世界各国・日本全国各地を訪れた様子を記していきます。(小さな写真はクリックすると拡大します)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョグジャカルタ市街の中心マリオボロ通りから空港へは、
運賃3千ルピアのトランスジョグジャで行けるので便利です。
ただ、マリオボロ通りは一方通行のため、バスのルートは大回りし、
思ったよりも時間がかかって焦りました。

2014ジョグジャカルタ448

空港に到着。
この建物の下から地下道が伸びていて、
トランスジョグジャの停留所に繋がってます。

2014ジョグジャカルタ447

南国らしい開放的な空港の建物です。

向かって右側が国内線で、左側が国際線となってます。

2014ジョグジャカルタ445

各航空会社のカウンターが並ぶ国際線ターミナル。

ジョグジャカルタは意外と多くの航空会社が就航しているはずですが、
カウンターは少なくて長い行列が出来ていましたし、
行列を避けるように歩くのも結構大変でした。

2014ジョグジャカルタ444

小さなお土産店が2,3店と、小さなコンビニ1店しかありません。

搭乗券を受け取った後、怪しく思えるほど簡素なカウンターで空港税を支払い、
出国手続きをしました。

出国後の待合室も大画面のテレビとベンチがあるだけで、
お店はひとつもなかったです。
(WIFIは通じたので時間潰しには困らなかったですが)

2014ジョグジャカルタ446

待合室のすぐ目の前に、これから搭乗する飛行機が停まりました。
乗ってきた人達が続々と降りていく様子を眺めてました。

2014ジョグジャカルタ449

待合室を出て、目の前の飛行機に歩いて搭乗しました。
これだけ近いと、ボーディングブリッジなんて必要ありません。

2014ジョグジャカルタ450

隣に停まっていた、ライオン・エア。
インドネシアのLCCです。

2014ジョグジャカルタ451

時間通りに全員が搭乗出来たのに、全然飛行機が動きません。
滑走路を見ると、小さな飛行機が続々と舞い降りてきていました。

ジョグジャカルタの空港は滑走路を軍と併用しているらしいのですが、
機内アナウンスによると、軍の訓練で滑走路を使用しているので、
それが終わるのを待っている、とのこと。
このせいで30分ほど機内で待たされました。
こちらはスケジュール通りだというのに、何故軍は邪魔をするのでしょう?

2014ジョグジャカルタ452

たった2時間15分のフライトですが、機内食は出ました。
カートには乗ってなかったですが、CAさんにリクエストして、
ワインを飲んでいる欧米人も多かったです。

2014シンガポール1

シンガポールのチャンギ空港の第ニターミナルに到着。
南国らしいヤシと綺麗な花。
チャンギ空港の豪華さには参ります。

2014シンガポール2

空港のターミナルの地下にMRTの駅があります。
MRTで市街までは、乗り換えがあっても30分くらいだったかと。

2014シンガポール3

MRTは空港を出て、郊外は高架を走ってましたが、
シンガポール市街の中心部は地下鉄のようになってました。

2014シンガポール4

到着したチャイナタウン駅は壁画が綺麗でした。

2014シンガポール6

チャイナタウンの通り。

マレーシアのマラッカで見たプラナカン様式のショップハウスが
シンガポールのチャイナタウンにも多く残されていました。

2014シンガポール7

チャイナタウンらしく、通りには派手な飾り付けもあり、
夜はライトアップされていて綺麗でした。

そんなわけで、シンガポールはチャイナタウンを拠点にて、
たった1日半ですが、歩きまわりました。
スポンサーサイト

【2015/02/22 22:34】 | シンガポール_2014.09
トラックバック(0) |
プランバナン寺院の公園の外にも古い寺院が点在しているので、
いくつかに足を伸ばしてみました。

2014ジョグジャカルタ413

最初にやってきたのは、プランバナン寺院の南側の大通りに面する、
Hotel Jaya Kusuma。

ここで自転車が借りられるという情報を得たのでやってきました。
フロントにいた男性に聞いたところ、宿泊客以外でもOKとのことで、
宿泊先のホテルと返却予定時間を告げて、3万ルピアで借してくれました。

2014ジョグジャカルタ436

こちらが借りた自転車。ごく普通のママチャリでした。

まずはホテル前の大通りを東へ。トランスジョグジャの停留所を過ぎ、
さらに東へ向かいました。大通りはバスやトラックの交通量が多く、
排気ガスが凄まじかったので、マスクを持参しなかったことを後悔しました。

2014ジョグジャカルタ416

通りに看板が全然出ていなくて、不安に思って路地に入ったところ、
こちらの遺跡?を見つけました。一体何でしょう?

