図を読みつつ歩いたら、
すぐに迷ってしまいます。

パリ41

入口近くの彫刻が置かれている広場。公園のようです。

広いだけではなくて、ジャンルが節操なさすぎです。
エジプト美術を見てたと思ったら、ナポレオン三世の
部屋に迷いこんだり、イスラム美術からフランス絵画、
全く異なる世界が共存してるのが面白いです。

パリ42 パリ43

ナポレオン三世の部屋がいくつか並んでました。

パリ44 パリ45

地下にあった中世ルーヴルの遺構とスフィンクス

パリ46 パリ47

西洋美術が展示してある部屋の素敵な天井と、
有名なモナリザ

あらゆるジャンルが集まった美術館を見ていると、
自分の嗜好がわかります。
私は、絵画よりも彫刻、それも、エジプトのような遺跡
から発掘されたものの方が好きなようです。

途中、館内のスタバで一服しつつ、何とか一周完了。
もうお昼の時間です。
メトロへ直結した出口から出て、その途中にあった
フードコートでランチ。
このフードコートには、世界各国の料理が並んでました。
私はお米が食べたくなったので、スペイン料理を選択。
日本人の中年の方も多く見かけましたが、みなさん、
お寿司を選んでいたのが驚きです。
(ごはん日記はこちら。)

さて午後は、メトロに乗って、モンマルトルの丘へ。

パリ48


サクレ・クール聖堂を見た後は、周辺をお散歩。
お土産屋さんやレストランが軒を連ねます。
観光地っぽい雰囲気が嬉しくて、またアイスクリームを
食べてしまいました。ショーケースに並んでるアイスが
ケーキっぽくて食欲をそそったのです。
(ごはん日記はこちら。)

石畳の坂道がお散歩を楽しくさせてくれたので、
地図を見ずにしばらくうろついてしまいました。
パリはメトロの駅が多いので、適当に歩いていても、
何とか、メトロに乗ることが出来るのです。

パリ49 パリ50

サクレ・クール聖堂近くの街並みと石畳の坂道

1時間ほどぶらついて、メトロの駅を見つけた後は、
メトロに乗ってピカソ美術館へ。

パリ51

ピカソ美術館を反対側のお庭から。

こちらは期待外れでした。作品数も少なかったです。
その後、歩いて、前日も来たポンピドゥー芸術文化
センターへ。ここの5~6階が国立近代美術館です。
こちらは対照的に、予想外の広さに驚きました。
面白いオブジェも多く、楽しめました。
ここは夜遅くまで開いているので、余った時間を潰す
のに、絶好の場所だと思います。

パリ52 パリ53

ポンピドゥー芸術文化センターの外観と、最上階からの眺め。

この日も歩き疲れたので、ブラッスリーでビールを
飲んだら眠くなり、早めの就寝となりました。
(ごはん日記はこちら。)





【2007/10/07 23:33】 | パリ_2007.10
トラックバック(0) |
パリ最終日ですが、あまり時間がないので、
ゲストハウスの近くを散策。

パリの物価の高さに辟易したので、朝食は朝マック。
(ごはん日記はこちら。)

そして、サン・マルタン運河をお散歩。

パリ54


以上で、パリの観光は終了。

観光名所が多くて、街歩きはとても楽しかったのですが、
物価の高さと、英語表記がなかったり、英語を話して
くれなかったことは苦労しました。

パリ55

地下鉄の切符。自動改札に回収されないので、手元に残りました。
短い期間でしたが結構乗りました。

メトロでオペラまで行き、ロワシーバスで空港へ。
シャルル・ド・ゴール空港はターミナルが多いので、
下車する場所に注意が必要です。
かくいう私は間違えました。
エールフランスは2Fだと思い込んでいたら、
チケットを見ると、2B。
慌てて、無料巡回バスで移動しました。
2Bターミナルは古い建物でした。
チェックインを先にと思ったら、出国審査を通らないと
カウンターに辿り着けず。なので、エリア外の探検は
出来ませんでした。
エリア内は狭く、お店も少なかったです。
出発が30分遅れたため、ピザなどを食べつつ待機。
(ごはん日記はこちら。)

エールフランスの機内は、シート間隔が広かったです。
個人画面もなく、音楽すら聴けなかったですが、
たった3時間半でも、機内食が充実してたので満足です。
エコノミーなのに、シャンパンもありましたし、
ガラスのグラスと、布のナプキンは高級感があります。
(ごはん日記はこちら。)

パリ56



【2007/10/08 14:05】 | パリ_2007.10
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。