再び大通りに戻ってさらに東へ進んだら、ようやく看板を見つけました。
排気ガスの中を走って辛かったせいで、遠く感じてしまったみたいです。

2014ジョグジャカルタ414

チャンディ・カラサンです。看板に沿って路地に入ったら、すぐに見えました。

入場無料で自由に見学出来ましたが、近くには警備員が常駐する小屋と
見学者用の駐車場もありました。
ガイドに連れられて来た日本人観光客も見かけたので、
ツアーに組み込まれるほどの有名な寺院みたいです。

2014ジョグジャカルタ415

プランバナン寺院はヒンドゥー教でしたが、こちらは大乗仏教とのこと。
寺院の外観だけでは、いまいち違いは分かりませんが。

2014ジョグジャカルタ418

お堂の中。仏像は残っていないようです。

2014ジョグジャカルタ417

お堂の天井を見上げたら、円錐形になってました。
そういえば、同じ仏教寺院のボロブドゥール郊外にあるムンドゥ寺院も、
天井はこのような形をしていましたね。(→ blog)

2014ジョグジャカルタ422

チャンディ・カラサンを後にして、今度は大通りを跨いで北側の路地へ。
住宅街の中を通ったら、面白い住宅を見つけました。

派手な住宅の脇に大きなニワトリが置いてあったのですが、
下には車輪も付いていて、一体何に使うのでしょう?
タイのアユタヤの寺院で大量のニワトリの置物を見かけましたが、
インドネシアのジャワ島でも同じ風習があるのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ419

住宅街の中にあった、チャンディ・サリ。こちらも仏教寺院とのこと。
敷地の周りは植栽もあって、綺麗に整備されてました。

受付みたいな小屋があって、警備のおじさんがいましたが、
入場無料で、自由に見学出来ました。

2014ジョグジャカルタ420

中に入ってみました。
邸宅のような外観でしたが、内部も飾り窓があったりして、
やはり邸宅のようでした。

2014ジョグジャカルタ421

外観は2階建てのようにも見えましたが、天井はなさそうでした。

2014ジョグジャカルタ423

チャンディ・サリから大通りに出たら、こんな可愛らしい建物がありました。
ロシアのイスラム系のモスクっぽくも見えますが。

2014ジョグジャカルタ426

プランバナン寺院公園まで戻ってきて、さらに北上したら、
ヤギが草を食む、のどかな農村のような場所に辿り着きました。

2014ジョグジャカルタ434

砂埃が舞う道では、黄色の液体が入った瓶をよく見かけました。
おそらく、ガソリンの路上販売かと思います。
バイクに跨ったまま、瓶からガソリンを入れているのを見た覚えがあります。

2014ジョグジャカルタ424

遠くには山も見える、のどかな農村風景を眺めながらのサイクリング。

2014ジョグジャカルタ425

畑の向こうに、遺跡が見えてきました。

住宅街の中から突然現れる遺跡も面白いですが、
畑の中に埋もれていて、遠くからも見える遺跡も良いですね。

2014ジョグジャカルタ427

チャンディ・プラオサンに到着。

入口に警備のおじさんが数人いて、入場料の案内はなかったですが、
寄付金をうるさく請求されたので、支払ってきました。
あと、自転車も近くに停めさせてくれなくて、近くの民家を指さし、
あそこに停めろ、と。そして、民家のおばさんに駐輪料金を請求されました。
チャンディ・カラサンやチャンディ・サリとは全く違う対応で驚きました。
(とは言え、プランバナンの公園の入場料に比べてば20分の1ほどでしたが)

2014ジョグジャカルタ428

お堂の参道入口には、狛犬のように鎮座しているのは、
ジャワ土着の守護神クベラだそうです。

2014ジョグジャカルタ429

クベラは左右、二体が対になっていました。

チャンディ・プラオサンは大きなお堂が2つあり、
その間に小さな祠がいくつかありました。

2014ジョグジャカルタ430

向かって右側の大きなお堂。
先ほどのチャンディ・サリと外観が似ています。

2014ジョグジャカルタ432

中央の入口から中に入ると、左右に小部屋があり、
どちらにも二体の仏像が置かれてました。

2014ジョグジャカルタ433

右側のお堂から左側のお堂を。

お堂の間に壁があるので、元は隣り合った別々のお寺だったのかも。

2014ジョグジャカルタ431

左側のお堂。右側のお堂とほとんど同じですね。

2つのお堂の裏手には小さな祠がずらっと並んでいて、
修復中がかなり進んでいる様子でした。
プランバナン寺院公園からも結構近い場所にあるので、
見るべき価値はあるかと思いました。

2014ジョグジャカルタ435

畑の中の通りを抜けて、自転車を借りたホテルまで戻ります。

2014ジョグジャカルタ437

畑を通り過ぎ、集落の中に入ったら、こんな派手な建物がありました。
Water Park と書かれた看板もあったので、プール付きの遊園地とかでしょうか?

2014ジョグジャカルタ438

プランバナン寺院公園の南側の大通りに戻ってきたら、
イスラムモスクの背の高い塔(ミナレット)がありました。

2014ジョグジャカルタ439

モスクの建物も立派ですね。

世界遺産に認定された有名なヒンドゥー教寺院の遺跡と、
歴史ある仏教寺院の遺跡が点在している町なのに、
現在住んでいる人達はイスラム教徒が多数、というのが不思議です。

さて、自転車を返して、トランスジョグジャの停留所まで歩きます。

2014ジョグジャカルタ442

停留所の近くはマーケットのようにお店が並んでました。
残念ながら、もう夕方なので閉まっているお店がほとんどでしたが。

2014ジョグジャカルタ440

その中の1軒、若い女の子が一人でやってるこちらのお店に入ってみました。

2014ジョグジャカルタ443

お店の名前でしょうか?

お店の子はカウンターの上に並んでいるコーラとかを指差して勧めましたが、
このポスターが目に入ったのと、ショーケースに果物が並んでたので、
とりあえず、みかんを指差して、ジュースを作ってもらいました。

2014ジョグジャカルタ441

出来上がったジュース。

みかんを皮剥いてミキサーに入れて、水とシロップを加えて、
何度も味を見ながら作ってくれました。
こんなにシロップを加えるの?、と思うほど大量に加えてましたが、
飲んでみたら、とっても美味しかったです。
ちなみに、オレンジジュースは8千ルピアでした。

そんなわけで、プランバナン周辺の半日観光は終わりました。
関連記事

【2015/02/18 22:26】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
プランバナン寺院のメインであるチャンディ・ロロ・ジョングランは、
意外とあっという間に見終わってしまいましたので、
広い公園内をぐるっと回ってみることにしました。

2014ジョグジャカル383

チャンディ・ロロ・ジョングランのすぐ北側にあった芝生の公園。

2014ジョグジャカル379

写真では見づらいですが、遊具が置いてあって、普通の公園みたいでした。
地元の子供達が数人遊んでいました。

外国人観光客がこの公園に入るには高い入場料を支払ってますが、
地元の子供達は入園無料なのでしょうか?

2014ジョグジャカル380

ボロブドゥール寺院と同様、こちらにも公園内を走る有料のシャトルがありました。
しかし、お客さんは誰もおらず、走っている様子も見かけなかったです。

2014ジョグジャカル381

レンタサイクルもありました。一人乗り用と二人乗り用の2種類。
公園内でしか乗れませんが、せっかくなので借りてみました。

2014ジョグジャカル382

こちらがサイクリングコースの入口のようです。

2014ジョグジャカル386

自転車で数分、あっという間に次の寺院に到着。

2014ジョグジャカル387

チャンディ・ランブン(Candi Lumbung)

チャンディ・ロロ・ジョングランから歩いてもすぐの場所ですが、
観光客は誰もおらず、閑散としていました。

2014ジョグジャカル383

狭い敷地に石造りのお堂がいくつか並んでました。

2014ジョグジャカル384

再建中のお堂もあり、まだまだのようです。

2014ジョグジャカルタ411

公園内の様子。木の下でお弁当を食べるのも良いかも。

2014ジョグジャカル385

次は、チャンディ・ブブラ(Candi Bubrah)

サイクリングコースに面しておらず、林の中にあったので、
あやうく通り過ぎそうになりました。
まだ土台しか再建されてないので、見るべきものはなかったです。

2014ジョグジャカルタ412

サイクリングコースを北へ進みます。

2014ジョグジャカルタ388

公園内の一番北にある、チャンディ・セウ(Candi Sewu)

こちらはプランバナン寺院の中で2番目に広い寺院です。
チャンディ・ロロ・ジョングランからはちょっと離れていますが、
自転車ではあっという間でした。
歩いてくる人もいるようで、観光客を数人見かけました。

2014ジョグジャカルタ391

広い敷地にたくさんのお堂があったようですが、まだまだ再建中。
参道近くのお堂は建っていましたが、奥は石が積まれているだけでした。

2014ジョグジャカルタ390

参道沿いには仏塔のような形のものもありました。

2014ジョグジャカルタ392

中央の大きなお堂。こちらは中にも入れました。

2014ジョグジャカルタ389

お堂の中。ロロ・ジョングランとは違って、神像は置かれてなかったです。

2014ジョグジャカルタ393

チャンディ・セウを北側の入口から。

こちらからの方が逆光ではないですし、お堂もたくさん見えて、
見栄えが良いですね。

2014ジョグジャカルタ394

チャンディ・セウの北側には工房みたいな建物がありました。

2014ジョグジャカルタ395

工房らしき建物の入口手前には発掘現場をそのまま残したようなものが。

2014ジョグジャカルタ396

工房らしき建物の一角では、いろんな石が展示されていました。

2014ジョグジャカルタ397

こちらは土台。いろんなタイプがあるようです。

プランバナン寺院には他にもたくさん寺院があったようですが、
整備が進んでいる寺院は以上ということで、出発点に引き返します。

2014ジョグジャカルタ402

橋の向こうに見えるのも寺院の跡でしょうか?

2014ジョグジャカルタ398

チャンディ・ロロ・ジョングランの裏手には川が流れていて、
その向こう側も公園の敷地のようでした。

2014ジョグジャカルタ399

吊り橋の先の丘の上にはヒンドゥー教の寺院らしくない像が見えます。

2014ジョグジャカルタ400

チャンディ・ロロ・ジョングランを真裏から。

表は逆光で写真が暗くなってしまうので、わざわざ裏に回って撮影している人もいました。

2014ジョグジャカルタ401

ぐるりと回って、チャンディ・ロロ・ジョングランを真横から。

2014ジョグジャカルタ406

レンタサイクルを返して入口方面へ向かうと、芝生広場にテントが設営されていました。
こちらがプランバナン屋外劇場かと。夏の間はラーマヤナ舞踊が上演されているようです。

2014ジョグジャカルタ403

公園内には入場無料の博物館がありました。

2014ジョグジャカルタ404

ボロブドゥール寺院にあった博物館にそっくりですね。

2014ジョグジャカルタ405

博物館のお庭には石像が点在していました。

2014ジョグジャカルタ409

出口の近くでは、何故か家畜のようにダチョウが飼われてました。

2014ジョグジャカルタ410

ダチョウの奥には、鹿が放牧されていました。

日本でも、こども動物園が中にある公園はいくつかありますが、
そんな感じなのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ407

ボロブドゥールと同様、プランバナンも入口と出口が分かれていて、
出口の先に売店が並んでました。

写真に写っているお店だけでなく、右側は市場みたいになっていて、
お土産屋さんが並んでました。

2014ジョグジャカルタ408

このようにお店の横を通らなければ、敷地の外へは出られません。
観光客にお金を使ってもらいたいんでしょうね。。

さて、プランバナン寺院公園を出た後も、
もう少しプランバナンの観光を続けます。(次の記事へ)
関連記事

【2015/02/01 22:36】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
ジョグジャカルタから近い世界遺産と言えば、
ボロブドゥール寺院が一番に上がりますが、
もう1つの世界遺産、プランバナン寺院もあります。

プランバナン寺院はジョグジャカルタ市街から近く、
交通の便も良いため、簡単に日帰り観光が出来ました。

2014ジョグジャカルタ358

出発はジョグジャカルタ市街の中心、マリオボロ通りの
トランスジョグジャの停留所から。

2014ジョグジャカルタ359

改札で運賃3千ルピアを支払って、停留所の中へ。

プランバナン寺院へはトランスジョグジャの1Aで行けます。

2014ジョグジャカルタ360

トランスジョグジャの車内の様子。

車掌さんが車内にいて、停留所が近づくと地名をアナウンスし、
ドアを開けてくれるので、観光客でも安心です。

2014ジョグジャカルタ356

空港の近くにあるフードコート。

1Aのルートは、マリオボロ通り~空港~プランバナン寺院なので、
マリオボロ通りから行くと、空港を通り過ぎることになります。
空港からは近いので、ジョグジャカルタの到着日あるいは出発日に、
そのままプランバナンへ行くのも良いと思います。

2014ジョグジャカルタ357

終点のプランバナンの停留所に到着。

停留所の周辺は小さなマーケットになっていました。
プランバナン寺院へは、ここから東へ少し歩きます。

2014ジョグジャカルタ362

観光地らしく、停留所の前では、馬車とベチャが待ち構えていました。
これらに乗って、寺院の入口まで行くのも良さそうです。

2014ジョグジャカルタ363

停留所から寺院まではこの大通りを歩きます。
大通りの左側に広がっているのがプランバナン寺院の敷地です。

2014ジョグジャカルタ364

ここが入口かと思いきや、まだまだ先でした。

駐車場の入口はプランバナン寺院の敷地の一番東側です。
徒歩だったので、途中で柵が途切れている箇所を見つけて、
そこから駐車場に入りましたが、結構遠かったです。
停留所でベチャを拾えば良かったとちょっと後悔しました。

2014ジョグジャカルタ368

駐車場の奥には、お土産屋さんが並ぶマーケットがありました。

このマーケットはボロブドゥール寺院と同様、
寺院の出口から駐車場へ行くルートの途中に位置してます。
観光後、帰り際にお土産を買わせようという魂胆ですね。
(とは言え、ほとんどの観光客はお土産屋さんには目もくれず、
 出口からマーケットの隅を通って駐車場に一直線でしたが)

2014ジョグジャカルタ361

マーケットの一番奥、観光客は通らなそうな場所に、
小さな食堂が数軒並んでました。

お昼を食べそびれていたので、こちらで麺を頂きました。
東南アジアらしく、茹でたインスタント麺を炒めた焼きそばでしたが。

2014ジョグジャカルタ365

こちらが外国人用の入口です。

最初は、チケット売場の窓口が並んでいるような場所に、
大勢の人が集まっていたので、そちらに行ってみたところ、
外国人はこっちだ、と警備のおじさんに連れられてきました。

2014ジョグジャカルタ366

中に入ると、ホテルのロビーのようになってました。

外国人の入場料は、216,000ルピア。高いです。
クレジットカードはOKでしたが、現金はルピアのみでした。
事前に調べたサイトでは、18USドルと記載されてましたが、
ずいぶんと値上げされてしまったみたいです。

2014ジョグジャカルタ367

コーヒー、紅茶、ウォーターサーバーが用意されていて、
自由に飲むことが出来ました。トイレもありました。

コーヒーを頂いた後、腰に巻くサロンを借りて、
いよいよ、プランバナン寺院の見学へ。

2014ジョグジャカルタ371

ボロブドゥールと同様、綺麗な公園になっていました。

こんなに綺麗に整備されてしまうと、遺跡観光の趣きがせず残念です。

ちなみに、ボロブドゥール寺院は仏教寺院ですが、
こちらのプランバナン寺院はヒンドゥー教です。
そして、現在のインドネシアはイスラム教徒が大半、
歴史の変遷が面白い不思議な国ですね。

2014ジョグジャカルタ372

正面に見えてきました。プランバナン寺院です。
チャンディ・ロロ・ジョングランとも呼ばれてます。

しかし、太陽が真上から照り付けてきて眩しすぎます。
日傘を差している日本人ツアー客もいましたが、
その気持ちは分かりました。
ここは遺跡というよりも、都会にあるような綺麗な公園ですものね。


2014ジョグジャカルタ373

寺院の入口。

門は閉まってますが、入場券を見せれば入れました。

2014ジョグジャカルタ369

寺院の建物の前には、石が山積みされています。
まだ、修復途中なのでしょうか?

それにしても、逆光のせいで全然写真に写ってませんね。残念。

2014ジョグジャカルタ370

中央後方にある、この中では最大のチャンディ・シヴァ。

2006年の地震被害の修復が終わっていないようで、立入禁止になってました。

2014ジョグジャカルタ374

しかし、その周りには中に入ることが出来るものもありました。

2014ジョグジャカルタ375

中にあったのは仏像ではなく、ブラフマー神像。
3つの顔と4本の手を持ちます。

2014ジョグジャカルタ376

壁面にも見事な彫刻がなされてます。

2014ジョグジャカルタ378

こちらはヴォシュヌ神像。
2体が重なっているような造りで、見る角度によって変わりました。

2014ジョグジャカルタ377

プランバナン寺院の北側には公園が続いていますので、
次はそちらに足を伸ばしてみました。

次の記事につづく)
関連記事

【2015/01/27 08:15】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
前の記事のつづき)

民家の玄関先の塀からタマン・サリを見下ろした後は、
その隣の民家らしき建物に案内されました。

2014ジョグジャカルタ335

部屋の中は壁一面に絵画。
とりあえず見て、という感じで、強引なセールスなどもなく、
あっけなく終了。

この後、もう一軒近くのアトリエっぽい場所へ連れて行かれ、
そこでは影絵の人形がたくさん見られました。
写真撮影禁止でしたが、人形は皮で出来ていることなど説明され、
セールストークも始まりましたが、買う気配を見せなかったら、
あっさり終わりました。
あまり商売に熱心ではないんですかね。

2014ジョグジャカルタ323

絵画と影絵の人形を見た後は、ふたたび住宅街の中へ。

私を案内してきたガイド?が、「家がこの近くだから、お茶でも。」と
言われましたが、さすがにそれは断りました。

2014ジョグジャカルタ336

そしたら、この地下道の前に連れて来られ、ここでお別れだと。

チップなどを要求されることもなく、あっさり帰してくれました。
あのガイド?は一体何が目的だったのか、全く分からなかったですが、
地下道に入れたり、展望台に登れたり、タマン・サリを上から見れたりして、
自分ひとりでは絶対に来られなさそうなところに来られて良かったです。

さて、無事に別れられたのは良いとして、この地下道は一体どこなのでしょう?

2014ジョグジャカルタ337

地下道の中を通って行け、と指差されたので入ってみました。
地元の観光客らしき人もいたので、後を付いて行きました。

2014ジョグジャカルタ333

そして、地下道を抜けた先にあったのは、タマン・サリの入口でした。
もちろん、閉館時間を過ぎているので、門は閉まってますが。

市場の奥の公園から出発して、住宅街の細い路地をくねくね歩き、
地下施設や丘の上に立ち寄って、最後は地下道からタマン・サリの入口。
地図を見ても、自分がどこを通って辿り着いたのかさっぱり分かりませんでした。

2014ジョグジャカルタ342

タマン・サリからの帰り道もよく分からなかったので、
とりあえず王宮の白壁に沿って、方角だけを信じて歩きました。

2014ジョグジャカルタ338

そういえば最初の公園で見た丘の上の廃墟を見てなかった、と気が付いて、
住宅街の中の路地を歩いて、反対側の丘の真下までやって来ました。

2014ジョグジャカルタ339

廃墟の入口へ通じる階段を発見。

2014ジョグジャカルタ340

入口は開放されていました。自由に中に入れるようです。
こちらは裏口ですかね。

2014ジョグジャカルタ347

廃墟は壁だけが残ってました。

2014ジョグジャカルタ341

地面に埋まっている鬼の面(カーラ)。
タマン・サリにも、クラトンにもあったものですね。
この廃墟も王宮の一部だったのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ343

廃墟の中、天井は崩れ落ちています。

2014ジョグジャカルタ346

窓から外を覗いて。
こんなに壁が厚いので残っているんですね。

2014ジョグジャカルタ345

前面の壁はかなり崩れていて、レンガも見えてました。

2014ジョグジャカルタ344

丘の上からの眺め。
中央に見える円形の建物は最初に訪れた2階建ての地下道かと。
天井の真ん中が窪んでいて、穴が開いているのが分かります。

2014ジョグジャカルタ348

前方の階段の脇に看板がありました。タマン・サリの文字も。
やはり、ここはタマン・サリの一部だったようです。

2014ジョグジャカルタ350

外壁をよく見てみると、窓には庇も付いてました。

2014ジョグジャカルタ349

前面の入口から出ます。

廃墟の階段のすぐ手前まで民家が迫ってます。
民家の屋根が門を侵食してしまっているのが何とも。。

2014ジョグジャカルタ351

門をくぐって、振り返って写真を。
民家の侵食具合がよく分かります。

もしかして、廃墟となった後に民家が建てられてしまい、
廃墟を再建させようとした際に、無理やり通路を設けて、
門を建てたから、こんな形になってしまったのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ352

こちらが廃墟への入口。
「WATER CASTLE」と小さな看板が出てますね。
私みたいに裏から入るのではなく、
正面のこの通りから入るのが正しいようです。

2014ジョグジャカルタ353

公園の広場に戻ってきました。

よく目を凝らすと、写真の奥に、オレンジと黄緑のポールが見えます。
あれが丘の上の廃墟の門に置いてあったポールです。
広場からまっすぐ進めば、廃墟への入口に辿り着くことが出来ました。
丘の裏手に回るなどせず、素直にまっすぐ進めば良かったんですね。

2014ジョグジャカルタ355

思いがけず大冒険になってしまったので、帰り道で甘いものを。

通りがかりのお店でこの看板を見つけたので、お店の人を呼んできて、
指差しで注文しました。

2014ジョグジャカルタ354

ココナッツミルクに、酸っぱいゼリーがたくさん入ったパフェ。
東南アジアではよく見かけるパンダンで色付けされた黄緑色の
甘いアイスクリームとバナナも乗ってました。
これで確か、8千ルピアだったかと。。安いです。

閉店間際だったようで、食べ終わったらすぐに追い出されましたが、
パフェのほかに、中華まんとか点心とかも店先で売っていて、
テイクアウトも出来そうな、良いお店でした。
関連記事

【2015/01/21 23:21】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
ソノブドヨ博物館を見学した後は、王宮の西側を散歩してみました。

2014ジョグジャカルタ306

王宮の西側の通り。王宮は真っ白な外壁に囲まれていて、
途中、こんな門もありました。

2014ジョグジャカルタ303

適当に歩いていたら、Tシャツやバッグのお店が並ぶ通りに出ました。
どのお店も商品が個性的で、個人のデザイナーが営むお店っぽかったです。
この辺りは裏原宿とか、そんな感じのエリアなのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ307

こんな派手な壁画も。何の施設なのでしょう?幼稚園とか?

2014ジョグジャカルタ304

「PASAR」と看板に書かれているので、おそらく市場のはず。

2014ジョグジャカルタ305

市場に入ってみましたが、営業している様子ありません。
もう夕方だからでしょうか?

2014ジョグジャカルタ310

市場の奥は公園でしょうか?
町の雰囲気に不似合いな現代的なオブジェがありますが。

2014ジョグジャカルタ311

公園の横には大屋根のこんな施設がありました。
モスクとかにある足洗い場のようにも見えますが、
近くにモスクはありません。一体何でしょう?

2014ジョグジャカルタ308

市場の裏手に周ってみました。
遊園地とかプールでもあるのかと思って来てみましたが、
そうでもなさそうです。

2014ジョグジャカルタ309

水路のように見えます。浄水場の跡でしょうか?

2014ジョグジャカルタ312

公園に戻ってきました。
広場の奥に見える丘の上の廃墟が気になります。

どこから登れば、あの丘に行けるのだろうか?、と思っていたときに、
男性に「連れて行ってあげるよ!」と英語で声を掛けられました。
怪しい感じがしないでもなかったですが、まだ日は暮れそうにないですし、
子供たちもいて、治安も悪そうに見えなかったので着いて行ってみました。

2014ジョグジャカルタ315

丘の上に行けると思ってたのに、こんな場所に到着しました。
公園の広場の右奥から細い路地をくねくね進んだところです。

2014ジョグジャカルタ316

門番の人が鍵を開けてくれたので中に入ったら、
地下道がありました。

2014ジョグジャカルタ317

奥に進むと、ぐるりと円形の通路が出来ていました。

2014ジョグジャカルタ318

円の中心は天井がないみたいで、光が漏れています。

2014ジョグジャカルタ314

円の中心部にはこんな階段。
写真は階段を登って、2階部分の窓から撮影しました。

ちなみに、この写真を撮るのは大変でした。
現地の若者達がずーっと居座ってて、一体何枚写真を撮るの?
というほど、写真を撮りまくっていて。
何故あんなにもカメラが好きなんでしょう?

2014ジョグジャカルタ313

2階部分の通路。窓から光が見えるので、ここは地上みたいです。

そういえば、水の王宮と呼ばれるタマン・サリを紹介するサイトで、
この地下空間のような写真を見たような。。
ここはタマン・サリの一部なのでしょうか?
地図を見ると近そうですが、周辺は細い路地ばかりで、
タマン・サリの入口や敷地がどこなのかが分かりません。

2014ジョグジャカルタ334

地下道から出て、路地を回って反対側から見たら、
こんな建物になっていました。

ちなみに、地下道から出てきたら、門番の人にチップを要求されました。
相場が分からなかったので、2千ルピア札を手渡してみたら首を振られ、
結局1万ルピアを渡してきました。

2014ジョグジャカルタ321

案内してくれた男性に手招きされ、さらに路地を進みます。
看板に「KAMPOENG」とあるので、この奥は住宅街のようです。
今度は一体どこへ連れて行ってくれるのでしょう?

ちなみに、インドネシア語の「Kampoeng」とマレー語の「Kampung」は同じ意味。
マレーシアのマラッカで訪れたカンポン・モルテンの入口で、
似たような看板を見た(→ blog)のを思い出したのですが、
帰国後に調べてみたら、やはり同じ意味でした。
マレー語とインドネシア語は似てると言われるのを実感しました。

2014ジョグジャカルタ322

住宅街の中の塀のペインティング。

2014ジョグジャカルタ320

こちら側の塀にもペインティング。
アメコミっぽい絵ですが、インドネシアの漫画なのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ319

奥に進むと、コンクリートの塀だけでなく、
お店らしき建物の壁にも、ペインティングが施されていました。

2014ジョグジャカルタ324

龍のペインティングの建物の奥に、宮殿らしき建物が見えました。
あれはタマン・サリ?展望台?

2014ジョグジャカルタ325

先ほど見えた高台の上にやってきました。
この壁の奥が展望台のようです。

2014ジョグジャカルタ326

展望台からの眺め。民家が密集している様子が分かります。

2014ジョグジャカルタ327

展望台に面した広場の反対側には門らしきものがありました。

この門の右側に歩いて行くと、民家らしき建物が2軒ほどあり、
奥の1軒の玄関先の塀には、脇に土が盛られて階段のようになってました。
その土の階段を指さして、塀をよじ登るよう促されました。

2014ジョグジャカルタ332

塀をよじ登って見えたのはこの景色。
タマン・サリの水浴場です。

王宮に仕える女性に水浴びさせて、スルタンはその様子を塔から眺めて、
気に入った女性を物色していたという場所です。

もう閉館時間を過ぎてしまって、中には入れないタマン・サリが、
隣接する民家の玄関先から塀によじ登って上から見られるなんて。

2014ジョグジャカルタ329

水浴場は2つありました。

2014ジョグジャカルタ328

こちらがスルタンが眺めていた塔ですね。

2014ジョグジャカルタ330

塔の奥にも水浴場。
こちらはスルタンに選ばれた女性のためのものでしょうか?

2014ジョグジャカルタ331

後ろを振り返ったら、地元の人達も塀に登ってきてました。

塀の上は結構狭かったので、すれ違うのは大変でしたが、
見学後は何とか無事に塀から降りられました。

次の記事へ続く)
関連記事

【2015/01/10 23:19】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
ジョグジャカルタ市街の観光です。

2014ジョグジャカルタ265

マリオボロ通りを南に進むと、立派な建物が見えてきました。
地図で確認したところ、郵便局のようですが。。

2014ジョグジャカルタ266

立派な建物の向かい、交差点の脇には独立戦争の戦士達の像がありました。
この像の後ろ側はオランダの要塞の跡地で、現在は独立戦争の様子を紹介する博物館、
Museum Benteng Vredeburg です。(翌朝訪れた様子はこの記事の下の方に記載)

2014ジョグジャカルタ267

交差点を曲がって、オランダの要塞跡の南側の通りへ。
芸術作品のような雑貨を売る小さなお店が並んでました。

2014ジョグジャカルタ268

郵便局の立派な建物を通り過ぎたら、こんな綺麗な教会がありました。

2014ジョグジャカルタ264

マリオボロ通りをさらに南へ進むと、正面突き当たりは王宮前広場。

王宮(クラトン)は北と南に分かれていて、入口も入場料も全く別です。
上の写真の奥に見えるのは北側ですが、観光客は圧倒的に南側の方が多いとのこと。
どちらも午前中しか開いておらず、入口も結構離れているので、両方訪れる人は少ないかと。

2014ジョグジャカルタ269

こちらは王宮前広場から近いソノブドヨ博物館です。

午後でも入れる観光施設はここぐらいしかなかったので入ってみました。

2014ジョグジャカルタ270

建物の中に入ると、入口にはガムランの楽器が置かれてました。
ここでワヤン・クリッ(影絵)が毎晩開催されているようなので、
そのための楽器でしょうか?

2014ジョグジャカルタ271

博物館の中にはいろんな展示がありました。

2014ジョグジャカルタ272

王族の衣装でしょうか?

2014ジョグジャカルタ273

ワヤン・クリッ(影絵)の人形も。

とても分かりやすい展示ばかりで、思いのほか楽しめました。

2014ジョグジャカルタ275

博物館の建物の外にも展示がありました。
こちらは寺院を再現しているのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ276

門の先には東屋。

2014ジョグジャカルタ274

トーテムポールみたいな木の彫刻が笑えました。

この後、タマン・サリ周辺でガイドらしき人に声を掛けられ、
いろいろと探検できました。その様子はこちら(→ blog)に。

さて、翌朝。朝一はクラトン(王宮)へ行きました。
ホテルの前に停まっていたベチャに声を掛けたら、王宮まで2万ルピアでした。

(そういえば、クラトンとしか告げなかったら、当然のように南側に到着しました。
 やはり、北側を訪れる人はほとんどいないのでしょうか?)

2014ジョグジャカルタ281

入口前はこんな人だかりが出来ていて驚きました。修学旅行とかでしょうか?

チケット売場は行列が出来ていなかったので、すぐに購入できたのですが、
外国人と現地の人でチケット売場は別のようで、外国人専用の窓口を案内されました。
(ちなみに、現地の人はカメラ持ち込み料のみで、おそらく入場無料かと)

2014ジョグジャカルタ277

入ってすぐの場所にあった大きな屋根の建物。

2014ジョグジャカルタ278

調度品など。こんな吹きざらしの場所に置いておいて大丈夫かしら?

2014ジョグジャカルタ279

ガムランの楽器。インドネシアでは必ず置いてありますね。
ここでも演奏会が開かれるようです?

2014ジョグジャカルタ280

こちらが王宮の門でしょうか?
両サイドに置かれている仁王像みたいな像が妙に可愛いです。

2014ジョグジャカルタ282

門のすぐ横にある門番の待機場所。
手前は人形ですが、奥に見えるのは本物の人です。
門番は退職した人がボランティアで行う、無給の名誉職だそうです。

2014ジョグジャカルタ283

綺麗な王宮の中に入ります。なんとなく避暑地の別荘のような感じです。

2014ジョグジャカルタ284

奥に立派な宮殿が見えますが、立ち入り禁止でした。

2014ジョグジャカルタ285

こちらにも門番の方々が座ってます。
ただ座っているだけのようにも見えてしまいましたが。。

2014ジョグジャカルタ290

妙にリアルですが、人形です。

2014ジョグジャカルタ286

王族の衣装などが飾られてました。

2014ジョグジャカルタ287

展示室は他にもいくつかあって、思っていたよりも充実してました。

ただ、学生の集団がとても騒がしく、しかも全然進んでくれなくて困りました。
綺麗な宝飾品など、見栄えがするものを見つけると、すぐに記念撮影を始めてしまい、
入れ替わり立ち替わり、ずーっと撮影しているのです。
展示品なんて目もくれず、写真撮影に夢中で、周りのお客さんの迷惑も考えず、
集団で展示品を取り囲んでました。
携帯の自撮り棒を持っている人も多かったですが、何故あんなにも撮影したがるのか。。
もしかして、カメラが普及し始めたのがごく最近で、ブームになっているのでしょうか?
それにしても、周りに全く配慮しない自分勝手さには辟易しました。

2014ジョグジャカルタ288

王宮内にある、ハメンク・ブオノ9世博物館。

2014ジョグジャカルタ289

豪華なシャンデリアの綺麗な建物でした。展示品はほとんどなかったですが。

2014ジョグジャカルタ293

王宮の中央に吹き抜けの大きな建物がありました。
日差しの強い土地なので、広々とした芝生の庭園よりも、屋根付きのスペースの方が、
寛ぐ場所として良いのでしょうか?

2014ジョグジャカルタ291

柵の上をよく見てみると、龍と鬼が付いてました。
ボロブドゥール寺院の入口と同じモチーフでしょうか?

王宮は、結局、南側のみ見学して、終了としました。
出口で声を掛けてきたベチャに乗って次の場所へ。

2014ジョグジャカルタ292

王宮前広場の東側には、郷土料理「ナシ・グドゥッ」の専門店が並んでました。

2014ジョグジャカルタ296

次に訪れたのはマリオボロ通り沿いにある、Museum Benteng Vredeburg 。
オランダの要塞跡で、独立に関する展示がされている博物館です。

ちなみに、王宮からベチャに乗ったのですが、マリオボロ通りは一方通行のため、
この門の前まで来られず、マリオボロ通りの端で停められてしまいました。
この距離ならば全然歩ける距離なので、値切れば良かったと後悔も。。

2014ジョグジャカルタ294

門をくぐると、正面の広場を挟んで、左右に建物がありました。

あまり外国人観光客が訪れる場所ではないはずですが、入館料は外国人料金でした。
その代わり、英語表記のきちんとしたパンフレットが貰えましたが。

今回の旅行で訪れた中では、この博物館が一番ちゃんとしていたかも。
見学順路も示されていましたし、展示品の紹介文にも英語表記がありました。

2014ジョグジャカルタ295

遠足の小学生が来てました。門の横の建物のひさしの下で持参の弁当を食事中。
こんな場所でお弁当を食べなくても、と思ってしまいましたが。。

2014ジョグジャカルタ301

独立を勝ち取るまでの物語はジオラマで紹介されてました。

2014ジョグジャカルタ297

会議の様子。

案内文を読んでみたら、独立戦争と言っても、実は第二次大戦後の数年の出来事で。
オランダ統治時代の展示はほとんどなく、日本の侵略あたりから物語が始まっていて、
軍事衝突の場面以外は、上の写真のような会議のジオラマばかりに思えました。

資料も残っていないだろうし、文章だけですとすぐに終わってしまいそうなので、
こういうジオラマの展示にしたのかなあ、と思ってしまいました。
まあ、小学生とかには好まれる、というか、人形に夢中になってましたが。

2014ジョグジャカルタ298

ポスターの展示もありました。

2014ジョグジャカルタ299

独立後も、再び、ジオラマの展示に。
博物館内に、ジオラマが数十もあったような気がします。

2014ジョグジャカルタ300

最後に何故か、戦争ゲームが出来るようなエリアがありました。

2014ジョグジャカルタ302

八角形の綺麗な建物もありましたが、こちらは見学不可でした。
関連記事

【2014/09/26 23:56】 | インドネシア(ジョグジャカルタ)_2014.09
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。